« 米づくりスタート! | トップページ | 故郷からの贈り物 »

真冬の花咲きじ~じ達

きょうは真冬日、時折強い風も吹いて瞬間風速が当市で23mもあったようで、全国ニュースで流れていた。これまで暖冬だっただけに、この寒さは身にしみる。俺も今冬で初めてズボン下も穿いた。

道路は勿論、昨日に続いてアイスバーンwobbly

午後から、俺たち仲間が集まった。きょうはかつての小正月行事であった、「餅花飾り」を行なうためだ。今ではすっかり消えている予祝行事、俺たちはそれを復活させてもう10年。昔はどこの家々でも行なっていたものだ。

003 

今年の豊作を願う行事であったと聞いている。しかし、俺は思うのだが花のないこの時期、毎日降る雪を眺めていると何かに彩りを求めた、それが餅の花になったのではないか。

実はこれもかつての話だが、地域によっては1~2月にかけて”花見”を行なっていた。集まって花見と称して呑む、単にそれであっただろうと推測するが、100日を雪の中で暮らしていれば花が恋しくなる、つまりは「春を呼ぶ」酒呑みだったに違いない。

001 

餅花を飾るのは我が家でもやっていた。神棚の横に飾ったのだ。木は「エノキ」、雪のまだない時期にめぼしい木を見つけ、正月にはその木を取りに行った。行くと人に取られていたこともあったようだ。

この行事、我が家では祖父の仕事であり、例年太い株になったエノキを見つけて来た。そして、餅花をつけるのだが、高いこともあり、その下から俺たち子どもは餅の花を祖父に渡した・・・

006俺たちは今年も自治会館に飾るので、縦型にして飾った。

この餅、実は昨日搗いて、半分には食紅を入れて赤い餅にした。出来た餅はソーセージのように長細くし、そこに箸を4本位つけて巻く窪みをつける、そして、きょう固くなった餅を包丁で切って、花びらみたいにする。

それを枝々につけていくのだ・・・

きょうは、その花びらが約200枚cute

俺が新聞社に情報提供したら、早速に記者が見えた。以前もこれまた新聞に掲載されて地域の話題になった。今回も明日以降に掲載されることだろう。

今ではもうだれもやらない。仕事が第一で、面倒なことをやる人はいない。季節を味わったり、情緒に浸るなどの余裕もない現代だ。

でも、この情緒、春の早くの到来を願い、併せて豊作祈願のこの行事、復活させて・・・俺たちは満足している。雪は生活にとってはハンデイが大きい、作業も重労働になる。でも、だからこそ、花の季節の到来を逸早く望む、この餅花飾りは優雅だとさえ、俺は思う。

雪がなかったら、こんなにも花を恋しがったり、半日も費やす気持ちが昂ぶったりしただろうか、雪は必ずしもハンデイではない、そう思うと気も楽になり、むしろこの季節を楽しもうとさえ思えてくる。

暖冬でこれまでは、確かに生活は楽だった。でも、半面、稲のいのちの水、その源は雪でもある。だから、雪のないことは不気味でもあった。そう思っていた矢先の雪である。どことなくホッとした気持ちも湧いている。

終ってからは仲間の「新年会。お猪口は唐竹を切ってのもの。これまた最高の味になったのは言うまでもない。

004 

俺たちは雪の日のきょう・・・花咲かじ~じとなったのである。

|

« 米づくりスタート! | トップページ | 故郷からの贈り物 »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

「餅花飾り」!
ぜひ守り今後も継承していってほしいです。

とても手がかかるけれど
素敵な行事ですね。

紅白の繭玉飾りも
最近では売られていなくて
手に入らなくなったと
母がなげいていました。

投稿: ホシノ | 2017年1月13日 (金) 12時25分

団子が花なんですね~
可愛いなぁ~(*^-^)こちらの団子刺し
丸い団子が紅、白、緑カラフルに飾る。
学校や幼稚園とか季節の行事でやってますが~
ウチではやりませんね~^^;
おばぁちゃん家でやってたなぁ~いい思い出です。

投稿: ヒナタ | 2017年1月13日 (金) 14時32分

『花餅飾り』 きれいですね~ (’-’*)♪
しかも、男の方たちが集まって、
一つ一つ 花を咲かせてゆく・・・・・。
微笑ましい様子が、何とも嬉しいではありませんか🎶

私が子供の頃、米沢市でも『花餅飾り』を見た事があります。
花型ではなく、直径2センチ位の球形の紅白のお餅を
木の枝いっぱいにさして、神棚の傍に飾っていました。
子供が見上げると、梅の蕾が枝いっぱいついて、
囲炉裏の暖かさもあって、「いつか咲くかも・・・・」
などと思った記憶があります。
今ではもう 見られないかもしれません。

作業の後の『新年会』。
やっぱり これ、これですよねぇ~ (๑´▿`๑)♫•*¨*•.¸¸♪✧

投稿: hana | 2017年1月13日 (金) 21時37分


ホシノ 様

有難うございます。
雪国では、このようにして家の中に先ずは春を呼んだのでしょうね。
俺自身も良い行事だと思っています。それで途絶えていたこの行事を復活させました。

投稿: でんでん大将 | 2017年1月13日 (金) 22時32分


ヒナタ 様

真っ白な外の世界に、何とか彩りを求めた、昔の方々の風流な行事だと思っています。
これにお酒がつけば最高ですsmile

投稿: でんでん大将 | 2017年1月13日 (金) 22時35分


hana 様

有難うございます。
仲間の新年会と併せてやっているこの行事です。でも、今このようなことをやっている人は誰もいません。そこで俺たちが復活させました、もう10年近くになるでしょうか・・・

投稿: でんでん大将 | 2017年1月13日 (金) 22時39分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1268142/69222798

この記事へのトラックバック一覧です: 真冬の花咲きじ~じ達:

« 米づくりスタート! | トップページ | 故郷からの贈り物 »