« 役員は・・・ | トップページ | ”休寒日”にて・・・ »

金浦港散歩

仕事も一息ついたし、時々の小雨だ。予報では「sun」だったのに、冬の天気は安定しないのは北国だ。雨ではすることもない。11時、海が見たくなって、金浦港に出掛けた・・・

001 

迎えてくれたのはウミネコ。船が到着するたびに、あっちにこっちにと港内を飛びかう。

013 

船が港に接岸すると、漁師の奥さん方だろうか・・・さらには家族か、いっぱいの関係者たちが集まる。そこに船内から、獲ってきた魚が引き上げられる・・・

002 

007 

アンコウやタラ、サメ、ヒラメなどの大きなものもある。エビやイカは艶々光っている。メバルなどは、まだ口をピクピクさせてもいる。

008_2 

005 

これはキンメダイ?と聞くと、ノドグロだという。高級魚らしい。漁師は口を開いて見せてくれた。確かに喉が真っ黒だった・・・俺はヤマザルだから、魚のことはトンと知らない。

別の船からは、ハタハタが揚げられていた・・・もう、ハタハタは終ったという。今年の割り当て量はもう獲ったらしい。それでもまだ多少は揚がっていて、選別されていた。

016_2 

ハタハタが大漁に接岸するときは、海の色が変わるという。産卵のために岸に押し寄せる。この時期、一般の方がハタハタを釣ろうと、隙間がないほど岸に釣り人が釣り糸を海面に落とす。

その写真を撮りたいとの思いもあった。しかし、ハタハタも終期とあって、2人が釣り糸を垂れていた。話を聞くと今年も半日で4~50kも吊り上げたらしい。こうした賑わいは、隣りの象潟、平沢の港の防波堤にも、凄い数の釣り人が今年もあったらしい。

014 

ハタハタも網で獲るのは禁止されている。漁業権のない一般人はそれが出来ない。出来るのは釣ること、引っ掛けて釣り揚げるのは許されている。そこで、海岸には我も釣らんと押しかけているのだ。

こうしたハタハタを釣る光景は、わがまちの新しい風物詩になっている。

|

« 役員は・・・ | トップページ | ”休寒日”にて・・・ »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

色々な種類の新鮮で美味そうな魚がいっぱい獲れていますね。
このような魚ら刺身にしても焼いても煮ても美味しいでしょうね。

投稿: 京じじ | 2016年12月21日 (水) 07時25分


京じじ 様

港はまだキラキラ輝いている魚でいっぱいでした。ほとんどは刺身で食べられます。ハタハタは県外行きとのことで、いっぱいに積まれていました。
魚は美味しいですね、年齢のせいもあってか、魚は大好きです!

投稿: でんでん大将 | 2016年12月21日 (水) 09時30分

海沿いは良いなぁ~新鮮なお魚。
実に、美味しそうですね。
釣りも良いなぁ~でも、寒そうですね。(笑)

投稿: ヒナタ | 2016年12月21日 (水) 14時15分


ヒナタ 様

こんばんわ、ヒナタさんは山沿いでしたっけ?俺の家は海まで約4km、軽トラで6~7分で海です。だから、いつでも美味しい魚食べれて幸せです。年のせいか、本当に魚が好きになってきましたねdelicious

投稿: でんでん大将 | 2016年12月21日 (水) 20時12分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1268142/68923343

この記事へのトラックバック一覧です: 金浦港散歩:

« 役員は・・・ | トップページ | ”休寒日”にて・・・ »