« 稲刈りスタート | トップページ | 憧れは・・・AKB・ASJ »

敬老の日を思う

19日は「敬老の日」であった。それを記念にして新聞では特集が組まれたりしていた。

総務省が発表した人口の推計によれば、女性の総人口に占める65歳以上の”高齢者”の割合が30.1%となって、初めて3割を超えたという。65歳以上の人口は73万人増の3461万人と過去最高を更新した。

014 

秋田魁新報から関連した記事を拾うと・・・

本県の高齢化率は34.6%、高齢者人口は35万27人だという。最も高いのは上小阿仁村の52.4%、俺の住むにかほ市は順位では21番目の35.1%だ。ちなみに一番低いのは秋田市で28.7%である。

県内の自治体では、これまで長寿祝い金と称して、高齢者に祝い金を出していた。例えば、100歳になったら30万円を支給、東成瀬村では50万円している。ところが、どんどんと増える高齢者に財源が困難になってきており、祝い金を相次いで減額している・・・

010 

状況を考えた場合、仕方ないことと思う。逆に人口減の今の時代だ。子どもの出生に祝い金を出したりしている自治体が増えている。本市もまた然りである。

斯くいう我が家もまた高齢者家族である。高齢化率は100%だ、かつての村の状況では、2世代家族、3世代家族の同居も珍しいことではなかった。我が家だって8人家族が暮らしたこともある。

今年求めたバラの「ピース」が三度花を咲かせている。花の期間は短くて咲いたと思うと翌日には精気がなくなっている。鉢植えのせいだろうか。まだ、肥料もやっていないから、それが遠因かも知れない。

しかし・・・いい!花はいい、バラはいい!・・・こうして終われば又つぼみを作るのだから・・・

新聞の記事に、絵本編集者・末盛千枝子さんの講演会の記事が9日に載った。その中で、翻訳絵本「あなたのひとり旅」を読んで、心から泣くことが出来たという、友人からの手紙を受取ったという。

長年連れ添った老夫婦の死別の話だ・・・こう書かれていた。俺は早速○○ゾンに注文、届いた絵本を直ぐに読んだ。

002 

003 

絵を描いたのはゴフスタインで、ジョン・ハートフォードの歌う”Your Lone Journey”を聞き、自分の考えていた愛とか結婚とはこれだと思って数年、やっとここの絵を描いたのだそうだ。

Your・・・即ち「あなたのひとり旅」、訳したのは詩人の谷川俊太郎だ。初版が2012年2月。12㌻の薄い絵本で、文字も1㌻1~2行。絵はクレヨンだろうか・・・温かみのある絵だ。

二人には何年も幸せなときが続いたけれど、ついに一人が旅立ち、一人が残されるときが来たのだ。表紙を開くと言葉と絵が、後に残る悲しみと寂しさを余すところ無く描いて、それでも愛は、死によっても失われることはなく、この世での寂しさはいっときのも・・・こう記述されている。

俺は最高の絵本を手に入れた。絵本は文字が少なく、余白が多い分、その空白の行間にいろんなことを思い、考える事が出来る。少々高い絵本(1,800円)とは思ったものの、この先は後になるか、先になるかのことである。遠い先の話でないことだけに、しみじみとさせられた絵本である。

|

« 稲刈りスタート | トップページ | 憧れは・・・AKB・ASJ »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

高齢者の仲間として、高齢者が増えた増えたと言われると、喜ばれているのか、早く死ねと言われているのか、妙な感覚になります。
昔を思えば、じじを含め今の高齢者は身も心も若いですから、どうしても増えますね。

縁あって夫婦になりましたが、いづれ別れが来ると思うと寂しくなります。じじは寂しいのは嫌ですから、早く逝きたいですね。こればかりは、運命の神様に聞かなければ・・・。

投稿: 京じじ | 2016年9月21日 (水) 07時56分

おはようございます

 心の奥に沁み入る絵本ですね。
わたしも、もし後に一人残されたとしたらきっとこの絵本のこと思い出すと思います。
その時はきっと手にしていると・・・。
そんなことを思いました。

投稿: みい | 2016年9月21日 (水) 09時40分


京じじ 様

今では65歳からが高齢者とされていますが、少し早い呼び方のように思います。
いづれどちらかが先・・・等と考えないで先ずは生きたいですね。

投稿: でんでん大将 | 2016年9月21日 (水) 22時46分


みい 様

いい絵本だと思います。
絵本は文字が少ない分、絵が中心の本ゆえ・・・いろいろ考えることになります。それがいいのですよね。
いい絵本に出会いました。

投稿: でんでん大将 | 2016年9月21日 (水) 22時49分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1268142/67588649

この記事へのトラックバック一覧です: 敬老の日を思う:

« 稲刈りスタート | トップページ | 憧れは・・・AKB・ASJ »