« 錦秋の名瀑 | トップページ | 冬の使者がやって来た! »

Rさんの来訪

ここ数日、目隠しを兼ねたラテスを作っている。きょうもその続きを行なっていると・・・「どうも・・・」とRさんが見えた。4月に会って以来半年ぶりである。彼の手は手紙と造形を持っていた・・・

Rさんは、俺より1歳年上、そして、俺の家の本家でもある。

彼は、今年の1月、脳梗塞で入院したhospitalそれまでは、何かにつけてバイタリティであった。pcはお手の物、物事をパチパチと段取り良く進めるタイプであった。昨年の秋、コンバインでの稲刈りの後、田起こしをやっていた。半袖で額には鉢巻をしていた。

007_2  そんな彼が3ヵ月後に入院とは驚きであった。話を聞いてから見舞いに行ったが、話しぶりもまたマヒ等の状態は見られなかった。

しかし、彼は入院中から奥さんに言いつけたりして、農業をやめる決心をしたようだ。彼の田んぼは集落のSさんが耕作する事になった。

一時的な状態だと俺は思っていたが、その後、すべての農機具も処分した。彼らしいと言えば言える。決断が素早いのだ。

出来たら分家の俺にも相談して欲しかったのだが、如何にも彼の性分らしい。

そんな彼と3月下旬に、友人のKさんと共に家に訪ねて話をした。集落の某団体の事でである。Kさん、Rさんはともにその組織の役員だったのだ。

そのうちに農繁期に入った、田起こし、播種、育苗、田植え・・・。その後、Rさんを俺は訪ねた。我が家とは20mしか離れていないのだ。

彼は病気になる前も夜は早かった。午後6時になれば家は施錠され、午後7時過ぎには寝ている。だから用を足しにいくには朝しかない。その朝に訪ねたら、朝食をとればもう寝るのだと言われ、とうとう会うことが出来なかった。

こうして・・・秋。俺は忙しくもなくなったし、家に行っても会えないようならと、彼に手紙を書いた。「集落では互いに頑張ってきたのに、親戚同士として協力し合ってきたのに、もう半年も顔を見ることがなく、残念で仕方が無い。村の行事にも出て来られないようで、とても淋しいです。体調はどうですか・・・・」と。

006

彼は俺が不在だろうとの思いもあってか、手紙と造形を持ってきたのだ。彼は言う。「右手がしびれて、週1回はリハビリに行っている。ほとんどこんなものを作ったりして過ごしている、鶴を折るのもリハビリ・・・」かつては100k近い体重であったが、今は80kそこそこらしい。

彼が帰ったあとに手紙を開いた・・・「君のこころの籠もった手紙に涙しました、自分は今、週1回のリハビリに通っています。家でピンセットで鶴をつくったりして過ごしています」手紙を見た俺の深淵にはあついものが込み上げてきた・・・

病気だから仕方がないのではあるが、まだ70歳前の彼だ。バンバンと農業をやって、集落のリーダーを目指していたはずの彼だから、無念極まりないだろう。俺は個人的にも随分と助けられた。彼がいなかったら、今の俺がいないとも言える。

彼は障害を持った娘さん、奥さんとの3人暮らし。田んぼは貸しているから、飯米と小作料が2~30万は入るだろうか、あとは年金の収入になる。お金のことは抜きにしても、何に生き甲斐を見出していくのか、それが気になるところだ。

001

まだまだ余生と言っては早過ぎる。俺などのような趣味があったら、日々を楽しむことが出来るだろうが、pcの他に何かあるだろうか。グランド・ゴルフ等は得意であったはずだが、病気になってはそれは難しいだろう。

そんな彼に俺は何をしてやれるだろうか。強い性格の彼だから、支援や援助といった類のことは好まないだろうから、妙案が浮かばない。

002

我が家の庭にはツワブキの2品種が花を咲かせ始めた。秋を告げる花である。特に、斑入りのツワブキが好きだ。「ホタル模様」のツワブキだ。班日陰に咲いてくれるのが嬉しい。秋の優しい日を受けて咲いているツワブキを見ると・・・・・哀しみが湧いてくる。

|

« 錦秋の名瀑 | トップページ | 冬の使者がやって来た! »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

歳が行くと誰しもに訪れる病、それによって生き方を変えなければならず、一番本人が苦しんで居られることでしょうね。
いづれ誰しもに訪れること、悲しいですが、これも摂理でしょうか。
支援を喜ぶ人、そうでない人も居られます、Rさんは後者のよう、そっと見守るしかないように思います。

投稿: 京じじ | 2016年10月21日 (金) 07時38分

まだ、私は定年までまだ先ですが~
そうですね。いつ、どうなるか分かりませんよね。
年金だって・・私達はどうなるやら~
歳とってもバイトしなくては生きていけないかも~
果たして~体が動くかとか・・(笑)
趣味かぁ~陶芸とか絵画を習いたいですね。

投稿: ヒナタ | 2016年10月21日 (金) 16時51分

こんばんはnight
書かれている内容は深くてコメントはできませんが
…深いつながりに胸を打たれますthink
折鶴をかけた木にグリーンネックレスがかけてあって
そんな楽しみ方もあるんですネ。

今日は一日出かけ、どこもキンモクセイが満開でした。
ツワブキもまだ先です。
これからの花は逆になりますね。

投稿: 草もみじ | 2016年10月21日 (金) 19時29分


京じじ 様

・・・そうですね、そっと見守ることにします。

投稿: でんでん大将 | 2016年10月21日 (金) 21時31分


ヒナタ 様

お若い方はまだまだ先の事と思いがちですが、嫌な事ながら”病気”もあります。
互いに健康で頑張っていきましょう。

投稿: でんでん大将 | 2016年10月21日 (金) 21時41分


草もみじ 様

彼が頑張って折ってくれた鶴、大事に書斎に飾っています。

投稿: でんでん大将 | 2016年10月21日 (金) 21時43分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1268142/68041564

この記事へのトラックバック一覧です: Rさんの来訪:

« 錦秋の名瀑 | トップページ | 冬の使者がやって来た! »