« 枯れ色の高原 | トップページ | 仕事に感謝 »

13年後を夢見て

朝、地震のニュースに驚いた、さらに驚いたのは「津波警報」だ。番組のアナスンサーのただならぬ声、「いますぐ避難して下さい、東日本大震災を思いだして下さい」と何度もなんども・・・しかし、結果は大きな被害もなく何よりであった。

きょうは「小雪」、寒さが進みそろそろ雪が降り始めるころのことのようだ。次候に「朔風葉を払う」とある。冷たい北風が、木々の葉を払い落とすころ。朔風の朔とは北と言う意味で、木枯らしの事とある。

  snowそれに合わせたかのように、秋田県は明日にかけて雪が降るとの予報だ。そして                 明日から3日間の天気予報には「snow」マーク(ノд・。)雪はいらねぇ~、寒くってねぇ~

001

maple他に「いい夫婦の日heart04」でもあるらしい。夜のNHKのニュースを見ていたら、纏わるいろんな情報が出ていて、漢字一文字で表すと・・・「食」であったり、「風」であったり、「空気」であったり様々だ。俺などはそれを表すと・・・???内緒であるsmile

さて、新聞に投稿していた俺の文章が、きょうの新聞に掲載された。タイトルが「13年後を夢見て」だ。何故、13年後???

008

俺は今夏にある元先生から、句集を頂いた。実はその名が「枇杷」だったのだ。俺はこれまで、枇杷という木には興味がなかった。理由はないのだが、むしろ敬遠していた節もあった。”古臭い”そんなイメージも持っていたことも確かだ。

ところが、この句集の後書きに触発された。寒さに弱い枇杷が、父が植えて70年、我が家の庭にすっかり馴染んで、初夏には見事な実をつけ、それは上品な味がする、とあったのだ。

枇杷と言う木を調べると、千葉県以北での育たないとあった。ところが、改良が進んで今日では「田中」という品種は寒さに強いともあった。俺は早速種苗店に注文し、届いた枇杷の幼木を鉢植えした。

いくら寒さに強いと言っても、少し馴染ませてやらないと可哀想なので、鉢植えにしたのだ。鉢植えだと移動が効くし、冬分には家に入れられると思ったからだ。それをきょう裏口に、エンゼルトランペットとともに入れた・・・

010

ところが課題はまだあった。課題と言うよりも、実は実をつけるまでの期間が長いということだった。俗に桃栗3年、柿8年というが、枇杷はなんと13年というのだ。しかし、考えようだ。夢は遠目に置いたほうが楽しめる、そう思うことにした。こんなことから、タイトルが「13年後・・・」としたのだ。

新聞を観た某氏から電話が来た・・・「○○酵素」使えば、そんなに時間はかからないよ、と言うものだった。某氏はすでにいちぢくでもそれを使って、予想よりもかなり短期間で実がなったというのだ。

でも、夢はじっくり育てたい、そう思っている。

|

« 枯れ色の高原 | トップページ | 仕事に感謝 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

前日のコメントに名前が抜けていました。間抜けですね。

ところで、枇杷が実を付けるのに13年も掛かるのですか。
まあ~、大将の今の生活をブログから推察すると、元気で枇杷の実を食べることが出来るのではないでしょうか。
それまで、健康に留意してください。

投稿: 京じじ | 2016年11月23日 (水) 07時32分

でんでん大将さん
ビワ実だけじゃなくて、
葉っぱもお役に立ちますよjapanesetea
実生のビワさん、
今年もお花たくさんつけました。
鳥さんと共存していますgood
6月の収獲が楽しみですsmile

投稿: ちかよ | 2016年11月23日 (水) 11時20分

こんにちは。
 新聞に投稿されて記事になるなんて素晴らしいですね。おめでとうございます。
 恩師のビワのお話でビワbudを植えられたのですね。13年は待たなくてはならないのですね。
大将さまなら大丈夫sign01
そういう私も一昨年、食べたビワの種を鉢植えに・・・。13年は待てません!

投稿: マコママ | 2016年11月23日 (水) 13時25分


京じじ 様

そうでしたか、でも多分そうだと思っていました。
13年、元気に頑張ろうと思っています。

投稿: でんでん大将 | 2016年11月23日 (水) 21時00分


ちかよ 様

そうなんですか、葉っぱが❔お茶でしょうか?
初めて聞きました。どのようにしてやるのか、時間がありましたら教えて下さい。
ちかよさんの琵琶はもう大きいのですね。

投稿: でんでん大将 | 2016年11月23日 (水) 21時05分


マコママ 様

マコママさんの枇杷は実生植えなんですね。萬田酵素つかうと、早く実がなるそうです。
今の時期は、農作業もありませんので、たまに投稿しています。
有難うございます。

投稿: でんでん大将 | 2016年11月23日 (水) 21時11分


ちかよ 様

琵琶って記述してしまい、すみません。
枇杷でした。

投稿: でんでん大将 | 2016年11月23日 (水) 21時12分

新聞に掲載されたのですね☆彡
しかも人々に勇気をくれる
でんでん大将の文章。
桃栗3年 花き年どころか
琵琶は13年。
13年後を楽しみに、
日々成長を見守りたいですね。

投稿: ホシノ | 2016年11月24日 (木) 12時48分


ホシノ 様

有難うございます。
年は取っても夢を失いたくありませんし、13年を頑張って生きよう、自分への激励ですhappy01

投稿: でんでん大将 | 2016年11月24日 (木) 22時56分

でんでん大将さん
再登場bud
枇杷茶葉来秋、庭師さんにご相談ください。
新芽には、花用、葉っぱ用が有り
葉っぱ用は剪定しますhairsalon
新芽の、産毛を取り影干し。
その後お茶にしますjapanesetea


びわ茶の作り方
 
・びわの葉を水で洗って汚れを取る。
・びわの葉を乾燥させます。シリカゲルの中でもOK。
・乾燥したびわの葉を手で揉んで細かく砕きます。
  鋏を使ってもいいでしょう。
・フライパンなどでさっと炒ると、
  香ばしい風味が出ますよ。
★びわ茶はやかんに水1,5リットル。
★びわ茶約20グラムを入れて煮だす。

・びわの茶葉を保存するときは、
 容器は紙袋。
 風通しのいいところ。
 冷蔵庫ok。

 ★ダイエットをしたい方も、びわ茶は最適です。
 びわ茶に含まれている
 oneタンニン
 twoサポニンの働きで、
 〇利尿作用があるため、
 〇体の水分の代謝を助け、水太りを防ぐ。
びわ茶の効果的な飲み方、
何時飲んでもok
飲む量は1日2~3杯程度。
飲み過ぎはお腹を緩くすることもありご注意ください。

投稿: ちかよ | 2016年11月26日 (土) 08時35分


ちかよ 様

有難うございます。
参考にさせて頂きます。

投稿: でんでん大将 | 2016年11月27日 (日) 00時54分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1268142/68542024

この記事へのトラックバック一覧です: 13年後を夢見て:

« 枯れ色の高原 | トップページ | 仕事に感謝 »