« 肌寒いこの頃 | トップページ | 「唇山」にて・・・ »

「ほの葉まま」

秋田ではごはんを「まま」と呼ぶ・・・

だから、「ご飯だよ!」は「ままだよ!」となるし、「ご飯を食べれ」は「まま、け!」となる。蛇足ながらこの「け」という意味は、他には「痒い」ということだったり、「こっちに来て」となったり。かつて秋田県の観光ポスターには「け」という一文字、つまり秋田においで下さい、その意味になっているた。

さて野山は新緑から深緑に変わっている。薄緑色の初々しい葉が深い緑色に変わってきた。その葉を使った”まま”がある。葉は「朴の葉」、その大きな葉にごはんを入れて束ねて、その後葉を開いてご飯を食べる。

その朴の葉・・・先日、妻はその葉を取ってきた。今までとっていた木は大きくなって、葉が取れないと言っていたが、先日、低いところに葉を付けていた朴の木があって、そこから取ってきたのだと言う。長さは40~50cmもあった。

001 

この葉を広げて、ままを盛る。そのままに黒砂糖の入った黄な粉かこうせんをまぶして、また葉で包み込む。

002 

しばらくして葉を広げると、ままにほのかな朴の葉の香りが移り、更には黒砂糖が溶けていて、それはそれはうまいのだ。かつては田植等したときは、おやつとして振舞われたりしたものだ。

003 

今朝のままは、このような「朴の葉まま」、我が家では「ほのはまま」と言っているのだが・・・

こんなものを作るのは、集落内では妻ぐらいしかいないだろう。山育ちの妻だから、こうした作りを覚えているんだろうと思う。田舎のいわゆる”ごちそう”ということになるのだが、都会にあっては食べることの出来ない逸品、懐かしい味である。

我が家では今「ウツギ」が満開だ。先日、忌み花としてのタニウツギの所でも紹介させて頂いたウツギ、あのウツギの他にも咲いている。いづれも名はすっかり忘れている。

例えばこのウツギ・・・

004 

もう高さは3mほどだ。色合いのいいウツギで、実は昨年は全体を捉えてアップした。そのあとその写真を拡大したら・・・Σ( ゜Д゜)ハッ!何と一番上の枝先に蛇が写っていたのだ。慌てて削除したことがあった。

写真を撮るとき、俺は目も悪いので気が付かなかったのだ。昨年も、そうすれば今頃の時期だったのだろう・・・

玄関には鉢植えのウツギ・・・

005 

これは白いウツギ。白と言うと梅花ウツギもあり、大好きな花。まるで白いバラを思わせるような花だが、今年は残念、咲かないのである。

きょうは日中には日も照ったのだが、夜になったら気温がまた下がっている。こんな天候だと稲のいのち病の発生はないだろう・・・

|

« 肌寒いこの頃 | トップページ | 「唇山」にて・・・ »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

方言の意味が分かれば楽しいいですね。特に、「け」は色々と意味があり、前後の文脈から何を指しているか、判断しないといけないですね。

朴のご飯、初めて知りました。甘そうでおやつ感覚で食べるのでしょうかね。

投稿: 京じじ | 2017年6月15日 (木) 07時32分

朴の葉まま、
香ばしくておいしいのでしょうね(*^-^*)
 
「ネコまんま」などの
「まんま」からも「まま」=ごはん
と分かります☆

白いウツギ
高貴な感じで美しいですね。
涼やかで好みです。

投稿: ホシノ | 2017年6月15日 (木) 12時10分

(ままけ~)こっちだと(まんまけぇ~)かなw
白くて綺麗です。
花って和みますね(゚▽゚*)

投稿: ヒナタ | 2017年6月15日 (木) 16時16分

こんにちは。
 初めて知りました。
美味しい事でしょう。
奥様、いろいろ手作りされて、
大将さまは果報者でいらっしゃいますね。
「朴葉味噌」はよく聞きますが・・・。

投稿: マコママ | 2017年6月15日 (木) 16時17分

美味しそうですね。贅沢な食事になれてしまっている現代の子たちはおいしいと食べてくれるでしょうか。素朴な味と自然の息吹を染み込ませたこの「ほのはまま」を毎年作っていらっしゃる奥様に温かい心といのちを育む母の信念を感じます。

投稿: はるか | 2017年6月15日 (木) 23時47分


京じじ 様

朴の葉ごはん、、結構いけるんですよ。
このような味は田舎なればこそと言うものでしょうね。

投稿: でんでん大将 | 2017年6月16日 (金) 06時44分


ホシノ 様

むかしのひとは良く考えたものだと思います。
葉っぱを広げて食べるなんて、まるで古代人❔
でも、ほのかに葉っぱの香りもあってsmile
ウツギは様々な園芸品種有るようです。

投稿: でんでん大将 | 2017年6月16日 (金) 06時48分


ヒナタ 様

そちらでも使うんですね『け~』、多少ニュアンスは違うのかも知れませんが。
花はどんな花にも癒されますね。

投稿: でんでん大将 | 2017年6月16日 (金) 06時51分


マコママ 様

所詮田舎ゆえ、このようなものがごちそうだったのでしょう。でも、葉っぱにご飯を包む等は、逆に洒落てるような気もします。立派な器での味も良いのでしょうが、葉っぱが食器❔もまたいいものです。ほのかな葉っぱの香りもしますからsmile

投稿: でんでん大将 | 2017年6月16日 (金) 06時56分


はるか 様

現代の子どもは、食べようとは思わないかも知れません。第一、葉っぱが器なんて汚い等と言うのかも知れません。でも、例えば万が一、災害のときなどはこんなことが知恵になるのではと思います。昔からの学ぶことはたくさんあるのではないでしょうか?

投稿: でんでん大将 | 2017年6月16日 (金) 07時10分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1268142/70864287

この記事へのトラックバック一覧です: 「ほの葉まま」:

« 肌寒いこの頃 | トップページ | 「唇山」にて・・・ »