« これから帰宅します! | トップページ | 季節は巡れども・・・ »

漁業の振興策は?

富士山に昨年よりも15日遅く、平年よりも26日遅い初冠雪があったらしいfuji今朝は晴天の沼津市のホテルで起床し、その後新幹線等で東京に向かったのだから、或いはそれが見られたのではなかったかと思うととっても残念だ・・・

きょうは故郷に帰る。俺たちは午後12時40分、東京発の上越線ときMAXに乗り込んだbullettrain東京は暑くてあつくて・・・ましてや上着を着ている、手にはバッグと東京ばなな等のお土産・・・だから尚更暑かった(;;;´Д`)

東京から新潟までは凡そ2時間、そこから今度は特急いなほに乗換えだ。予定では酒田から鈍行に乗っての帰宅であった。仲間の中の2人は、特急の止まらない駅の周辺に住んでいるからだ。でも4人は予定を変更させてもらって、俺は特急に乗ったままで地元の駅に降り立った。

今回のテーマは”漁業と6次産業化”、わがまちでも漁業と言う1次産業はある。しかし、最近は特に若い後継者もほとんどなく、また、減船も行なったりしている状態から、なかなか漁業の収入が少ないのだ。だから収入を高めるには「加工」と「販売」だ・・・

少ないながらも、活きた産業として振興するには、取って加工して販売までやるような仕組みが必要ではないか、その思いにたっての研修であった・・・そして、その研修先を神奈川県平塚市漁協と静岡県沼津市に選んだ・・・

001 

002 

先ずは昼食として「シラス丼」、この近辺ではシラス漁が盛んなようだ。俺は山育ちだから、そんなに好みはなかったが、地元の料理と言うこともあって食べた。食後には漁協の職員から、平塚市漁協の現状を聞き、意見交換した・・・

2日目は沼津市に向かう。早速ここでも昼食を取る事に・・・ここ沼津はイワシがメインと言うことで、それを食べようと食堂に入った。入るとイワシは最近水揚げが少ないのだとか。従ってそれに代わってと出たのが・・・またまたシラス!

003 

研修までの待ち時間には、「深海水族館」に入った。入館料が少し高かったが、シーラカンスの展示もあるとのことで、それにひかれて入った。平日でも結構な入館者に驚く。やはり田舎とは違うと実感しながら・・・

004 

沼津はさすがみなとまち、漁師のまちだ。当日は市場が休みとあって、訪れる人がやや少ないとは言うものの・・・

005 

ここに市のマイクロバスが俺たちを迎えに来てくれた。そして向かったのは、内浦地区にある漁協直営「いけすや」だ。ここには市の活性化計画に基づいて、埋め立てしていた土地に、交流人口の拡大を目指した直営店だ。

ここのメインは「日本一の活きあじ」が食べれる事。それは養殖故、漁期などもなく安定しているからだ。それに、ここを運営しているのは、漁師の奥さん方であった。(写真は承諾を頂いてきたので掲載させて頂く)

006

産業の振興には、どうやら女性の力が掛けがえのないもののようだ。男性が主体であったら、直営等はたしてうまくいくかどうか・・・元気な地域にするためには、女性の力があってこそなのだ。

・・・と言うことで、無事に我が家に帰宅。このあともう少し分析して、故郷の1次産業のあり方を考えたい。

|

« これから帰宅します! | トップページ | 季節は巡れども・・・ »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

お疲れ様でした。
自分の町を如何に活性化させるか大きなテーマですね。
一朝一夕にはできないでしょうが、少しでも1次産業が発展するように、今回の研修を生かしてください。

投稿: 京じじ | 2016年10月27日 (木) 07時18分

シーラカンス大迫力ですね!

シラス、とくに生のは
私も食べつけないので、
江の島あたりに観光に行ったとき
名物らしくあちこちで生シラス丼を
目にしましたが食べませんでしたsweat02

投稿: ホシノ | 2016年10月27日 (木) 12時18分

お疲れ様です('◇')ゞ
無事帰宅ですね。
漁業と6次元産業ですか。興味ありですね。
こちら、農業と6次元産業の事が話題です。
娘が農業にかかわってるから・・ですが~
まずは、1次元ですよね~bleah

投稿: ヒナタ | 2016年10月27日 (木) 14時17分

こんばんはnight
静岡県の東部にいらしてたんですね。
この数日27.8℃でしたから
東部も暑かったでしょうね。
お疲れ様です。

投稿: 草もみじ | 2016年10月27日 (木) 18時48分


京じじ 様

有難うございます。地方の創生は第1次産業の振興が第一です。この14日の経済新聞に、地域活性化センター理事長の椎川忍氏の「私見卓見」の中に、日本の農村文明が世界を救うとの考えがありました。日本の農村が持っていたアニミズムの思想や自然との共生という考え方等など、共鳴するものがありました。

投稿: でんでん大将 | 2016年10月27日 (木) 20時55分


ホシノ 様

食べるのは好き好きですから、どうにもなりませんよね。でも、旅に出たりすれば、やはり地元の食は味わってみたいんですよね・・・。
シーラカンスには驚きでした!

投稿: でんでん大将 | 2016年10月27日 (木) 21時02分


ヒナタ 様

取って売るだけでは付加価値が付きませんし、安定しての販売も出来ません。そこで加工がつき、さらには観光と結びつけて、所得を増やす。それが理想的な1次産業の6次産業化なんですが・・・難しい課題です。

投稿: でんでん大将 | 2016年10月27日 (木) 21時06分


草もみじ 様

熱かったですね~こんな中を上着を着て、カバンを持って・・・もう少し涼しいと思っていましたが・・・。

投稿: でんでん大将 | 2016年10月27日 (木) 21時08分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1268142/68128898

この記事へのトラックバック一覧です: 漁業の振興策は?:

« これから帰宅します! | トップページ | 季節は巡れども・・・ »