« 下草等と言うことなかれ! | トップページ | きょうは朝から助っ人です・・・ »

ヘリにての除草剤散布

米作りにおいて頭の痛いのが雑草対策だ。これからの二ヶ月間は、雑草との闘いでもある。田植時に初期除草剤を使い、このあと”一発除草剤”と称しての2回目の除草剤の散布時期。しかし、中・後期剤の散布をしなくてもと説明するが、稲の生育と合わせて雑草も生育する。だから、とても”一発・・・”だけでは収まらない。

001_2 

俺の一番大きい田んぼは1枚で約70a、両方の畦から動噴(動力噴霧機)で散布しても、真ん中には剤が届かないので、真ん中は動噴を背負って歩いての散布が必要だ。ぬかるむ田んぼをである。

以前、動噴背負って真ん中の田んぼを歩いて転んだことがあった。勿論、頭から泥んこになった・・・だから、せめて大きなたんぼだけでもと、一発除草剤はヘリ散布してもらうことにし、きょう朝にそれを行なった・・・

002 

005_2 

006_3 

007_2 

自ら散布するよりもいささか経費が嵩むのではあるが、俺の人件費を考えればさほどの割高でもない。約70aはものの10分で、あっという間に終った。撒き跡をみれば、俺が散布するよりも均一のようだ・・・

以前は考えられなかったこの除草剤のヘリ散布。しかし、結構需要があって朝5時からやっていたと言い、俺の田んぼから次へと移動して行った・・・

008_2 

秋田県では、現在ドローンによる除草剤散布が試験的に行なわれている。開発がされれば、今後は農家自らがドローンを操作しての、除草剤散布も遠い先の話ではなさそうだ・・・

010 

013 

米作りもどんどんと進化する。この除草剤にしても、また散布にしてもだ。それに伴って経費もどんどんと膨らんでいく・・・

こうしてヘリ散布は終ったが、残りの230aは動噴背負って行なうことになる。

昨日、俺の田んぼの隣りでは夫婦でジェットホースを持って散布していた・・・

015_2

このような光景は、もう数年後は見ることがなくなるだろう・・・

|

« 下草等と言うことなかれ! | トップページ | きょうは朝から助っ人です・・・ »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

これからは雑草との戦い、ホント食うか食われるかの戦いですね。
除草剤のヘリ散布、便利ですが、経費も掛かり出費が大変ですね。でも、大将が動噴背負って怪我でもすることを思えばいいのかも。

これから田んぼに畦の除草、大変でしょうが、いいコメを多く収量するため、頑張ってください。

投稿: 京じじ | 2017年5月21日 (日) 10時16分

「お米一粒、八十八の神様」
と、子供の頃から教わってきました。
また水戸光圀公も、俵の上に腰をかけて叱られたと教わってきました。
農家さんのお米作り、頭がさがります。

投稿: しげまる | 2017年5月21日 (日) 16時07分


京じじ 様

米づくりはイコール雑草との闘いそのものです。同じ草で、稲を育て雑草を退治することになります。
かつては除草剤は危険なものとしてのイメージあったのですが、今は安心して使用しています。除草剤なくして、米づくりは出来ませんね。

投稿: でんでん大将 | 2017年5月22日 (月) 06時08分


しげまる 様

いつも応援頂き有難うございます。
収量のアップが一番ですが、今ではそれよりも雑草がはびこって見苦しい田んぼにしないようにしている状態です。

投稿: でんでん大将 | 2017年5月22日 (月) 06時11分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1268142/70622722

この記事へのトラックバック一覧です: ヘリにての除草剤散布:

« 下草等と言うことなかれ! | トップページ | きょうは朝から助っ人です・・・ »