« でんでん大将の”立ち往生” | トップページ | 朝のよろこび »

春の嵐が去って・・・

農業は自然相手の生業だ。時に共生し、時には闘わねばならない。

昨日の爆弾低気圧typhoon、わがまちでも凄まじい風に見舞われた。運良いことに、俺のビニールハウスは些細な被害で免れたが、集落の中でも数件の被害があったらしい。それに隣接する大竹集落では、養鶏用のビニールハウスが風に剥がれて、比内地鳥50羽が圧死したと言う。

それなのに昨日に続いてきょうまた強風が吹き荒れた・・・予報では昨日以上に発達するかもしれないとのことであったが、どうやら昨日のようなものではなかったようだ。そして、夜になって春の大嵐は収まった・・・

俺もよく頑張った(と思う)。飛ばされてなるものか、俺は必至であった。人様がみたら馬鹿なことをやってと言うかも知れないが、仁王立ちしてまで風に立ち向かったのは、やはり根っからの農業人なのかも知れない・・・

009 

3時間、夜の闇の中、ただただビニールハウスのビニールが飛ばされないために、踏ん張った。思えば、こんなことが若い時代にもあった・・・花の栽培をするために、まちでは最初にビニールハウスを俺は建て、シクラメン・クンシランの栽培をやり始めていたころ、やはり強風に煽られ必至にビニールハウスにしがみついたことがあった・・・

011 

あれは若さということもあった。だが、もうリタイアの身、ビニールハウスにしがみついたのは、今まさに芽を出さんとしているいのちを護りたかった一念に尽きるだろう・・・

こんなことで、昨日ときょう・・・何の仕事もしないで終ったようなものだ。本来なら、田起こし作業の時期に入っている。しかし、一番乾燥するはずのこの時期に雨が多く、田んぼには水溜りがある・・・

この分では田んぼとも格闘しなければならないようだ。正しく自然との闘いが、また、始まろうとしている。

わがまちでは「桜が満開」となったcherryblossomcherryblossomcherryblossom。当初の開花予報とは随分と差があった。それも3月から4月の悪天候が影響したのだ・・・

きょうの写真は、一昨日に我が家の周辺の桜と白雪川を撮影したものだ。

013_2

鳥海山の雪解けも進んでいるのだろう、水嵩も多いようである。

012

014

どうか明日からは、”春らしい”天気になってほしい、そう願っている。

|

« でんでん大将の”立ち往生” | トップページ | 朝のよろこび »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

大将の頑張りで被害が少なかったようですが、若くはないのですから十分気をつけて下さい。大将の農業に掛ける心意気が垣間見られたようです。
これからの作業も大変そうですが、満開の桜でも愛でて、ちょっとのんびりして下さい。

それにしても満開の桜に鳥海山いいですね。

投稿: 京じじ | 2017年4月20日 (木) 07時57分

おはようございます!
天気に左右されますから大変ですよね。
桜が満開なんですね~
桜を見て心を癒してくださいねヽ(´▽`)/

投稿: ヒナタ | 2017年4月20日 (木) 08時19分

桜前線は東北に移ったんですね。
川と桜・・・良いですね~。
鳥海山に一度旅に行っています。
又 行ってみたい所です。
仕事は・・・体と相談しながら、無理せず!!!。

投稿: マーチャン | 2017年4月20日 (木) 09時14分

被害が出てしまったところもやはりあるのですね。
こちらもとんでもない暴風で怖かったです。

自然と言うのは本当に
畏怖を感じますね。

あんな恐怖を与えたかと思うと
こんなにも美しく穏やかな春の景色。
美しいですね。

投稿: ホシノ | 2017年4月20日 (木) 12時25分

私も眠れずに過ごした一夜でしたが、あの嵐の中、ビニルハウスを支えて三時間も仁王立ちされて苗を守られていたとは、本当に頭が下がります。
お風邪を召されてませんか?そんなにやわじゃない?happy01
秋にはきっと美味しいお米がたわわに実ることでしょう。
よかったら大将さんのお米をわけていただきたいです。
桜並木が満開ですね。
桜を愛でる時間が少しでもありますようにと思います。

投稿: サファイア | 2017年4月20日 (木) 17時58分


京じじ 様

必至でした。
昔から『苗半作』と言われます。豊作の条件の半分は、苗づくりにあると。なので年も考えないで、お恥ずかしい次第です。

投稿: でんでん大将 | 2017年4月21日 (金) 00時07分


ヒナタ 様

有難うございます。
本当に桜には『癒されます』

投稿: でんでん大将 | 2017年4月21日 (金) 00時09分


マーチャン 様

強風が去って、ふたたびのどかなわが里です。
鳥海山に登られたことがあるのですか?山の下がわが郷です。

投稿: でんでん大将 | 2017年4月21日 (金) 06時34分


ホシノ 様

自然と共に生きてゆく農業ですが、時にはその牙に立ち向かわねばならないのも農業です。
なかなか人間の思う通りにはなりませんね。

投稿: でんでん大将 | 2017年4月21日 (金) 06時37分


サファイア 様

自然は頑張る人間には応えてくれるものと信じています。
とは思いながらも、自然はあなどれませんね。当然ですが。
俺の米なら何時でもお分けしたいのですが。そんな日もあるかもしれませんね。

投稿: でんでん大将 | 2017年4月21日 (金) 06時41分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1268142/70313733

この記事へのトラックバック一覧です: 春の嵐が去って・・・:

« でんでん大将の”立ち往生” | トップページ | 朝のよろこび »