« 鮭三昧(スダチよ有難う) | トップページ | 弾丸のように鮭遡る »

秋盛り Ⅱ

今でも俺の代名詞は「かかしの大将」だ。地域に笑顔を、地域を元気に、地域から発進を、と言うことで仲間を募って「かかし祭り」を始めたのがもう13年前のこと。当初は18体のかかしを作って畦に飾った・・・新聞にも載って、多くの人が観に来られた・・・

「かかし祭り」を10年間行なった。一体いったいに、俺は「川柳を詠んで、また、コメント」をつけた。年の初めから、話題になっている人物の新聞記事を切り抜きし、ファイル・・・かかし作りの参考にした。10年目は「100体」のかかし。鳥海山を背に壮大であった・・・

その写真が今でも市の観光協会のHPに載っている。観ていると、「いいな~」自画自賛の気持ちになってくる。

Photo_2

まちの集まり等あると、「おい!かかしの大将、まだやってくれねべが・・・」そんな声を何度か聞いた。でも、作って飾るのは大変な労力だ。一応、古着等は黙っていても集まるのだが、俺たちのかかしは「3Dのかかし」なのだ!

つまり立体的に見せるために、体の中に肥料袋や農業資材の廃品を入れて、全体をふっくらと仕上げる。従って、1体作るのに1時間はかかる。作る仲間は5人、俺はアイデアが主で、Aさん、Kさんが主な作り手、でも彼らはもう70代の半ばでもう無理も利かなくなっている。

俺の夢は一応叶った。10年間やろう、100体飾ろうは・・・。この田んぼに大勢の方が見えて、当時は畦道ラッシュとなったものだ・・・でも、みんなの期待があるなら、応えたい・・・秘かにその計画を練っている・・・

秋田は秋の盛りだ・・・

002

昨今は、米価の下落で関心の低い農家も多い。老齢化も進んだせいもあるだろう。ヒエの目立つ田んぼも多かった。あまりの多さで稲刈りをやめている田んぼも目に見える。一方で、自然乾燥での米作りをしている農家もある。

写真は杭掛けして稲を乾燥させているものも見える。せめて自分の飯米は自然乾燥でという人もいる。俺は自然だろうと、機械乾燥だろうと、そんなに関心はない。手間ひま掛ける時間もないし、他にやりたいこともあるから、拘ってはいられないのが正直なところだ。

杭掛けにすると、今度は乾燥をむら無くさせるために杭返しもあって、そうして脱穀に入る。俺もかつてはやったものだし、杭掛けが並ぶ姿も今から思えば壮観だったはずだ。

009 

今年は米価が幾分アップしている。でも、有難いことながら、このことで消費の減退が起きないかとの心配もある。再来年には減反政策がなくなる。なくなれば農家同士の競争が熾烈になる。政府が米の需給を放棄するようなことになる。

農家同士がいがみ合っては、地域と言うものがおかしな状況になるだろう。そこで勝った農家は良いだろうが、負けた農家はどうなるのか、つまりは農業を辞める事になる。やめれば農地の崩壊が起こり、国の環境が一変するだろう。

益々の洪水が頻繁になるし、米価も大きくアップするだろうし、第一、村の消滅、地方の消滅に繫がっていくだろう・・・と懸念する。

010 

そんなことを思うと農業をやっていくことに自信がなくなってくる。そんな俺を支えてくれるのは「花」、玄関先にも秋盛りの我が家である。

|

« 鮭三昧(スダチよ有難う) | トップページ | 弾丸のように鮭遡る »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

かかし祭りの写真を観ていると壮観ですね。大変でしょうけど、1回限りでもする価値ありますね。

農業は色々な問題を抱えてますが、自給生活の基盤である農家が減少するのをどうしたら防げるのでしょうかね。

投稿: 京じじ | 2016年10月17日 (月) 07時01分

かかし祭り!
今では全国各地で開催されるようになっていて
こちらでも1か所
道路わきにずらりとかかし。
東京でも深川でかかし祭りを見ました☆

でんでん大将さんは
かかし大将さんなんですね☆

秋桜の可憐でけなげな感じに癒されます。

投稿: ホシノ | 2016年10月17日 (月) 12時17分

案山子祭りですかぁ~^^
楽しそうです。しかも、3Ⅾなんて~
近所の案山子がマネキンの首から上が刺さってて
ビックリしました(笑)
会社の玄関にいつも、花を飾るオジサンがいます。
薔薇と紫式部です。何故か、そのオジサンと
話してると、でんでん・とっちさんを思い出します。
(笑)

投稿: ヒナタ | 2016年10月17日 (月) 13時54分

こんにちはrain
以前奈良で案山子祭りを見たことがあります。
童謡の「一本足の案山子」と違って、等身大のお人形?のようで、茶目っ気たっぷりで見ていて楽しかったです。
案山子祭りが復活するといいですネheart04

投稿: 草もみじ | 2016年10月17日 (月) 16時46分


京じじ 様

アンコールの声を聞くと、あのころをもう一度と胸があつくなります。昨年から、有志に声を掛けて賛同を得ようと頑張っています。
かかしが縁で友人になった方もありました。農業に自信を持つためにも、是非ともかかし祭りの再現をと。

農村を農家を活気つけるには、所得を得られるような施策が必要だと思います。

投稿: でんでん大将 | 2016年10月17日 (月) 21時13分


ホシノ 様

かかし祭りを発案し、計画し、実行したことなどから、「かかしの大将」の称号?を頂いたと思っています。
かかしの特徴は「3Dかかし」、そして、そのかかしに纏わる「川柳」が講評でした。

投稿: でんでん大将 | 2016年10月17日 (月) 21時21分


ヒナタ 様

ヒェ~俺と似てようなオジサンがおいでなんですか、驚きです。世話焼きなんですね・・・そのオジサンも(・∀・)イイ!
かかしの制作は楽しいものでした。特に女性を作るのは・・・念入りに作ったものです。男どもの◎◎心をくすぐって、わいわい喜んで作ったんですよ・・・

投稿: でんでん大将 | 2016年10月17日 (月) 21時28分


草もみじ 様

かかしが縁で、新聞にテレビに何度か出たことがありました。特集では「この人とともに」で大写しになって・・・大変でした( ^ω^)おっおっおっ
写真のような杭を使わなくなったし、肥料袋はいっぱいあるし、廃品の利用でした。勿論、人の着た服などを着せますので、大きさは人間の等身大です。
元気な村からの発信でした・・・

投稿: でんでん大将 | 2016年10月17日 (月) 21時33分

そうなんですよ。会えばきっと話が合うと思って~(笑)
会社の若い子達をまとめてお世話してます。
その方が、お野菜とか(好きなだけ持ってけ~)と
言ってくれます(≧◇≦)
案山子作り相当盛り上がってたみたいですね(笑)

投稿: ヒナタ | 2016年10月18日 (火) 15時49分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1268142/67983302

この記事へのトラックバック一覧です: 秋盛り Ⅱ:

« 鮭三昧(スダチよ有難う) | トップページ | 弾丸のように鮭遡る »