« 日本一の雪見灯籠を見た! | トップページ | 「あおこ」が届く »

みんなが主役!

俺たちの時代は「学芸会」と言っていた。今は「○○小祭り」或いは「学習発表会」と言っている。きょう地域の小学校で、○○小祭りが行なわれ、妻と俺は案内を頂いた・・・

統合して2年目の小学校、子ども達はすっかりその環境に馴染んでいて、違和感をまったく感じさせない。しかし、大人たちはどうっだたのか、俺には多少の違和感は正直あった。俺たちの母校はここではないと、なかなかすんなりとは氷解ものが正直あったのだ。

午前8時20分、それは始まった。オープニングは太鼓、そして、子どもの御輿が登場し、会場内を1周した。

002 

そして・・・いよいよ発表会が始まった・・・体育館は地元の方々、両親や家族でいっぱいだ。体育館がこんなにいっぱいなるなんて久しぶりの事だ。俺たちのころは、家族が朝早く場所取りをし、5段重ねの重箱の入った木枠の持ち物を持っていた。中には稲荷寿司、ソーメン、卵焼きや煮漬物等入っていたものだったが、今となっては懐かしい・・・

発表は2年生から始まった・・・テーマは「まちたんけんほうこく」。地域の名人を尋ね、地域との関り等の発表だった。次は3年生の「わがまちの宝物」として、牧場での体験を劇と音楽で表現したものだった。1年生は「くじらぐもとぼうけん」で、雲になったこどもたちの可愛い仕草に歓声が上がった。

009 

4年生は、鳥海山とブナの木を通して、自然環境の保護や地球の温暖化を3部構成で表現、5年生のテーマは「命・生き方をみつめて」だ。4年生にしても、この5年生にしても、その内容は重いものだけに、俺は「凄さ」を感じた。

俺たちのころは、唱歌や合奏の演奏、劇も民話等が素材であったのだが、隔世の感を感じた。踊りにしたって今風のリズムのラップ等、歌にしても今風のものであり、正しく現代版。

011 

さらに思うのは、「皆が主役」で特別な主役はいないことだ。きょうは「劇」だけの発表はなかったからだろうが、例えばヒーローというか、主役がいないのだ。実はこれまた、俺たちの時代とは大きくことなっていると思った。やはりここにも隔世の感だった・・・

6年生のステージは、これからも全力で、努力をし、勇気を持って前進しようという勇気の物語だった。1枚の「0点」のテストが、時代にタイムスリップし、時の歴史上の人物にあい、勇気を頂いてくる。そんなストーリー、あと4ヶ月あまりで進級する、その決意も出ていて応援したくなった・・・

こうして約3時間の子ども達の発表は終った・・・

その子ども達・・・物怖じする子もいない。俺たちなどは、ステージでは胸がドキドキ、緊張したものだが、今の子ども達は観客に向かって「scissors」、家族に向かって「scissors」と度胸も据わっているとみた。頼もしい子ども達である。

子ども達のラストステージは「全校合唱」、全員の子ども達での合唱だった・・・

014 

どの子もきょうは自分の立場を理解し、緊張感も見せず、それぞれ素晴らしい発表であったと思う。ただ、俺の希望であるがやはりゆっくり聞かせるものがあっても良かったのでは・・・例えば「里の秋」「もみじ」等・・・地元の方々を招いているのだから。

きょうは子ども達の発表が終ってから、地域にプレゼントとして、「ブラボー中谷のマジックショー」が行なわれ、喝采を浴びた・・・

015 

マジックの合い間の話も良かった。自分は入院中に子ども達にマジックを見せたら喜んでくれたので、30歳を過ぎてから会社員を辞めてマジシャンになった。マジックでラスベガスの舞台に立ちたいと夢見ていたら、実現した。だから、年齢が云々ではなく夢を持って生きよう、夢を持って生きればいつかは花開くのだ・・・と。

彼は本県で活躍中のマジシャンだ、”いかさまマジシャン”と自称しているが、生き方・考え方には共鳴する部分がある。子供達にもそうした生き方をして欲しいが、おれ自身もまだまだ老いてはいられないと自らにムチをうったところであるdelicious

|

« 日本一の雪見灯籠を見た! | トップページ | 「あおこ」が届く »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

母校の問題もあるでしょうが、今の子供たちが楽しく勉強し、生活することが大事なのでしょうか。
その子供たちのはつらつと演技、観覧されてさぞ楽しかったことでしょう。

投稿: 京じじ | 2016年11月 4日 (金) 07時46分

自然環境の保護や地球の温暖化に取り組んだ発表など
すごいですね。
子供たちがこうしたことに真剣に取り組むのは
素晴らしいこと☆

投稿: ホシノ | 2016年11月 4日 (金) 12時18分

でんでん大将さん
これがゆとり教育good
絶対順位をつけないscissors
これからは、方向転換したので、
教育県の秋田one番\(^O^)/
どのようになっていくのか楽しみですねm(_ _)m

投稿: ちかよ | 2016年11月 4日 (金) 14時04分

すごい。自分のお子さんや孫ちゃんが居なくても
地域で発表会見れるのですね。
いいことですよね。
こちらは、やはり、親族の方しか行かないし
お知らせもきません。
高校、大学の文化祭なら、一般公開してますが・・
そこから、秋田の教育が違うんだろうなぁ~と実感です。^^

投稿: ヒナタ | 2016年11月 4日 (金) 15時05分


京じじ 様

子供達の頑張りを見ると、勇気つけられますね。と同時に、学校のなくなった寂しさを余計感じました。

投稿: でんでん大将 | 2016年11月 4日 (金) 23時48分


ホシノ 様

俺も本当にそう感じましたね・・・俺たちの頃の内容とは雲泥の差でした。こうした体験を子ども達は台にして、行動できる人間になってほしいものです。

投稿: でんでん大将 | 2016年11月 4日 (金) 23時51分


ちかよ 様

そうなんでしょうね・・・脇役がいなくて、みんなが主役。これが教育の原点かも知れません。

投稿: でんでん大将 | 2016年11月 4日 (金) 23時54分


ヒナタ 様

子供達が少なくなっていますので、地域と一体になってやらないと賑わいも出ません。でも、頼られることは、地域しても嬉しいことです。
子供達の元気な姿を見ることが出来るのは嬉しい事です。

投稿: でんでん大将 | 2016年11月 5日 (土) 00時03分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1268142/68241316

この記事へのトラックバック一覧です: みんなが主役!:

« 日本一の雪見灯籠を見た! | トップページ | 「あおこ」が届く »