« 水芭蕉を訪ねて・・・ | トップページ | あ~あ »

村は種蒔きサンデー

我が家では計画した通りに、一昨日に種蒔きを終えた・・・30*60cmの育苗箱には凡そ160gの種籾が蒔かれた。猫の手も借りたいほどの播種作業、母の具合が悪いと施設から電話もらったときは、どうなるのかと慌てたが容態も安定し、ホッとしたところだった。

そして、昨日は大ハウスの方に400箱を並べて、保温資材で囲って今年の稲の種蒔きが終った。ただし、土入れした箱が20箱、もう種籾がないので蒔かないと思ったところ、種籾が余っている人がいたので、4kg譲られ朝方に蒔いた・・・

001

そののちは農舎内を整理、また、来年使いやすいように棚を作ったりした・・・

吉野つつじは満開になった。その下ではスイセンが咲いている。それに花壇のチューリップも咲きだして、我が家の庭も春本番と言ったところだ。

隣り家ではきょうが種蒔きだ。例によって7~8人と大勢の助っ人だ。普段、農業等ほとんどしない息子さんも出ていて、正しく「種蒔きサンデー」か。否、隣り家だけではないようだ。集落内では多くの方が種蒔きのようだ。

002

皆さんそれぞれが、日曜日を当てにしているのだ。子供達や他の方からの助けを当てにして、「種蒔きサンデー」なのだ。我が家には誰の助っ人もいない。同じまちに妹がいるのだが、助っ人する気持ちもないようだから、俺も頼まないことにしている。

農業は作業が集中するゆえに大変だ。明日にしよう、あさってでもいいとはいかない。やはり”3K”?後継者もどんどん減っている。隣り家でも息子さんが勤めていて、農業をやる気がないとのことから、大方の田んぼを親戚に預けた・・・

昨今はやってほしい人がどんどん増え、引き受けてがなかなかいない現状だ。我が家だって俺がもう何年できるのか、その後などの考えはない。息子は秋田市だし、もう田んぼは荒れることになるだろう・・・それまでもう何年もない!

004

こんなことは我が家だけではない。恐らく全国的なものだろう。やる人がいないと農地は荒れることは当然だ。今は米余りの時代ではあるのだが、いづれその道を日本はたどることになるだろう・・・

我が家の「カエデ」が葉を展開しようとしている(上の写真)。カエデも花が咲く。目立たない花ではあるが、いのちがあれば花も咲く。折りしも熊本地震から1年・・・きょうもあの地震で被害を受けた熊本城のことがテレビで放映されていた。

005

熊本城が元の姿になるには20年は要するという。俺はそれを見ることはないだろうが、早期の復興を願うものだ。

また、農業もこのままでは崩壊しかねない。良き知恵にて農政を構築してほしいと思う。

|

« 水芭蕉を訪ねて・・・ | トップページ | あ~あ »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

最近、若い人が農業やってる子が多いですが~
まだまだなんでしょうね~
定年迎えた人が家の田んぼや畑する~とか
言ってましたが・・確かに息子さんとか
外に出てる人が多いです><
どうなるんでしょうね~心配になりますね。
家に娘が務めてる所は、空き農地を開拓して~
農業を企業化してます。社長さんも30代で^^
社員も20代でパートのおばちゃん達と頑張ってます。

投稿: ヒナタ | 2017年4月17日 (月) 07時52分

う~ん、農地を継承できる人がいないのは辛いことですね。10数年後には、荒れ農地ばかりになりそうな気配。
企業化に頼らざる負えないのかも。
それには利潤が出るような体系にしないと誰も手を出しませんよね。
大将、少しでも長く頑張ってください。

ツツジ満開に水仙などの花を見ていると、カッカしている頭もどこか満たされます。

投稿: 京じじ | 2017年4月17日 (月) 09時50分

種まきサンデーですか。
感慨深く読みました。
会社の仕事のお客様は
畳屋さんなんですが、
(実家の家業が材料商)
仕事が無い時は近所の農家さんの
手伝いで日当を得ていると言っていたのを思い出しました。

畳の需要が減り
兼業しないと難しい畳屋さんも多いようです。

投稿: ホシノ | 2017年4月17日 (月) 12時12分


ヒナタ 様

確かに農業に取組んでいる若者もいます。居ますがそれは多くはありません。特に雪の降る地方での農業に限りがあります。農業だけの収入で生活できるような体制がほしいですね~

投稿: でんでん大将 | 2017年4月17日 (月) 23時06分


京じじ 様

なかなか”うだつ”の上がらないのが農業です。時には自然と向き合うこともあります。日々の天候に左右もされることがままあります。
出来るだけ俺はがんばってみるつもりです。

投稿: でんでん大将 | 2017年4月17日 (月) 23時09分


ホシノ 様

かつては稲作農家にとっての副収入のひとつが”ワラ”でした。畳屋さんが買い取りに来たときもありました。しかし、現在はコンバインが普及しワラはすぐに堆肥化されますので、ワラは貴重品になっていますね・・・

投稿: でんでん大将 | 2017年4月17日 (月) 23時12分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1268142/70282743

この記事へのトラックバック一覧です: 村は種蒔きサンデー:

« 水芭蕉を訪ねて・・・ | トップページ | あ~あ »