« 漬物と言うも・・・ | トップページ | 大寒のきょう・・・ »

雪の海の九十九島

水田に浮かぶ象潟の九十九島は何度か紹介させて頂いた。

下の写真はウィキペディアから頂いたもの、上空から見た象潟である。島が点在しているのがご覧いただけるだろう。

601pxkisakata_air 

その島々が現在は水田の中にあるのだが、水が張られるとまるで海に浮かぶ島として、かつての景観を彷彿させる。

鳥海山が噴火した紀元前466年、この時に大規模な山体崩壊し、日本海に流れたという、そして、浅い海と小さな島々が出来た。やがて堆積作用によって、仕切られ潟湖が出来、島には松が生い茂った・・・

江戸時代までは、九十九島・八十八潟が景勝地になり、東の松島 西の象潟と呼ばれたそうだ。松尾芭蕉は奥の細道で「松島は笑うが如く 象潟は憾むが如しと評した。

だが・・・1804年、象潟地震が発生、海底が隆起し浅海は陸地化したのである。

きょうは雪だったが、雪の日の九十九島も趣がある。たまたまここを通ったのでcameraを向けた。

きょうは雪の海に浮かぶ九十九島である・・・

001 

003 

005 

006 

墨絵でも見ているようではないか。夏の島々もいいのだが、こうして見ると冬もまた味わい深いものがある。わがまちの大事な観光資源でもあり、偉大なる宝でもある。

|

« 漬物と言うも・・・ | トップページ | 大寒のきょう・・・ »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

火山活動、地殻変動などから陸に島のようなものが点在するとは不思議なことです。
雪景色にも趣のある風情ですね。

投稿: 京じじ | 2017年1月20日 (金) 07時42分

墨絵のような・・・(笑)
分かります~風景がグレーに染まる。
趣といえばそうですね。
田んぼに水が入れば~うんうん。
その風景が見たいですね(≧◇≦)

投稿: ヒナタ | 2017年1月20日 (金) 14時37分

海に浮かぶ島なら、松島のような感じなのでしょうが、
真っ白な雪原に浮かぶ島の、何という美しい事か!♪
この時期にしか見られない、貴重な景観ですね。
松の緑が より一層美しく感じられます (ღˇ◡ˇ)♡
火山の噴火と、大地震のなせる業。
いかにも日本らしいです。
田んぼに水が張られたら・・・・・(’-’*)♪
見てみたいですね~ o(*^▽^*)o

投稿: hana | 2017年1月20日 (金) 20時12分


京じじ 様

雪景色の中の九十九島も情緒があります。冬分にライトアップなどの話もあります。

投稿: でんでん大将 | 2017年1月20日 (金) 22時52分


ヒナタ 様

水田の中の九十九島は、これまでも何度かブログにアップしていますが、今夏もまたやりますのでお楽しみに・・・

投稿: でんでん大将 | 2017年1月20日 (金) 22時55分


hana 様

鳥海山を背景にしての九十九島ですので、当時は松島以上に賞賛されたようです。しかし、一夜にして景観は変わったのです。自然の力とは凄いものです。

投稿: でんでん大将 | 2017年1月20日 (金) 22時58分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1268142/69305904

この記事へのトラックバック一覧です: 雪の海の九十九島:

« 漬物と言うも・・・ | トップページ | 大寒のきょう・・・ »