« 蛙の視線? | トップページ | ああ・・・取れどもとれども。 »

喜劇映画であれども・・・

わがまちに映画館はない。隣りの由利本荘市にもそれがない。映画好きな俺は、観たい映画があれば、往復3時間ほどかけて秋田市や酒田市まで行くことになる。

3月・・・これを観たいと思っていた。が、花粉症やら農作業もあって見逃していた1本であった。由利本荘市の文化施設で、午後から1回上映するというのだ。天気も梅雨空なので、からだを小さくしなくてもいい。妻も観たがったのだが、村で「鳥海山講」があった・・・

003_2その映画は・・・

家族はつらいよ」だ。ご存知の山田洋次監督の作品だ。それを午後から観に行った・・・

このまちで映画を上映するのは久々だ。かつても俺はここで「起終点駅」を観た。きょうは山田監督作品とあってか、100人ほどの観客であった。

上映が始まった・・・

映画のシーンは家の中が多かった、そこでの役者の会話や行動に、場内から笑いが漏れる・・・そんなシーンがいくつも出る。

しかし、笑いの中にも自分と重なるシーンもあって、俺は笑えない部分もあった。一応、喜劇映画であるから、始まりから笑いであっても・・・

発端は平田周造夫婦の会話から始まる。その日は周造の妻・富子の誕生日だったが忘れていた、妻に何のプレゼントがいい?尋ねると・・・

妻から出たことばは・・・「離婚して下さい」

こうして物語は展開していく。この夫婦を演ずるのは、橋爪功と吉行和子。結婚して50年を迎えようとしていた。いくら惚れあっていっしょになっても、50年の間には小さな隙間もでるのは当然か。ひとつ気に入らないとそれが海に注ぐ川のように、一気に海に流れ出る。

周造の仕草を見ていると、ああそれは俺もやっているな、あまりにも夫婦だからと言って、気を使わないのも隙間を広げる要因にもなるのだ・・・だから、周造に自らを投影しながら、ハラハラしながら観続けた・・・

当然のように場内からの笑い声・・・でも、俺みたいな人はいないのか。笑いといっても「ホホホ」ぐらいなら同調するのだが、「アハハハハ」等になると、デリカシィがないなとも思ってしまう

身につまされることないのだろうか、それは俺だけなんだろうか・・・おかしいけれど、哀れさを感じないのか、同情の気持ちは起きないのか、悲しくはないのか、俺は過剰なのか・・・

001_2

俺は思うのだ、喜劇そ人を悲しませるのではないかと。俺も笑った、でも笑いながらも息苦しさも感じていた俺だ。

最後に・・・周造が妻にさりげなく語ることばに、今度はおれは涙した。

ラストシーン、役者の名が出始めたら多くの人が席を立った。俺などは最後の余韻を感じたいがために、場内に明りがついてから席をたつのだが、きょうも高齢の婦人が多かった。他人のこと等かまうことなく、しかも話をしながら出て行く・・・

まったくマナーもない。少々怒りが胸の中に点灯したが我慢をして、照明点灯後に席を立った・・・

 (写真は映画のチラシ、下は我が家の座敷の床の間、立っているのは俺ではありませんから、念のため(ノ∀`)・゚・。 アヒャヒャヒャヒャ・・・短歌大会で頂いた短冊を前に・・・)

| |

« 蛙の視線? | トップページ | ああ・・・取れどもとれども。 »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

映画のポスターを見ているだけで、家族のこもごもが感じられるような映画ですね。
長く家族をしていると色々と出てきますよね。でも、年月を経て出てくるのは、若い時に家族にどのように接していたかと思いますね。

何だか、じじもこの映画を観たくなりました。

投稿: 京じじ | 2016年6月26日 (日) 07時31分

でんでん大将さん
喜劇映画でお勉強されたんですね
奥様に、お勉強の成果をm(_ _)m
こちらは、
明日(朝BS37時45分)
火野正平さんが秋田県をで走ります。
夜は火~金19時からとうちゃこ版

もしかしたら出演している

投稿: ちかよ | 2016年6月26日 (日) 10時48分

たまに、うちらもありますね。センターとかホール
とかに、映画が来る(笑)
確かに、余韻は大事ですね^^
ふと、今までどうしてただろう??
明るくなってから、外に出てたと思う

投稿: ヒナタ | 2016年6月26日 (日) 13時09分


京じじ 様

ストーリィに笑いながらも、ああおれもそうなんだナって思い、笑うどころか・・・反省しきりでした。

投稿: でんでん大将 | 2016年6月26日 (日) 22時35分


ちかよ 様

そのようですね・・・何かで鳥海山・・・って声がしたので、テレビをみたらわがまちを火野さんが走るようです。残念ながら、俺の出番は・・・ありません(゚ー゚)

投稿: でんでん大将 | 2016年6月26日 (日) 22時39分


ヒナタ 様

滅多に来ない映画です。だから、秋田市まで出かけなければなりません・・・いい映画でした。

投稿: でんでん大将 | 2016年6月26日 (日) 22時41分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 喜劇映画であれども・・・:

« 蛙の視線? | トップページ | ああ・・・取れどもとれども。 »