« 叔母さんからの贈り物 | トップページ | 水田にたつ鳥海山 »

「たつこ像」にあう

日本一深い湖「田沢湖」、水深は423mだから東京スカイツリーもすっぽり潜る。この湖岸に金色の色を纏い、「たつこ像」は水の上に静かに立っている・・・

009_2 

製作者は船越保武氏、昭和43年4月12日の序幕。

永遠の美貌を願ったら、北に湧く泉の水を飲めとのお告げあり、彼女は飲んだのんだ・・・するといつの間にか龍になっていたという、そこで湖底に沈んでいったという伝説、そのたつこのブロンズ像は、遠景の駒ケ岳を背景に立っている・・・

015 

それはまるで「湖神」か、波静かな湖面に物憂げな顔で立ち、正しく神秘的な美を見せている。

何年かぶりで、俺はきょう「たつこに体面」した・・・

014 

神秘的な湖面に果たして金色の像は合うのか、違和感がないのか、設立当時そんな論争があったことを、うっすらと記憶している。しかし、今ではすっかりと定着した感があり、神秘の湖に相応しい。

今、この湖にはかつて泳いでいたクニマスが、西湖で確認され、一時は幻の魚になったが、奇跡的に発見されて話題になっている。これに貢献されたのは「さかなくん」fish早速増やそうと研究しているようだが、困難を極めているようだ。

玉川の強酸性水で魚が絶滅したこの湖にクニマスは果たして蘇るのか・・・秋田県民、このことに注視している。

011 

それをまた、このたつこ像は見守っている・・・過去の古い歴史の時間と、未来を創造できるかどうかの時間を・・・黙って見詰めている。

きょう実は小学4年の孫は出校なので、俺は片道1時間15分かけて彼を学校に送り届け、下校時間までに時間があったので、田沢湖に寄って見た。他に刺巻湿原の水芭蕉、西明寺のかたくりの咲く場所に行ってみたが、それはいづれも時期は過ぎていた・・・

明日からは世間はGWの後半である・・・

|

« 叔母さんからの贈り物 | トップページ | 水田にたつ鳥海山 »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

昔、東北地方に一人旅したことがあります。その道中に田沢湖にも寄りましたが、その時「たつこ像」を見たか記憶が曖昧です。除幕が昭和43年、微妙です。
今、その一人旅の道筋を思い出しています。
懐かしい青春時代です。

投稿: 京じじ | 2016年5月 3日 (火) 08時15分

かれこれ25年前に田沢湖に行きました^^
遊覧船とかに、乗った記憶が、懐かしいです。
お孫さんの送り迎え~ご苦労様です。(≧◇≦)

投稿: ヒナタ | 2016年5月 3日 (火) 11時18分

たつこ像懐かしいです。以前は何回も見ましたが、もう20年以上も見ていません。
盛岡に住んでいた頃田沢湖にはよく出かけました。乳頭温泉に行ったついでに。
秋田駒ヶ岳にも数回登りましたし田沢湖スキー場にも滑りに行きました。
田沢湖の魚は絶滅したとのことでしたが最近発見されたのですか?知りませんでした。また再び戻ってくるといいですね。

投稿: おっぺら | 2016年5月 3日 (火) 12時46分


京じじ 様

ひとりで東北地方を廻られたんですね・・・きっと「たつこ」とも対面されたと思います。

投稿: でんでん大将 | 2016年5月 3日 (火) 23時38分


ヒナタ 様

田沢湖・・・良き思い出がいっぱいあったと思います。

投稿: でんでん大将 | 2016年5月 3日 (火) 23時39分


おっぺら 様

かつて生息していたクニマスが、酸性水が田沢湖に入ったので絶滅したようです。
ところがかつて田沢湖から西湖にクニマスを送っていたらしく、最近、西湖のクニマスは田沢湖に生息していたものだと判明しました。

投稿: でんでん大将 | 2016年5月 3日 (火) 23時43分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1268142/65281983

この記事へのトラックバック一覧です: 「たつこ像」にあう:

« 叔母さんからの贈り物 | トップページ | 水田にたつ鳥海山 »