« 秋盛り Ⅱ | トップページ | 金浦港にて »

弾丸のように鮭遡る

昨日の日本ハムの大谷投手はCS戦で、165キロを連発し、日本シリーズ進出を決めた。圧巻だったというほかはない。

その速球にも劣らないほど、まるで黒い弾丸のようにして、わがまちの川袋川を鮭が遡上する。例年、俺はそれを見に行くのだが、ことしもまたその姿を目に捉えた。感動と涙を呼ぶ、川袋川の鮭の遡上である。これまた圧巻である。

025

この川袋川、小さな川ながら鮭の遡上は秋田県一だ。例年、2万尾が遡上をし、その鮭で川が真っ黒になるほどだ。河口の川幅はわずか3m、深さもない。よって、鮭は押し寄せる波に乗って川に上る。

019

我が家からは15分の場所だ・・・何故、見に行くのか?それは鮭から勇気を頂きたいためだ。ここは海からわずか350m、しかし、体に傷を負いながらも、また、その先に簗が仕掛けられているのに・・・ただただ上る。一尾とも海にもどる鮭はいない。

その涙ぐましい姿が、俺のこころに勇気の火を放ち、萎えかけている脳に刺激を与えてくれるのだ。鮭は簗で捕獲され、メスは採卵され孵化場に運ばれる(年間400万以上を孵化させる)。そして、稚魚になって県内各地に運ばれる。

002

012

018

006

捕獲される(ネットから)・・・weep

Photo

鮭はただただ遡上するのみ。それは産卵のためだ。子孫を残すという動物の自然な行為だ。鮭は「母川回帰」という血を持っている。生まれた川に戻るという現象だ。それは、ふるさとを離れ、やがてリタイアし、ふるさとを恋しむ人間のようでもある。否、鮭は必ずふるさとにもどる。

折角にふるさとに戻ってきた鮭は、哀しくもふるさとで生を閉じる。捕獲する場所には、鮭を供養する卒塔婆が立っている・・・ 

|

« 秋盛り Ⅱ | トップページ | 金浦港にて »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

すごいたくさんの鮭ですね。川を上っていくこの鮭を見たら身震いするでしょうね。そして捕らえられてしまうのですね。いい悪いの問題ではなく、ほんとうに涙が出てしまいますね。鮭は本能的に故郷に帰りたいのですね。私たちにも故郷を恋い慕う気持ちがありますね。「ふるさと」という歌が歌い継がれていくのもその証ですね。

投稿: はるか | 2016年10月18日 (火) 00時02分

広い海で育った鮭がどうして子孫を残すために、僅、川幅3mの帰る川を定めるのでしょうか、不思議でなりませんね。
鮭の使命とは言え、死を覚悟の遡上、色々な知恵が働く人間にはできないことです。

投稿: 京じじ | 2016年10月18日 (火) 07時36分

おはようございます

 これだけの鮭の遡上、圧巻ですね。
わたしもその場にいれば涙出そうsweat02
TVでは、何度か見たことがありますが・・
一度みてみたいです。

投稿: みい | 2016年10月18日 (火) 10時25分

鮭の遡上
感動します。
尊敬する中島みゆきさんの
「ファイト」
の歌詞に「小魚たち」と歌われてますが
うろこが剥がれ落ちても
さかのぼる姿が表現されていて
忘れられない場面です。

1度目の当りにしたら
さらに感動するでしょうね。

投稿: ホシノ | 2016年10月18日 (火) 12時25分

スゴイ写真ですね。圧巻です。
でも、そうかぁ~戻ってきて
食べられちゃう訳ですね。
思わず合掌して、頂こうですね。

投稿: ヒナタ | 2016年10月18日 (火) 15時44分


はるか 様

この遡上する鮭を間じかに見ると、本当に感動します。ただ上流に上流に・・・本能に目覚めた鮭は、下ることはありません。涙ぐましいほどです。いのちを繋ぐとは、こんなに凄まじいものなのだと・・・。

投稿: でんでん大将 | 2016年10月18日 (火) 22時10分


京じじ 様

生まれた場所に還るのは鮭の本能のようです。放された川に、6~7年後に戻ってくるのです。いのちを繋ぐために・・・俺は毎年、ここに来て鮭の遡上を見ます。

投稿: でんでん大将 | 2016年10月18日 (火) 22時13分


みい 様

本当にこの場に立てば感動です。いのちを繋ぐために、ふるさとに還ってくる。「母川回帰」と言っています。

投稿: でんでん大将 | 2016年10月18日 (火) 22時15分


ホシノ 様

ただただ命をつなぐために遡上する鮭、そのために放たれた里に帰ってくる。涙ぐましい限りです。
傷をからだにつけても、上る鮭の群れに感動しました。

投稿: でんでん大将 | 2016年10月18日 (火) 22時19分


ヒナタ 様

ここでは採卵されて、孵化して稚魚を放流したり、他の地域に稚魚を持って行きます。
この鮭はほとんど食べません。命がけで遡上してきますから、身はおいしくはないのです。勿体ないのですが、従って肥料にされたりしています。今、こうした鮭をどのようにするか、研究開発中です。

投稿: でんでん大将 | 2016年10月18日 (火) 22時24分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1268142/67998427

この記事へのトラックバック一覧です: 弾丸のように鮭遡る:

« 秋盛り Ⅱ | トップページ | 金浦港にて »