« 母の退院&施設への入所 | トップページ | 秋の日の縁側 »

冬迫る日本海

選挙戦の終ったアメリカが揺れているようだ。一部は暴徒化し荒れているまちもあるという。結果に驚いたのは俺ひとりでもあるまい。全く政治的な経験のないひとりに、国の将来をたくしたのだから、期待する者、不安にかられる者、様々に交錯しているようだ・・・

日本にも遠からずその影響は出るだろう。良きにつけ悪しきにつけ、少なくとも向う4年間は新大統領を静観するしか俺にはない。いづれにしろ平和な秩序ある世界であってほしいと願うのみである。

所用があって「飛びの崩れ」付近を通った。そこにあるのは「波除石垣」が海岸に積まれている。「なみよけいしがき」といい、国指定の史跡になっているのだ。撮り方が下手なので、鮮明ではないが、近世における海岸部の保全や農地開発の歴史を考える上で類例の少ない貴重な土木遺跡ということだ。

010 

写真の下部にそれは延々と積まれている。案内によれば、江戸時代に建造されたものだと書かれている。築造の目的は、荒ぶ日本海からの波浪から海岸を保全するとともに、波浪や強風による塩害から農地や農作物を守り、さらには北国街道の決壊防止と風波を防ぐことにあったと記されている。

このことは、19世紀前半の作成と見られる「由利南部海岸図」に克明に描かれているそうだ。言わば、いつか記述したような当市の「温水路」と同様、先人の知恵が原点にあると思う。

032 

冬の日本海は荒れる。もう少しすれば波の花でいっぱいになる。波の花とは、海水が北風に煽られて泡となるのだ。それがそこらじゅうに飛び、まるで花のようなことからそう呼んでいる。北国の名物にもなっている。

さて、この波除石垣、この石垣は自然石を積み上げたものだ。石は30~50cmの石を用いて堤防のようにしている。重機などいっさいなかった時代だ、海に真向かう先人の魂とも俺には見える・・・

028 

波の砕ける遠方には男鹿半島も見えた。きょうも荒れている日本海だが、この荒れによって秋田の名物のハタハタは接岸する。今年は鮭が不良だったという。北海道では近年にない不漁だったと聞く。果たして、ハタハタはどうか!漁民はこの荒れにハタハタの大漁を期待している・・・

024

    「波除石垣」については、現地の案内板から書き抜きをした。

|

« 母の退院&施設への入所 | トップページ | 秋の日の縁側 »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

冬の日本海は、寂しく、厳しく、悲しい雰囲気を漂わせていますね。その海に立ち向かうようにこの「波除石垣」がありますね。強い先人の意志を感じます。私たちは荒波に立ち向かい、自分たちの生活を守る強い力を持っているのですから、みんなで力と知恵を合わせればいいのです。そう言っているようです。
今日は、たくさんのおいしいプレゼントありがとうございました。サンタが一か月早く来たようでした。

投稿: はるか | 2016年11月10日 (木) 23時12分


はるか 様

ほんの香りでしたが、喜んで頂けてうれしいです。
そうなんです。冬の日本海はとてももの悲しい色、厳し過ぎる荒波が迫ってきます。それを防ごうとの知恵、先人の方々の偉大な考えに脱帽しています。

投稿: でんでん大将 | 2016年11月11日 (金) 00時15分

波除石垣を映した写真には、所謂、天使の梯子の光が差しており、いいですね。
先人の考察・力は計り知れないものがありますね。

投稿: 京じじ | 2016年11月11日 (金) 07時25分


京じじ 様

海岸の道路でしたし、カメラを持っていましたから、外に出てパチリとやったんですが、風も強くそれに寒くて、水平線が傾いてしまいました(゚ー゚)
もう冬近い日本海です。ここに歴史的な波除石垣、凄い事を先人の方々は考えたものです。

投稿: でんでん大将 | 2016年11月11日 (金) 09時09分

波が荒れていますね~冬の海ですね。
秋田では欠かせない、ハタハタですよね。
さて、アメリカ怖いですね~
どうなるでしょうか??

投稿: ヒナタ | 2016年11月11日 (金) 14時07分


ヒナタ 様

これからの海は荒れると喜びます。鰰の接岸が始まるからです。今年は果たしていい漁が出来るのか、県民にとってもそろそる気になり出しているところです。

投稿: でんでん大将 | 2016年11月11日 (金) 20時47分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1268142/68373625

この記事へのトラックバック一覧です: 冬迫る日本海:

« 母の退院&施設への入所 | トップページ | 秋の日の縁側 »