« 秋田の冬祭り  ② | トップページ | 寒波と怒り »

ふたたび「若返りまんじゅう」

ここ数日・・・驚いたことがある。

先ずはアメリカ大統領の発言・大統領令。きょうもとんでもない発言だ!なんだかめっちゃじゃないか。この10日には、安倍総理がその大統領と会談を予定されているが、果たして話し合いが出来るのか!

ラジオを聞いていたら、もう花粉が飛んでいるとか。1月に風邪を引いた俺には恐怖だ。例年もその症状が3月半ばになれば出るから、それはそれは恐ろしい!日々、戦々恐々である。

アマゾンに注文していた本が届いた、3冊も来たので送付された封も、また、返信のmailも削除したので発送書店が分からないのだが・・・実は、表紙が注文していた本だったのに、中の本そのものが違う、こんなことあるのか!!!届いた時に、中まで確かめなかった俺も悪いのだが・・・表紙と中身が違うとは?その逆だったら読むことが出来るのに・・・(# ゚Д゚) ムッカー

Photo

さて、そんな面白くもない話題はお茶でも飲んで流したいものだ。お茶には「まんじゅう」が良くお似合いだ。俺はそのまんじゅうについてブログアップを1月22日にした。今夜はその続編ということで・・・heart04

実はアップさせて頂いた時に、3人の方からコメントを頂いた。ただ、その頃の俺は体調不良だったために、返事ができなかったこともあり、改めてコメントへの応えも含めて、「若返りまんじゅう」についての記事を書くことにした。

このまんじゅうを作っているのは、秋田県の”羽後町”の和菓子屋だ。町の盆踊りは有名で、徳島の「阿波踊り」、岐阜の「郡上八幡盆踊り」と並ぶ日本三大盆踊りのひとつに数えられている。まんじゅうのパッケージは、その「西馬音内(にしもない)盆踊り」だ。

Photo_2

Photo_3 

何と言ってもこのまんじゅうのネーミングが特異だ。「若返りまんじゅう」とは、人のこころをくすぐる。誰も願いたいそのものがズバリのネーミング。誰もが、食べれば若返るの?と言うだろうが、誰もがにっこりして食べるまんじゅうだ・・・

その辺をネットによれば・・・

「若返りまんじゅう」を考案したのは3代目の社長だったという。夏場の和菓子の落ち込む消費に、冷やしても食べたくなるものをとの観点から開発されたようだ。その結果、皮には吉野葛を使ってのしっとり感があり、確かに冷やす事でより以上の食感があるようだ。しかも、モチモチ感、夏でも喉につかえない、保湿系の珍しいまんじゅうなのである。

そして、そのネーミングであるが、どうやら社長と奥さんの合作らしい。当初は「うま芋ん」だったようだが、インパクトのある名前にしようとのことで、「若返りまんじゅう」になったようである。この名前が当って、今では県外・ネットでの注文も多いようである。

ちなみに10個入りが1,110円、若返りまんじゅうKUROIBE10個入りが1,150円。

Photo_4 

俺も何度も食べたが、確かに違う。他のまんじゅうとはまったく違うのである。そのせいで、妻も俺も若さを保持している(*^ー゚)bグッジョブ!!どうぞ、皆さんの口でお確かめ下さい・・・

|

« 秋田の冬祭り  ② | トップページ | 寒波と怒り »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

こんばんは!
「若返りまんじゅう」楽しくなるネーミングですね(^^♪
是非食べてみたくなりました!

投稿: 美夜 | 2017年2月 1日 (水) 22時47分

アマゾンでも注文間違えるんだ、驚きです。

若返りまんじゅうは皮に吉野葛を使っているんですか、それで、皮もしっとり、お肌もしっとりとなればいいですね。
やはり、商品のネーミングは大事ですね。

投稿: 京じじ | 2017年2月 2日 (木) 07時52分


美夜 様

アイデアなんでしょうね。誰でもが思っているのに、それをまんじゅうにネーミングとは、意表をついていてインパクトありますね。

投稿: でんでん大将 | 2017年2月 2日 (木) 07時59分


京じじ 様

驚きましたね。カバーは俺が注文していた本でしたが、カバーとは全く別の本でした。昨夜、苦情欄見つけたので、それを送りました。注文履歴から、発送先の本屋が分かったのです。
若返りまんじゅうとは、やはりアイデアと言うことでしょうね。

投稿: でんでん大将 | 2017年2月 2日 (木) 08時04分

「若返りまんじゅう」
ネーミングで引き付けられ、
さらにもちもちのお饅頭ときたら
ぜひ食べてみたいお饅頭です☆ 

学生時代、
秋田出身の女性がいたけど
若返り饅頭のことは言ってなかったなぁ~
当時、女子大生では若返りは必要なかったからかしら。

投稿: ホシノ | 2017年2月 2日 (木) 12時20分


ホシノ 様

そうでしたか、きれいだったからでしょうか?
でも、若返りしなくてもまんじゅうはおいしいですよ、俺は和菓子屋さんの使いのものではありませんが、太鼓判を押せますねsmile

投稿: でんでん大将 | 2017年2月 2日 (木) 14時39分

へ~Amazonで間違えるんですね~><
最悪ですね~
しかし、若返り饅頭・・いいなぁ~
私も食べたい。会社の話題にもなる。
きっと、大うけだろうなぁ~(笑)
ネットで探してみましょ(*^-^)

投稿: ヒナタ | 2017年2月 2日 (木) 15時27分


ヒナタ 様

売った人に原因があったのか、書店でそれを見逃したのか、幸いに履歴から本屋が分かり、アマゾンからは返金の連絡がありました。
若返りまんじゅうとはおいしいですよ、本当に。
ネットでも求められるようです。

投稿: でんでん大将 | 2017年2月 2日 (木) 17時25分

返金良かったです。(≧◇≦)
では、早速ネット検索してみま~す。
ありがとうございます。

投稿: ヒナタ | 2017年2月 2日 (木) 18時28分

こんばんはnight
秋田に美人が多いわけですねhappy01
「若返り饅頭」いくつ食べたら何歳若返るか書いてないのがいいですネ(笑)。

投稿: 草もみじ | 2017年2月 2日 (木) 23時08分


草もみじ 様

そうなんでしょうね~若返りまんじゅう様様の秋田県ですsmile妻にはもう少し、若返りまんじゅう食べてもらいます。
それにしても、遊び心も入っていて、商品のネーミングって大事なんでしょうね。

投稿: でんでん大将 | 2017年2月 2日 (木) 23時58分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1268142/69451096

この記事へのトラックバック一覧です: ふたたび「若返りまんじゅう」:

« 秋田の冬祭り  ② | トップページ | 寒波と怒り »