« ふたたび歌人・鳥居のこと | トップページ | 秋田の冬祭り  ③ »

葉守りの神

朝から時々小雨が降っていて・・・雪がどんどん融けている。2階から望む田んぼには、ほとんど雪がない。

006

我が家の前には寄せていた積まれている雪がある。その雪を広げてやる。散らかすのである。こうすれば雪も消えるのが早まるのだ・・・

005

ところで・・・随分と気になっていた木があった。道路沿いに、また、山に入っても茶色い葉を、まるで鎧のように羽織っている木だ。そう、5月には餅を包む葉が茂る木。「柏」の木。

柏の木は、葉が大きいのが特徴だ。5月頃には柏餅を巻く。それは葉が大きいことからも選ばれたに違いない。その葉も冬になれば、すっかりと枯れ色になる。ところが、枯れても冬の間も落葉しない。他の木と違って、枝にそのまま着いていて、翌春の新しい葉の芽が生まれるまで落ちない。

001

それが俺には不思議だったのだ。

ところが調べると、面白いことが分かった。樹には樹木を守護するという神があり、それは柏の木に宿ると言うのだ。だから、葉守りの神に守られているから、落葉しないと言われているらしい。

また、新芽が出るまで葉が残る事から、「子孫繁栄」の縁起樹でもあるらしい。ということは、5月の柏餅を包む葉は、そんなことも或いは背負っているのかも知れない。

002

そんな謂れのある柏の木、そして、葉・・・それにしても不思議な木である。

|

« ふたたび歌人・鳥居のこと | トップページ | 秋田の冬祭り  ③ »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

豪雪、秋田と言っても大将の所のように少ない場所もあるのですね。雪は迷惑なものですから少ないに越したことはありません。

柏の木、不思議な木ですね。謂れから、5月の子供の節句に柏餅を食べる理由がわかったような気がします。

投稿: 京じじ | 2017年2月 7日 (火) 07時32分

こんにちはぁ
そうそう。雪の塊を散らかすと早く融ける。
やっぱり、雪国では常識かな~(笑)

柏の木・・そうか縁起物なんだぁ~^^
なるほど~です。

投稿: ヒナタ | 2017年2月 7日 (火) 15時15分

こんばんはnight
柏の木を「葉守の神」と呼ぶのは私の方でも同じです。
防火の為に水分の多い木を庭に植えたその1つだとも言われています。以前はどこのお宅にも柏の木がありました。
我が家は柏の木は、暮れに枝を下してしまい、新しい枝につく葉を利用しますclub

投稿: 草もみじ | 2017年2月 7日 (火) 18時43分


京じじ 様

ほとんど消えかかったのにきょうは小雪でした。また、うっすらと白い世界です。秋田県では雪の一番少ないのがわがまちです。
何となく不思議に思っていた柏の木でした・・・

投稿: でんでん大将 | 2017年2月 7日 (火) 22時45分


ヒナタ 様

不思議に思っていた木が縁起のいい木だとは俺も知りませんでした。冬にも落葉せず、むしろ痛々しくも思っていたのでしたが、それにしても不思議な木だと思います。

投稿: でんでん大将 | 2017年2月 7日 (火) 22時59分


草もみじ 様

柏の木が縁起のいい木だとは知りませんでした。冬には見るたびに、むしろ痛々しい木だと哀れんでさえいました。わが地域にもいっぱい柏の木があります。
葉守りの神とは初めて知りました。

投稿: でんでん大将 | 2017年2月 7日 (火) 23時03分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1268142/69509038

この記事へのトラックバック一覧です: 葉守りの神:

« ふたたび歌人・鳥居のこと | トップページ | 秋田の冬祭り  ③ »