« 「百生倶楽部」の仲間たち | トップページ | 小春日の”立冬” »

「絵本の部屋」とダリア

似た者同士とはよく言ったものである。俺も案外黙っていない日々が多いのだが、妻も結構出歩きの多い方だと思う。しかし、これまでは母の介護にあってそれも出来なかった、が、母は現在入院しているので、3日置きにhospitalに行く。だから、自由な時間も以前よりは増している。

フラワーアレンジ、耕心大学(年配者向けの学習)、ふたつの学校への読み聞かせ等々、俺も負けるほどの日程が控えている。

結婚の頃、俺は約束をさせられたことがひとつあった。それは、「絵本の部屋」を作ってほしい、そのことであった。仕事柄絵本と向き合う日もあっただろうから、退職したら絵本の部屋を開いて、地域の子どもを呼んで絵本を読んでやりたい・・・そう思っていたようだ。

009_2 

平成8年、まだ在職中だったが、地域の祭典の当番所を引き受けることになって、屋敷にあった土蔵を解体した。そして、そこに2階建ての建物を立てた。階下は納屋・物置、2階には車庫(2階と道路が平ら)、クローゼット、一角には8畳の部屋を作った。そこを絵本の部屋として、もう何冊あるだろうか、書棚に絵本を並べ、人形を飾った・・・

農作業のある時期は開催出来ないが、一通り終ったので、今年の絵本の部屋」を昨日オープンした。これから3月まで月2階のペースで開く予定のようだ。部屋の名は「ひなたぼっこsunオープンには8人来られたようだった・・

010 

俺はかなかぶを取ったあと、トントントンとドアをノックして入ると、隣りの村からも来ている。退職後のこうしたボランテアもいいものかも知れない。そう言えば妻には在職中に受け持った子ども達から、今でも年賀状等届いている。

俺などは朝から数字と睨めっこしていたようなものだから、そんなホットな年賀状等来ない。地域外の小学校にも”読み聞かせ”で歩いている妻だ。出来る力があったら続けてほしいし、このあとも俺は応援しようと思っている。

さて・・・こんな華やかな花の紹介は、今年はもうないかも知れないので掲載したい。

秋田空港の近くに、「雄和国際ダリア園」がある。世界14カ国の約700種のダリアが、6000株植えられていて、ここにも俺は毎年いくのだが、今年は10月半ばに行った。ここでは8/上~11/上までオープンしているはずだ。だからそろそろ終わりだろうか・・・

彩りの鮮やかなダリアをいくつか、紹介させて頂く。

003_2

004_2

005_2

006_2

007_2

008 

|

« 「百生倶楽部」の仲間たち | トップページ | 小春日の”立冬” »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

似た者夫婦とはよく言ったものです。地域に貢献するそのボランティア精神は同じのようですね。
子供たちが集まることは楽しいことです。

ダリアは真夏の花と思っていましたが、10月半ばでも綺麗に咲いているのですね。びっくりです。

投稿: 京じじ | 2016年11月 7日 (月) 07時24分

おはようございます

 絵本の部屋「ひなたぼっこ」ほっこりしますねhappy01わたしもお邪魔したいですnote
いつまでも続けてほしいです。

ダリア、とてもきれいですshine

投稿: みい | 2016年11月 7日 (月) 09時47分

こんにちはぁ
奥様もすご~い。読み聞かせはいいですね。
私も、絵本の部屋に行きた~い^^
そして、ダリアも綺麗です。

投稿: ヒナタ | 2016年11月 7日 (月) 14時46分

こんばんはnight
土蔵の絵本の部屋なんて、そのものが絵本の世界のようで、素敵ですね。
奥様が何より素敵でshine、お優しいご夫婦で
地域の子どもたちは嬉しいでしょうね。

投稿: 草もみじ | 2016年11月 7日 (月) 18時23分


京じじ 様

物好きな夫婦と言われなくて良かった!いづれ世話好きな夫婦のようです、俺たちは。
本当に子どもが来てくれるのは嬉しいことです・・・

投稿: でんでん大将 | 2016年11月 7日 (月) 23時41分


みい 様

有難うございます。
どうぞ、いつでもいらして下さい。
俺も決めたらどこまでもの人間です。
妻にも俺に似たようなものを持っていますから
声が出なくなるまで、からだ続く限りは
閉店しないことでしょう・・・

投稿: でんでん大将 | 2016年11月 7日 (月) 23時44分


ヒナタ 様

近かったらおいで頂けるのに・・・
でもいつか是非、遊びにいらして下さい。
妻も俺も本が好きなので、結構本だらけですhappy01
絵本もまた、凄い数あるんですよ・・・

投稿: でんでん大将 | 2016年11月 7日 (月) 23時47分

草もみじ 様

本は大好きです。でも、昨今は時間がなかなか
持てません。
妻は絵本の部屋を開放し、子ども達に読み聞かせ
していますが、自分も楽しんでいるのだと思います。

投稿: でんでん大将 | 2016年11月 7日 (月) 23時50分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1268142/68286174

この記事へのトラックバック一覧です: 「絵本の部屋」とダリア:

« 「百生倶楽部」の仲間たち | トップページ | 小春日の”立冬” »