« 祝日なのだが・・・ | トップページ | 解けた謎・・・延命観音像出土をめぐって »

新雪の鳥海山

からりと晴れ上がった午後・・・俺は鳥海山の5合目にdashここ5合目には休息所、ビジターセンター、大きな駐車場があり、登山の拠点にもなっている。今、紅葉が盛りとの情報から、軽トラでその5合目に・・・我が家からは30分だ。

俺はパチリパチリと40枚ほどの写真を撮影camera休息所兼レストランでは、”味噌タンポ”と”甘酒”を腹に収めて下山・・・あっちこっちと鳥海山にcameraを向けた( ^ω^)おっおっおっ

先ずは鉾立展望台から・・・奈曾渓谷から望む鳥海山!

002

004

005

象潟地区からの鳥海山・・・

029

032

026_2

そして、我が家の前からの新雪の鳥海山

034

鳥海山は、秋から初冬と言った所。今夜は少し寒さを感じています。

 

|

« 祝日なのだが・・・ | トップページ | 解けた謎・・・延命観音像出土をめぐって »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

でんでん大将さん、こんばんは。

鳥海山が美しいですね。もう新雪が積もって来たのですね。北の冬の訪れは早いです。ここ沖縄も最高気温が30度に届かなくなり、幾分過ごし易くなりました。

無い物ねだりで、このような景色と雄大な自然に憧れてしまいます。これから本格的な紅葉の時期になるのでしょうか・・・羨ましいです(笑)。

投稿: omoromachi | 2016年10月11日 (火) 23時19分

紅葉もチラホラと見られ、秋がすぐそこまで来ていますね。
一足早く秋から初冬を満喫した気分です。

投稿: 京じじ | 2016年10月12日 (水) 08時02分

新雪ですか~><
どおりで寒いわけですね。
これからは、寒さと、雪の戦いです。
風邪ひきませんように・・・happy01

投稿: ヒナタ | 2016年10月12日 (水) 14時10分

素晴らしい景色!
雄大ですね。
味噌タンポおいしそう~
きりたんぽ好きです☆彡

投稿: ホシノ | 2016年10月12日 (水) 17時37分

こんばんはnight
紅葉と新雪・・・mapleきれいですね~heart04
車で30分の距離にこんな景色があるなんて・・・ご自宅の目の前の景色も迫力で、うらやましいです。

味噌たんぽが見られず残念(笑)。

投稿: 草もみじ | 2016年10月12日 (水) 18時21分

こんばんは

 鳥海山、美しい姿ですね!
近くなんですね、いいなあ~
堪能しました!

こちらも朝晩寒く感じます。
体調管理、お気をつけて!

投稿: みい | 2016年10月12日 (水) 22時57分


omoromachi 様

急に冷えてきました。今晩も寒いので、鳥海山はまた雪が増しているかも知れません。沖縄に行ったとき、居酒屋であった人が言いました。観たいのは・・・富士山、新幹線、雪、紅葉だと・・・でも、雪も紅葉もきれいですが、寒さは応えます、それに除雪もweep

投稿: でんでん大将 | 2016年10月12日 (水) 23時23分


京じじ 様

一足飛びに山はもう冬です、今年も鳥海山・富士山に行けませんでした・・・

投稿: でんでん大将 | 2016年10月12日 (水) 23時24分


ヒナタ 様

有難うございます。
冷えてきましたね・・・雪はうんざりです、毎朝の除雪を思うと泣けてきますweep

投稿: でんでん大将 | 2016年10月12日 (水) 23時26分


ホシノ 様

有難うございます。
きりたんぽ・・・おいしいです。山で食べたのは、棒に巻いたたんぽで、味噌をつけてたべるんです。これもうまいです。

投稿: でんでん大将 | 2016年10月12日 (水) 23時29分


草もみじ 様

俺は鳥海山の麓で暮らしています。でも、海には7分くらいかな、海にも近く山も近くで暮らしている、俺は田舎サルですhappy01
味噌たんぽはあとで掲載します、折角の新雪の鳥海山の雰囲気が壊れそうでしたから・・・

投稿: でんでん大将 | 2016年10月12日 (水) 23時33分


みい 様

鳥海山に雪がふると・・・しみじみと冬が近いナ~と少し淋しくなります。
でも負けないで生きよう、って自分を励ましています。

投稿: でんでん大将 | 2016年10月12日 (水) 23時35分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1268142/67909086

この記事へのトラックバック一覧です: 新雪の鳥海山:

« 祝日なのだが・・・ | トップページ | 解けた謎・・・延命観音像出土をめぐって »