« 米、豊作なれども・・・ | トップページ | 雪の日 »

秋田の車はいかがでしょうか?

秋田の某社では、こんなレンタカーを始める・・・

003

例えばハンドルは、角館の伝統工芸である”樺細工”で纏われている。シンプルな一般的な黒もそれはいいもののこのハンドルは樺細工で作られている。茶筒、番頭箱、靴べら、煙管等々全国的な工芸品がものが車のハンドルに

こんなハンドルを握るとなれば、こころ浮き浮きして秋田路を快適にドライブ出来るのでは・・・よく考えたアイデアだと思う。

ヘッドレストに使われたのは”秋田黄八丈”だ。ハマナスの根で染めたもので、落ち着いた色彩。運転中は、あるいはハマナスの香りがするかも知れない。

005

メーターパネルは、川連漆器の漆だ。

006

こうした装備の車、秋田の伝統工芸を余すところなく、運転席を飾った、いわゆる「ご当地レンタカー」である。贅沢といっていい車だ。県外からの観光客に利用して頂き、秋田を感じ取ってほしいとのことで作られたrvcar

”走る秋田の工芸”ということになるこの車。来年4月から運用されるという。秋田に来られたら、ぜひこの車に乗って、楽しんでほしいものだ。

                    写真はNHKニュースこまちより

007

|

« 米、豊作なれども・・・ | トップページ | 雪の日 »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

なるほど、これは素晴らしいですね。
出張先でレンタカーをすることがありますが、
その土地ならではの個性をPRするという考え方素晴らしいです。
通常、ありきたりの低コスト車ばかりですからね。

投稿: しげまる | 2016年12月16日 (金) 03時42分

車に乗りながら秋田に触れる、いいアイデアですね。ただ、汎用にするには大変そうです。
ピーアールすることは非常に大事ですから、どんどん発信されたらいいですね。

投稿: 京じじ | 2016年12月16日 (金) 07時40分

伝統工芸をこうした形で活かす。
素敵なアイデアですね。
これはいいですね!
ご当地ものって出会えるとすごくうれしくなります。

投稿: ホシノ | 2016年12月16日 (金) 12時20分

伝統工芸を使う・・いいアイディアだと思います。
観光にしかも、レンタカーで・・・
でも・・目立ちますね(笑)

投稿: ヒナタ | 2016年12月16日 (金) 13時54分

こんばんは。
 素敵なアイディアですね。
こんな豪華なレンタカーcarに乗ってみたいものです。
以前、訪れた角館で樺細工の茶筒と茶匙を求め、
現在も重宝しています。

投稿: | 2016年12月16日 (金) 20時23分


しげまる 様

有難うございます。
こんな「秋田の車」が作られていたとは
実は報道されるまで知りませんでした。
俺もいいアイデアだと思います。

投稿: でんでん大将 | 2016年12月16日 (金) 21時53分


京じじ 様

こんなアイデアは嬉しいですね。
何と豪華な内部だと思います。
一度俺も乗ってみたいです・・・

投稿: でんでん大将 | 2016年12月16日 (金) 21時55分


ホシノ 様

これまた発想の転換と言うことでしょうね、それぞれの工芸品は名のあるものですが、こういう使われ方はなかなかです。今までこのような考えがありませんでしたから・・・

投稿: でんでん大将 | 2016年12月16日 (金) 21時59分


ヒナタ 様

確かに目立ちます・・・人様からの目が大変でしょうか・・・内部はいいにしても、外観がね・・・

投稿: でんでん大将 | 2016年12月16日 (金) 22時01分


・・・様

有難うございます。
角館は秋田の小京都と言われています。そんな中をこんな車で通るのはいいでしょうね・・・
コメント有難うございました。

投稿: でんでん大将 | 2016年12月16日 (金) 22時04分

こんばんは。
 名無しの送信者は私でした。
大変失礼いたしました。
お許しくださいませ。

投稿: マコママ | 2016年12月18日 (日) 22時14分


マコママ 様

いつもコメント有難うございます。
秋田のこのレンタカーは来春から使われるようです。

投稿: でんでん大将 | 2016年12月18日 (日) 22時48分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1268142/68858473

この記事へのトラックバック一覧です: 秋田の車はいかがでしょうか?:

« 米、豊作なれども・・・ | トップページ | 雪の日 »