« 森林祭典&青田廻り | トップページ | 心配はあしたの天気? »

消防団活動で知ったこと

万が一、火災が発生した場合、のきならぬ災害が発生した場合、常勤の消防はあるものの、地域の非常勤の消防団の存在も大きいものがある。

しかし、かつては全国で約200万人の消防団員がいたものの、昨今では80万人まで減っているようだ。当市にあっては、定員の約600人が満たされていない。

他に仕事を持ちながら、消防団活動をする、本当に崇高な方々だと頭が下がる。そのような消防団の訓練大会が行なわれた・・・

005

002

きょうは朝から時々の小雨、そして、肌寒い天気。その中での訓練大会であった。大会は「小型ポンプ操法」と「訓練礼式」。これに「ポンプ車操法」。いづれも的確な動作、正確な操法等が採点の基準となる。

結果、歴史のある班・部が入賞を果たした。

007

俺も若い頃、その団員のひとりであった。当時は、各集落に「部」として組織されていて、学校を卒業すれば、半ば強制的に入部させられた。ほとんどの人はそれに抵抗もなく入部していたようだが、俺は反攻もした。第一、強制的なやり方に対してであった・・・

思えば若い頃から、”抵抗分子”ということだったようだ。俺が抵抗したのは、入部にあたってきっちりとした説明がなかったこと、他に仕事を持っている訳だから、明確な身分等の説明を求めたのであった。

入部すると、まるで軍隊だ。上には絶対服従、酒の買出しまで命令される、終れば後始末。それに絶対に入らないという人もいて、集落の中でも扱う「差」があって、どうしても理解出来なかった。

010

ところが・・・10年、20年になると、部の中でも自分の立場が理解できるようになった。また、軍隊的な命令は、自らの命を護るためにも従うということの重要性も認識出来た。火に飛び込んだり、災害の危険性に身を置かなければならない時もあるのだ。

そして30年・・・この中では、操法団員も何年かやり、その後、部長としての指揮もとった。残念ながら良い成績はなかったが、退団して始めてこの組織の有効性をさらに知ったことになる。

俺は大きいものは好きになれない。強いものには抵抗がある。だから、そうした組織にはいつも抵抗している。大きな中にいれば楽だし、特別難儀しなくても護られるから本当に楽だ。でも、俺は大きな組織に入って甘えたくはない。まったく損な?気質なのだが、俺の生き方だから仕方ない。

ただ、消防団にあってはこれまでの人生の中で、自分を大きく磨かせて頂いたと思っている。その後も在団してとの要請も頂いたが、途中で病気を得て、30余年の消防を退団した。退団にあたって、消防長官からの感謝状を頂き、俺の誇りにしている。

|

« 森林祭典&青田廻り | トップページ | 心配はあしたの天気? »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

じじの地域にも消防団が結成されていますが、入団する人がなく団員は60歳以上がほとんどで、ここでも高齢化が進み、常に募集しています。
都市部では消防署の機能、活動が精鋭化していますからね、地域の消防団の存在をどう位置づけるかが問題とも思います。
大将は消防団での活動がその後の人間形成に一役買ったようで、意義ある団員生活だと思いますよ。

投稿: 京じじ | 2016年7月11日 (月) 08時08分

でんでん大将さん
消防団員最近は、婦人部が活躍していますscissors
火災現場は、上層部がどこを消火するか判断しますよね。
大変なお仕事ですm(_ _)m
これからは
火災を出さないように、
消防団に協力しましょうgood
danger古い家電は危ないよdanger

投稿: ちかよ | 2016年7月11日 (月) 11時03分

消防団。ここも田舎だけど、もっと田舎にいかないと
消防団はないかもです。
場所により、古くからある地域にはありますね。
今まで、持家じゃなかったから~地域にかかわる事が
少なくて~これから、本腰を入れるところです(笑)

投稿: ヒナタ | 2016年7月11日 (月) 15時16分

わが村の消防団の方々にも、火事から地域の人々を守るという大切な仕事をしてもらってます。「火の用心」と言って年末は回って火の始末をするように呼びかけていらっしゃいます。いざ火事が起きると仕事場から飛んでいかなければなりません。が、実際仕事によってはそれができない人もおられます。地元に努めている人に限られてきてしまいます。前は農業をしている人が多かったのでみんな入ってましたね。軍隊は国を守ると言いながら他国に侵略していってます。消防団とは全く違いますがやり方はどちらも命がけですから上からの指示で素早く動かなければならないことです。ごくろうさんでありがたいことと思っています。

投稿: はるか | 2016年7月11日 (月) 22時29分


京じじ 様

文句言いながらの消防団人生でしたが、終ればいくつか俺の血になり、肉になってあったのか、有難いものでした。

投稿: でんでん大将 | 2016年7月12日 (火) 00時18分


ちかよ 様

当市でも女性の団員がおります。
かつて、消防は男のみで服装も黒だけでしたね・・・

投稿: でんでん大将 | 2016年7月12日 (火) 00時20分


ヒナタ 様

ここだって負けない田舎です。
文句タラタラの消防人生でしたが、振り返れば有難い人生経験でした・・・

投稿: でんでん大将 | 2016年7月12日 (火) 00時22分


はるか 様

部長に命じられたときは、指揮者の命令の言葉を軽トラのハンドル切りながらも、暗記に精一杯でした・・・

投稿: でんでん大将 | 2016年7月12日 (火) 00時24分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1268142/66444648

この記事へのトラックバック一覧です: 消防団活動で知ったこと:

« 森林祭典&青田廻り | トップページ | 心配はあしたの天気? »