« 3月26日 | トップページ | 大人の常識? »

横綱の涙

NHKでは朝のニュースでもトップを飾った。それだけ国民に感動を与えた優勝だった。俺もつい涙が出そうになったが、やっとのことで涙を抑えた・・・

絶対絶命の大ピンチのなかで、まさかの優勝。横綱稀勢の里は、けがと痛みに耐えに耐え、栄光を勝ち取った。きょうは涙を許してほしい・・・横綱の目からは、あふれ出る熱いものが頬を濡らしていた。

頑張っていれば良い事がついてくる。普段から努力を続けていれば、いつかは報われる。今回の優勝ほど感動を与えた優勝もないだろう・・・

013 

それまで連勝を続けていた。そのまま全勝優勝もささやき始めていた。その矢先に天は勝利を奪い取った。誰もがふたたび日本人横綱の2連覇を信じて居た時であった・・・

よもやの敗戦、しかも土俵に落ちた横綱の顔は痛々しかった。救急車で取り組みにhospital搬送されたので、もう明日は休場だろう。それも大方の予想であった。ところが翌朝に出場を決めた。彼らしい判断、横綱としての責任、でも無理はさせたくないということも本音であったはずだ。

彼は並の横綱ではなさそうだ・・・

千秋楽には両親も観戦・・・どんな思いで土俵に目を投げていたか、考えるだけで胸が痛んだ。

010 

横綱の父親は横綱に昇進したときに、「早く引退してほしい」といったと言う。負ければ横綱の責任が問われ、絶対に負けられない、そんな状況からはなれて・・・親とすれば本心だろう。土俵に上がる子をみて、胃がキリキリしていると推察できる。

009

横綱は努力の人と称されている。責任感は人一倍強いとも聞く。そんな彼だって、あの敗戦でガクッと来たのは確かだろうと思う。ただ、そこからが他の力士と違うところだと思う。もう優勝出来そうにないと思えば休場だ。

だが、彼は真面目なんだろう。力の限りやってみよう・・・その意気込みが勝利へと導いたのだ。天も見方したとしか思えない・・・

011 

015 

そうした努力を、勝利の女神は見捨てなかった・・・本割と決定戦で連勝!!!まさかまさかと誰もが思っただろう。勝ってほしい、出来たら優勝してほしい、そう思いそう願っても現実はそうはいかないだろう・・・大方はそのように思ったはずだ。

それが賜杯を堂々と受けた。自分の力以上のものが出たと言う。しかし、日々の精進が見えない力を後押ししてくれたに違いない。抱く腕はまだ痛みはあるのだろう。賜杯を抱える左腕は持ちということより、抱いているようだった・・・

022 

先ずはよかった、よかった・・・いつもは厳しい顔の横綱、涙を滴らせたのち、笑顔を見せてくれた。横綱稀勢の里関、優勝おめでとうございます。

024

          写真はNHKお早うニュースから

|

« 3月26日 | トップページ | 大人の常識? »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

稀勢の里優勝おめでとうございます。
すごい精神力ですね。
左肩のテーピングを見ていると痛々しいぐらいでしたが、優勝したいという思いが、勝利を引き寄せたのでしょうか。
優勝の美酒を呑んで、ゆっくり養生し早く回復して頂きたいものです。

投稿: 京じじ | 2017年3月28日 (火) 07時16分

祖父がお相撲大好きで
祖父のお家へ遊びに行くと
お相撲中継見ていたイメージがあります。

厳格な、そして優しい祖父でした。

やはり国技ですね☆

投稿: ホシノ | 2017年3月28日 (火) 12時14分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1268142/70067696

この記事へのトラックバック一覧です: 横綱の涙:

« 3月26日 | トップページ | 大人の常識? »