« 書斎の窓から | トップページ | 「いい顔!」 »

きょうは秋の例大祭

我が地域の産土・久斯(くし)神社の例大祭が、晴天の下sunきょう行なわれた・・・昨日、宵宮では当番丁まで巡行が行なわれ、きょうは神が神社に戻られた・・・

氏子約150名、6つの集落の秋の例大祭、祀られているのは薬師如来、所謂薬師様という薬の神ということに。それでも、この地域の安泰と稲作の豊作を祈願する神でもある。巡行は、当番丁の人たちは裃を着用しての”お帰り”だ。

003 

004 

006 

俺は平成26年、

   担ぎ手のなければ未だ若者と呼ばれて村のお御輿かつぐ

と詠んで国民文化祭で最高賞の文部科学大臣賞を頂いた。あの歌が、しみじみと思い出された。

また、秋田市の弥高神社の献詠祭での特選に選ばれた歌は・・・

   父に継ぐわれ猿田彦祭礼の道払ひて行かな

であった。父もやったことのある猿田彦、その大役を務めたときの短歌だ。

011 

012 

巡行が終ると「シャギリ」が、各集落を廻る。小学生の太鼓たたき(本来なら女装の着物を着るのだが、今年は半纏だった)が中心で、笛や三味線が囃子となる。そして、跳ねっとが気勢をあげる。

家々から出される酒の勢いもあって・・・持つのは鉦で長い釘で調子をとる、拍子の合い間には奇声を上げる。子ども達がいると追いかけて、「セッチョウ」など声を出し、場合によっては持っている釘で頭をちょん!でも、それは今では禁止された。

俺は、叔父さんの不祝儀に参列したので、きょうはカメラの望遠レンズで祭礼を見守った。

今晩はおまけとして・・・俺が猿田彦をやったときの写真、写真をカメラで撮ったので、うまい具合にボケてくれた。

001

|

« 書斎の窓から | トップページ | 「いい顔!」 »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

伝統行事を継承していくのは、大変な時代になりましたね。でも、少しづつ簡素化されながらも末永く続いていくことでしょう。

投稿: 京じじ | 2016年9月12日 (月) 07時59分

秋祭りの季節ですね。
その土地土地で行事があって・・
ホント、ずーっと続くのでしょうね。
これからの、秋祭り楽しみです(≧◇≦)

投稿: ヒナタ | 2016年9月12日 (月) 14時41分

どこも秋祭りの時期です。
当たり前のように続けていくのはどこも大変です。
そういえば、神社に如来が祀られて御神輿に乗ってるんですね。
神仏混淆なんですね。

投稿: おっぺら | 2016年9月12日 (月) 23時08分


京じじ 様

人が減って以前のような巡行が出来なくなりました。これも今の世ということでしょう・・・か?

投稿: でんでん大将 | 2016年9月12日 (月) 23時58分


ヒナタ 様

この祭りが終れば、いよいよ稲刈りです。その前のしばしの楽しみです。
でも、かつての様とは随分と変わりました・・・

投稿: でんでん大将 | 2016年9月13日 (火) 00時00分


おっぺら 様

そちらでもお祭りだったようですね・・・
薬師如来・・・昔は拝んで病の治癒を願ったのでしょう、ですから元々は仏様なんでしょうね。

投稿: でんでん大将 | 2016年9月13日 (火) 00時02分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1268142/67450167

この記事へのトラックバック一覧です: きょうは秋の例大祭:

« 書斎の窓から | トップページ | 「いい顔!」 »