« 人生亭気楽駄朗氏の笑い | トップページ | 台風には安堵したものの »

米にならない”稲”刈り

猛烈な台風10号が接近している。夏の台風は迷走台風があるとは聞いていたが、今回の10号台風は正しくそのごとくである。発生しては南下し、今度は勢力をましてUターン。予報では明日東北地方に上陸のようだ。先の台風は北海道に上陸、今度は東北に!

こんなことは初めてだ・・・やはりこれも地球の温暖化によるものだろう。風も強く、更には雨量も記録的なものになるだろう・・・わざわざUターン等して来ては、全く有難迷惑なのだが・・・

朝、起床したら結構な風だった。さてはもう来たか!そう思ってテレビをつけたら、まだ八丈島だった、それでもこんなに風が強いとなると、やはり大型の台風なのだろうと、ぞっとした・・・予報では、秋田県は暴風圏にすっぽり入る・・・ああ、神様・仏様!何とか被害がでないように・・・

001

台風の襲来を前に、県内でもきょうは果樹などのもぎ取りも行なわれたようだ。りんごやブドウ等・・・しかし、まだ収穫期に遠い作物では、ただただ台風を見ていることしか出来ない。

わが集落では稲刈りが始まった。別に早生の稲でもなく、収穫期になったからでもない。稔る寸前に刈り込んで、牛の飼料にする「ホールクロップ」というのだ。稲の全てを刈って、それをすっぽりとビニールで覆う。

ホールクロップ・・・つまりは米を取れない稲なのだ。

002

なぜ???実はこれもひとつの転作なのだ。今、秋田県の稲作農家は、持っている田んぼの約40%近くを稲以外の作物に転作しなければならない。それが出来ないと、つまり割り当てされた転作が出来ないと互助金として、代わって多くを転作してくれる農家に金を払うシステムに当市はなっている。所謂、互助会を市全体でやっている。

きょうの稲刈りは従ってその転作なのだ・・・

俺の場合はほとんど作付けしているから、互助金を払っている。ところが、全体でも割り当てされた市の全体の転作面積がクリアできず、俺の場合は備蓄米として出荷をさせられる、安い米にJAから買われるのだ。

007

田んぼに別の作物を・・・これも容易ではない。それをこなすために新たな機械の導入もしなければならないし、また、湿田が多いのでいくら暗渠工事に市が助成するとは言っても、さらには労力的にも、新規の作物に移行するのは大変なのだ。

それに野菜では相場がある。出荷して二束三文の場合も出てくる。結果、まじめにやっていては費用が嵩むだけなのだ。それだったらと、転作もきっぱりと取組むわけにはいかない。新たな作物に取組むには、大変な労力とお金がかかるのだ。

009

夕方、金浦港に行ってみた。夕日をみるつもりで出かけたが、真っ赤な夕空ではなかった。どこかしら不気味な色合い、雲もどこかしら重く圧し掛かってるみたいだ。これも台風の接近を暗示している空か!!!

今夜ももう午前0時になろうとしている。まだ強い風でもなく、雨も降ってはいない。

|

« 人生亭気楽駄朗氏の笑い | トップページ | 台風には安堵したものの »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

おはようございますraincloud
台風の進路が気になりますね。大事ない事を願います。
なるべく右にそれますように。m(_ _)m

投稿: 草もみじ | 2016年8月30日 (火) 07時33分

台風が大きな被害をもたらさない事を祈るばかりです。

昨日NHKの9時のニュースで農林大臣がインタビューを受けていまして、その中で日本のおいしい米を海外にどんどん輸出すればいいんだと言っていましたが、現場の置かれている実情とはかけ離れているように思うのですが、政府はどのようにコメ政策を進めようとしているのか、全くわかりません。
備蓄米にするなら、大臣が言うようにどんどんと輸出しろと怒鳴りたいぐらいです。

投稿: 京じじ | 2016年8月30日 (火) 09時11分

でんでん大将さん
typhoon被害が出ませんようにm(_ _)m
掃除代金、福沢さんが置いてありますようにsmile
sign03転作問題sign03
我が家は、自己保全scissors
我が家の転作分を引いて、
作りたい農家さんに、
ご利用いただいていますgood
地区全体クリアーで、
やっと補助金が出るシステムweep
農家いじめですよね(`ヘ´) プンプン

投稿: ちかよ | 2016年8月30日 (火) 09時41分

おはようございます

 正に迷走台風ですね!
地球環境の悪化かもしれません。
温暖化、もとは人間のせい?ですよね。

強い勢力を保っている台風とか、被害の無きことを祈るばかりです・・・。

農家さんのご苦労を想います・・・

投稿: みい | 2016年8月30日 (火) 10時44分

こんにちわ。

関東は、昨夜は暴風雨でした。
関東の東側を通過しましたが、大型なので
都会の道路は、濁流で車も動きません。

明け方には静かになりましたが、
何と、東北地方に向かっています。
宮城県に上陸するようで、進路は北東に・・・・。
秋田県、心配です。
勢力は少し弱まっていますが、大型ですから、、、、
被害が出ませんように。 祈ってます。

投稿: hana | 2016年8月30日 (火) 14時45分

収穫時の台風進路を心配しておりましたが、迷走台風10号はとうとう岩手県に上陸してしまいましたね。
でんでんさん所は大丈夫でしょうか?
この時期の台風には泣かされますね。

投稿: yasu | 2016年8月30日 (火) 20時56分


草もみじ 様

お蔭様で、台風が予想よりそれてくれたので、被害もなく台風は過ぎ去りました。

投稿: でんでん大将 | 2016年8月31日 (水) 22時09分


京じじ 様

お蔭様で台風は無事に過ぎてくれました。

机では口ではどんなことも出来ます、どんなこともやれます。しかし、理解頂いているように、「輸出」たって簡単にはいかないのです。確かに、農家自体も変わらなければならないこともあります。
年々変わる農政、翻弄されているのは農家です。

投稿: でんでん大将 | 2016年8月31日 (水) 22時20分


ちかよ 様

お蔭様で、台風は進路をやや変えてくれたので、わがまちではまったく被害はでませんでした。
田んぼは自己保全ですか、それもありますよね、ただ、田んぼは稲作用になっていますので、畑化も簡単にいかず、牧草なでで転作していますと、次に田んぼにするのはほぼ不可能になります。だから、俺は安いが備蓄米、また、青刈り等、いつでも田んぼに出来るような転作で対応しています。

投稿: でんでん大将 | 2016年8月31日 (水) 22時28分


みい 様

有難うございます。お蔭様で無事に台風は去ってくれました。
今回は稲も潰されるな、一時は覚悟しましたが、よかったです。

投稿: でんでん大将 | 2016年8月31日 (水) 22時31分


hana 様

暴風の夜のようでしたが、被害はありませんでしか。俺のまちは幸いにして無事でした。予想外のおとなし風でよかったです。鳥海山が防いでくれた気がします。

投稿: でんでん大将 | 2016年8月31日 (水) 22時36分


yasu 様

稲刈りを半月に控えての台風の襲来予想は頭の痛いものでした。ところが、進路がやや東向きになったこともあり、わがまちでは直撃されずにすみました。

投稿: でんでん大将 | 2016年8月31日 (水) 22時41分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1268142/67248209

この記事へのトラックバック一覧です: 米にならない”稲”刈り:

« 人生亭気楽駄朗氏の笑い | トップページ | 台風には安堵したものの »