« 「東京頭」になって・・・ | トップページ | 村に子ども達が消えて・・・ »

秋田の冬祭り  ④

西日本の地域のみなさんには、きょうまた大雪に見舞われた由、こころからのお見舞いを申し上げたい・・・

きょうのわが地域は、雪がチラついたものの、積もるほどのものでもなく、ホッとしているところである。しかし、まだまだ油断はならない、この後「snow」のマークがずーっと並んでいる。なかなか春近からず・・・である。

040

だがこれまで3回、秋田の冬祭りについては記述した。いずれも雪がなければ出来ない行事であり、その雪をよくぞ利用したものと、改めて先人の見識を称えたい、俺はそのように思っている。

実は疎ましくさえ思っている雪、それでも雪は稲田を潤す水でもあり、横手市で開かれる「かまくら」の中には水神様を祀っている。

きょうの冒頭は、湯沢市での「犬っこ祭り」。秋田県では、色んなものに「・・・こ」をつける。可愛い、或いは小さいと言うようなことでもあり、この犬っこもまたそうである。

038

Photo

いづれこの行事、400年の歴史のある民俗行事。会場には雪で作られた「お堂」「犬っこ」がいくつも並ぶ。大きな雪の犬っこには、子ども達が乗って記念撮影もできる。日没になると、お堂にはろうそくの灯が入り、幻想的な雰囲気に包まれる。なお、この行事は、盗賊よけとして行なわれるものだ。

幻想的と言えば、これもまた筆頭格に類するものだろう。横手市の「かまくら」である。雪不足の時は、田沢湖周辺から運んで作ると言う、あまりにも有名なかまくらである。

053

大きな釜の様に積んだ雪に、今度はしゃべるで入り口を作る、そして周辺をくり抜いてひとつの部屋を作る。中には子ども達が入り、「寄ってたんせ」「入ってたんせ」と客に甘酒を振舞う。その子供たちのかわいいこと!

042

俺は妻とこの「かまくら」を、そして「犬っこ祭り」を見にいったことがある。これらは雪がなければ始まらない、雪様様の行事である。

051

きょうまで4回にわたって、秋田の雪に係る祭りの幾つかを、紹介させて頂いた。写真の大方はテレビから頂いたものだが、機会があったらぜひ冬の秋田においで頂ければ、本当に嬉しいことである。

尚、冬祭りは旧暦の小正月を中心にして行なわれるものが多く、大方はきょう明日にかけて行なわれるようである。

|

« 「東京頭」になって・・・ | トップページ | 村に子ども達が消えて・・・ »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

犬っこ祭り、かまくら、どちらも夜の風景が幻想的で素敵ですね。
これらは、雪国ならではのお祭でしょうかね。

素敵な秋田のお祭りの紹介、ありがとうございます。
ブログで楽しみました。

投稿: 京じじ | 2017年2月12日 (日) 08時06分

なぜかは分かりませんが、かまくらと聞きますと秋田を連想してしまいます。先日の夏の西馬音内盆踊りに対して、冬の祭りも情緒がありますね。

投稿: SILVIA おじさん | 2017年2月12日 (日) 13時03分

かまくら~いいなぁ~よく、子供が小さい時
作って遊んでました^^
本格的なかまくらは、やはり、雪まつりで体験。
今、うちの庭に雪の山があります。
かまくら作れるかも・・・(笑)
雪まつり開催中ですが・・雪の凄さに
行く気になれない><困ったもんです。

投稿: ヒナタ | 2017年2月12日 (日) 16時06分


京じじ 様

有難うございます。
今度はぜひ雪の秋田においで下さい。

投稿: でんでん大将 | 2017年2月12日 (日) 19時51分

こんばんはnight
滅多に雪は降らないので、かまくらなど夢の夢ですlovely
寒い所ならではの祭りを沢山見せて頂いて、
目の保養させていただきました。
あきたこまち、秋田犬、秋田美人・・・
秋田が付くものが多いことに改めて驚きますsign03

投稿: 草もみじ | 2017年2月12日 (日) 19時59分

こんばんは

 楽しそうなお祭り、ご紹介ありがとうございます。
犬っこ祭り、かまくらどちらも実際に見てみたいです。
そうなんですね~雪国ならではですね。
ほんと、かまくらの中の子供たちかわいいですね^^。
犬っこたちも、かわいいですhappy01

投稿: キーワードを入力 | 2017年2月12日 (日) 20時14分

岩手に住んでいたときに、横手のかまくらは1度見に行ったことがあります。その大きさに驚きました。稲庭うどん食べて帰ってきた思い出があります。
富山では小さい頃は小さなかまくらを作れるくらい雪が降ったのですが、いまではかまくらを作るほどの雪は降りませんね。雪を集めてたとえ作ったとしてもすぐに溶けて崩れてしまうことでしょう。
横手のかまくら懐かしいです。

投稿: おっぺら | 2017年2月12日 (日) 22時05分


SILVIA おじさん 様

有難うございます。
俺も何度か見に行ったことがあります。こんな行事は雪があったこそのもの、雪を嘆くばかりではありませんね。

投稿: でんでん大将 | 2017年2月12日 (日) 23時10分


ヒナタ 様

そんなに降ったのですか・・・やはりあまり多いと出不精になりますよね・・・
俺たちも子どものころ、かまくら作ったり、迷路を作ったり、また、落とし穴なども作って、雪と遊びましたね・・・それに箱そりや橇でも・・・楽しかったですね。

投稿: でんでん大将 | 2017年2月12日 (日) 23時13分


草もみじ 様

有難うございます、いささかでも秋田のためになって嬉しいです。
滅多に雪の降らないまちだと、このような行事など感激されるでしょうね、これも雪には負けられないと言う、雪国の根性かも知れません。

投稿: でんでん大将 | 2017年2月12日 (日) 23時17分


?  様

有難うございます。穏かな日であればこそ雪は楽しめますが、荒れ狂う日もまたあるんですね・・・
こうした雪国の祭りは、雪に立ち向かう意思が生んだ祭りでしょうね。
機会がありましたら、是非秋田においで下さい。

投稿: でんでん大将 | 2017年2月12日 (日) 23時21分


おっぺら 様

ああ、そんなことのコメント頂いたことがありましたね。
冬は籠もりがちになる雪国です。こんな行事があれば、外にでることになります。幻想的なことと併せて出不精の解決策にもつながったりして・・・delicious

投稿: でんでん大将 | 2017年2月12日 (日) 23時25分

?は、みいでしたsweat01
失礼しました!

投稿: みい | 2017年2月13日 (月) 20時14分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1268142/69568752

この記事へのトラックバック一覧です: 秋田の冬祭り  ④:

« 「東京頭」になって・・・ | トップページ | 村に子ども達が消えて・・・ »