« 漁業の振興策は? | トップページ | 小さくとも・・・「大」 »

季節は巡れども・・・

俺の出張帰りを待っていてくれた花があった・・・

001

エンゼル・トランペットである。今年は植替えをしてやれなかったこと、また、幾分日陰に置いていたこともあってか、いつもよりは遅れた開花となった。しかも、3本あるうちの1本だけ・・・

002 

エンゼル・トランペットは寒さに弱い。秋田では地植えでは育たない。だから、俺は例年家の中の裏口に置いて越冬させている。しかし、花を開くとささやかな香りがする。

このように花が開いたことを記述するのは、俺にとっては本望だ。ところが、昨日の大きなニュースではこころが痛んだ・・・

東日本大震災で、石巻市大川小の児童の74名が死亡や行方不明になったことが訴訟沙汰になっていたのだが、昨日に判決が出たのだった・・・判決では学校の側の責任が厳しく指摘されたものだった。

「津波の襲来は予見できた」「学校の裏山に逃げていれば、児童を救えたのにそれをしなかった・・・」そうした判決だった。この件では23人の遺族が市と県を相手の訴訟だった。感情的になってはいけないと思いつつ、訴えた遺族、訴えられた学校側・・・どんな判決が出たにしてもこころが痛んだにちがいない。

005

そして、訴訟した側が勝訴したことにはなるのだが、俺の気持ちはすっきりしない。未曾有の地震だったし、津波であった・・・だから、どうしようもなかったとは言われない。でも、学校側でも動転していたことは想像できる。

そこにひとりでも危険だと思った先生はいなかったのか、なぜわざわざ川岸の避難場所をめざしたのか・・・いくら避難場所と指定されていても、津波のことを考えたら判断を変えることをしなかったのか!

006 

昭和58年5月、秋田県男鹿半島沖でM7.7の地震があって、104名の方が亡くなった。うち100名は津波によるものだった。その中には遠足に来ていた子ども13人が津波にのまれた。バスで地震の発生は知っていたが、海に行きお昼の弁当を広げていた子ども達が襲われた。

後日、やはりこの地震でも津波の予見で裁判になったと記憶している。なぜ、地震が発生したのに海岸まで行かねばならなかったか、山間部の子ども達だったから、先生も海をみせてやりたかったのか、これまた双方とも哀れとしか言いようがなかった・・・

007 

そしてまた・・・

過酷なことではあろうが、やはり学校側では「地震の怖さ」と同時に「津波」のことも、いつも想定しておかねばならないだろうし、予想される災害の区分によっては避難先をも考慮して、子ども達を避難させてほしいものだ。

頼んでいた植木屋さん、きょうですっかりと庭木をきれいにして帰って行った・・・その庭の紅葉が進んでいる。でも季節は巡るけれども、いのちはなくしたら巡りことはない。子ども達の安全確保のためには学校側にのみ頼ることでなく、地域の一員としても手を差し伸べてやりたいものだと思っている。 

|

« 漁業の振興策は? | トップページ | 小さくとも・・・「大」 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

海沿いに住んでいないじじは津波の恐ろしさを映像でしか知りませんが、海岸に面した地域では、津波を常に念頭に置き、避難行動のシミュレーションを常時考えておく必要を痛感しました。
そう考えれば、先生方も懸命に動かれたと思いますが、今回の避難行動は残念でなりませんね。

投稿: 京じじ | 2016年10月28日 (金) 07時22分


京じじ 様

体験がないとなかなかその恐ろしさを感じることが出来なかったのでしょう。今回の訴訟、そして判決、いづれにしろ哀れだったのは亡くなった子供たち。それに訴訟をおこした人、訴えられた人、どちらの方も可哀想に思いました。俺達はこの経験を目の当たりにしたわけですから、後世に伝えて行くべきでしょうね。

投稿: でんでん大将 | 2016年10月28日 (金) 09時45分

出張お疲れ様でした☆彡
エンゼルトランペット
名前も素敵でそのまま可憐なお花ですね。
童話の世界そのもの。

木々の紅葉が美しいですね。

投稿: ホシノ | 2016年10月28日 (金) 12時11分

地震に関しては・・ほんとに、何とも言えません。
想像を遥かに超えた出来事です。
ある程度は想像出来ますが・・経験がない物には
対応ができないと思うのです。bearing
そうですね。通学路だけは、綺麗に安全にしたいと
私も思いま~す^^

投稿: ヒナタ | 2016年10月28日 (金) 14時02分


ホシノ 様

今年は白の花しか咲きませんでした・・・手入れが悪かったせいです。ほのかな香りのエンゼルトランペットです。

投稿: でんでん大将 | 2016年10月28日 (金) 22時38分


ヒナタ 様

そうでしたね、ヒナタさんは福島県でしたね・・・判決をきっと胸痛めて聞かれたことでしょうね。災害のない世界であってほしいです。

投稿: でんでん大将 | 2016年10月28日 (金) 22時42分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1268142/68142651

この記事へのトラックバック一覧です: 季節は巡れども・・・:

« 漁業の振興策は? | トップページ | 小さくとも・・・「大」 »