« 俺の”コクピット” | トップページ | 水張り田に立つ鳥海山 »

遅ればせながら・・・

日を好む花もあれば、木陰を好む花もある・・・

「クリスマス・ローズ」は、やや木陰を好む花である。ところが、我が家の木陰には今、その花が盛りに咲いている。昨秋植えたものはさすが花はまだ開かないが、他のこの苗を植えたのは数年前であり、昨年までは3月下旬から咲き始めたものだった・・・

ところが、今年は???

011

012

014

それが一品種だけではないのだ。上の3枚は今朝、撮ったものだ。何故?どうして今頃?考えられるのは、花壇に土を重ねたことだ。その時に、クリスマス・ローズも土を被ったのか、それとも何か???

3月下旬に咲いたのは、下の写真の品種だけだった・・・

001

返り咲きという言葉もあり、狂い咲きという言葉もある・・・でも、どうしてクリスマス・ローズが?

季節外れに咲いている我が家のもうひとつ・・・

007

3年ほど前に求めたシンビジューム。求めて以来、植替えもしていない。まったく放置したままにいた。昨年は1花、小さく咲いたと言う記憶がある。が、今年は枝垂れながらも3茎に花がいっぱい見せている。

こんなことはなかった・・・勿論、冬分は暖房もしないままにサンルームに置いたままだった。だったのに、これだけ咲いてくれて申し訳ないという気持ちも俺にあるcoldsweats01むしろ、求めた頃よりも花色は鮮やかな気さえする。

そして・・・

この花には気をもんだ!もうだめなんじゃないのか、冬の寒波か春の乾燥に枯死してしまったのか・・・大事にして来た白フジの鉢植えだった。植木屋さんが店じまいするからと言って、半ば棄てられていた白フジだった。

「持っていけ!」と言われたがそれではと言うと「じゃ、千円・・・」。80cmのフジだった。俺はそれを何度か鉢替えし、昨年はいっぱいに見事に花を見せてくれた。それが・・・今年は芽が出ない・・・他のフジはもう咲くと言うのに・・・

015

俺は春になって以来、日に何度もなんども枝に霧吹きをし、生きてくれ!芽を出してくれ!水を掛け霧吹きをし・・・祈った。祈った・・・何度も・・・。

016

俺の祈りが通じたのか、生命力が強かったのか・・・3日前にeye芽が緑色になっているのを確認した。生きていた、生きていてくれた。俺にとっては子どものような花たち、鉢物たち。そのひとつが息を吹き返してくれた・・・白フジが芽を見せてくれた。

嬉しい、有難う、涙腺の弱い俺には涙が出た・・・この季節外れの芽吹きに。今年は花を見せてくれなくてもいい、ただただ生きていてくれるだけで、それだけで俺は感謝したいと思う。

|

« 俺の”コクピット” | トップページ | 水張り田に立つ鳥海山 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

クリスマスローズ、シンビジューム、白ふじと言い、何か人間では想像できない、植物の持つ強い生命力なのでしょうか。それとも大将の植物への思いが通じたのでしょうかね。
いずれにしても植物を含めた生物は私たちを楽しませてくれますね。

投稿: 京じじ | 2017年5月 9日 (火) 08時25分

クリスマスローズって
うつむき加減で
楚々として
可憐ですよね。

白フジ、
感動しますね。
祈りが通じたのでしょうか。
生命に感謝。

母も、実家の庭のさまざまな植物や木が、
例の震災後、
除染でだいぶ取られてしまい、
悲しんでいましたが
それでも息を吹き返して
出てきてくれたものもあるようです。

投稿: ホシノ | 2017年5月 9日 (火) 12時29分

こんばんはnight
クリスマスローズが見ごろですね。
私は今、毎日クリスマスローズの花茎を切る作業です。
心配されていた白フジの芽が確認できてよかったですねheart04

投稿: 草もみじ | 2017年5月 9日 (火) 19時23分

でんでん大将、こんばんは

クリスマスローズは長い間楽しめますね。
散歩で良く行く近く河川敷、昨年咲いていた鈴蘭水仙
今年はいっぱい花を付けました。今はやはり河川敷からの花桃。
枯れないでくれ。。祈る気持ちが一緒です。

投稿: 岳 | 2017年5月 9日 (火) 19時38分


京じじ 様

植物の生命力にはただただ感動です。
今年は白フジが何ら芽の動きもなく、ひょっとしたらと愕然としました。他のフジは蕾を大きくしている時期に芽のない枝枝・・・何とか生きてくれ、俺の祈りが通じたのでしょうか、否、やはり植物の生命力でしょう・・・嬉しく涙が零れてしまいました。

投稿: でんでん大将 | 2017年5月 9日 (火) 22時57分


ホシノ 様

白フジの芽にいささか緑色になったときは、ただただ感動しました。お笑いになるでしょうが、花好きな俺にとって花々は子どものようなもの、だから白フジの芽には涙してしまいました。
息子を寸でのところで失うところだったあの日、1歳の息子が目を開いてくれた時を思い出してしまいました。

投稿: でんでん大将 | 2017年5月 9日 (火) 23時03分


草もみじ 様

白フジの芽には、恥ずかしながら涙してしまいました。大事にだいじに管理してきましたから、一時は諦めかけ枝を切ってみようかとも思いましたが、ただただ見守ったことが良かったのでしょう・・・改めて植物の生命力に感嘆です。

投稿: でんでん大将 | 2017年5月 9日 (火) 23時06分


岳 様

忘れてました、我が家にもスズランスイセンあったはずですが、今年見かけないこと気がつきました・・・
様々に植えているので、忘れるものもあります・・・あれ、どこに植えたっけ?なんてことも・・・coldsweats01

投稿: でんでん大将 | 2017年5月 9日 (火) 23時09分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1268142/70506651

この記事へのトラックバック一覧です: 遅ればせながら・・・:

« 俺の”コクピット” | トップページ | 水張り田に立つ鳥海山 »