« もしも”電気”がなくなったら? | トップページ | 妻は”洗濯魔” »

「さよなら きりたんぽ」考

3月にしてこの雪である。起床して外を見たら真っ白だ。かれこれ10cmはあるだろうか。今季は、”冬”は入るのが遅れたようで、その分後半に冬が引きずっているような感じだ。この分では、彼岸まではタイヤ交換も無理だろう・・・

001 

路面等は日中には融けたものの、家の周辺にはまだ今朝の雪が残っている。もうすっかり冬に戻った感じのわが郷である。

夕食時に、NHKのローカルニュース「ニュースこまち」を見ていたら、テレビドラマの”タイトルの変更”について報道され、一部の方々のインタビューも交えての内容が放映された・・・

何だと見ていると、4月から民間放送で予定されているテレビドラマ、このドラマのタイトルが秋田県のきりたんぽに悪い印象を与える、従ってタイトルの変更を求めるとのことだった。そのタイトルが「さようなら きりたんぽ」だという。

どうやら俺には全く関係のないドラマではあるが、モチーフにしているのがあの猟奇な事件「阿部定」のようだ。主人公はダメ男に鉄槌を加えていくストーリーだとのこと。しかし、きりたんぽがさも男のものを連想させるとのことで、つまりは秋田県の名物が悪い印象をうけるので、ドラマ名の変更を求める内容が報じられたのだ。

002 

そこでテレビ放映の会社では、秋田県民に不愉快な思いを与えた事を謝罪し、タイトルを変更することになったらしい。このことでは、ネットに色んな意見が出ている。中には秋田県民は了見が狭い、むしろさらにキリタンポが有名になっていくのではという意見さえある。

タイトルの「きりたんぽ」は一体何を意味するのだろう。やはりモチーフを聞けばそれから連想されるのは・・・・・ストーリーの紹介、或いはモチーフ等のことが分からないと、何でだめなのともなるのだが、内容を知れば、やはりなんで「きりたんぽ」となるのは当然か。

003 

何人も表現の自由は保障される。しかし、テレビは主として家庭向けに作られており、今回のタイトルはやはり如何なものか、俺もそう思う。了見の狭さよりも制作の意図、タイトルの設定が問われるのではないだろうか。

| |

« もしも”電気”がなくなったら? | トップページ | 妻は”洗濯魔” »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

まだまだ冬模様ですね。春は確かに近づいている思うのですが。

タイトルはそのドラマの全体的なイメージを表しますから、そいう意味では、今回のタイトルとドラマの内容が解せんませんね。変更して当然のように思います。

投稿: 京じじ | 2017年3月 9日 (木) 08時15分

私も同意見です。
製作者は熟慮・配慮のうえで
タイトルを決めないとならないと思うし。

それにしても
雪。
まだこんなに雪が・。
春の喜びはひとしおでしょうね。

投稿: ホシノ | 2017年3月 9日 (木) 12時17分

こちらも、同じ風景です。

新聞で見て~何の事だかよく分からなかった。
と言うか新聞もテレビもじっくり見れないから
(孫子守で内容が頭に入って来ない)
そうなんですね。

投稿: ヒナタ | 2017年3月 9日 (木) 22時11分


京じじ 様

テレビドラマなどはまったく見ないのですが、昨夕のニュースで知りました。今朝の地元の新聞は、これを大きく取り上げました。品性のない番組制作に呆れています。

投稿: でんでん大将 | 2017年3月 9日 (木) 23時48分


ホシノ 様

まったくの低劣な制作意図です。視聴率を高めよう、ただただその思いだけなんですね。呆れ返ってことばもありません。

投稿: でんでん大将 | 2017年3月 9日 (木) 23時51分


ヒナタ 様

お孫さんの子守で大変でしょう・・・でも、それまた喜びでもありましょうが。
俺はテレビにはほとんど関心もなく、最初なんだか分からなかったのでしたが・・・地域の特産物を遊び過ぎ、度を越した悪ふざけ過ぎです。

投稿: でんでん大将 | 2017年3月 9日 (木) 23時55分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 「さよなら きりたんぽ」考:

« もしも”電気”がなくなったら? | トップページ | 妻は”洗濯魔” »