« 道の駅「ねむの丘」 | トップページ | もうひとつの「嵐」 »

かなしいこと。

昨夜もまた雪が降った・・・しかしやはり春の雪。すっかりと融けたわけではないのだが、日中屋根から融けて落下する。その音が時々大きく響く。

俺はきょうはかなしいことを書かねばならない。まちの恥でもあるから書くまいか?随分と悩んだ。しかし、こんなことがもう起きてほしくないから、正直に書こうと思う・・・

001 

昨日の早朝のことだ、午前4時半頃。電話がなった・・・驚いて起きるとFAXだった。それを見て驚いたsign03まちの消防団団長が、酔って代行に乗っていたのだが、後部から代行運転手を殴り、その運転手が団長を提訴している・・・その切抜きが俺に送られて来たのだ。

それは東京新聞だったのだが、きょうの地元の新聞にも掲載された・・・いくら酔いのこととは言いながらも、消防団は非常勤の職員だ。ましてや消防団のリーダーだ。現在、「殴った」「殴らない」と互いに主張しているようだ。しかし、運転手は後遺症も出て、しびれなどの症状があり、4百万円ほどの請求もしているという。

002 

果たして暴力があったのか、否かははっきりしない。一方は酔っていて記憶もあいまいのようだし、運転手の言い分が正しいのかどうか。しかし、立場が立場だけに疑われる行為は重大なことだ。

紙面では、これを市長が「取り合えず、厳重注意処分をした」とコメントを出している。それも事件が起きたのは昨年の2月、市長が処分したのが6月という。この間、団長側では運転手に30万円を払っているとも書かれている。

004 

わがまちは合併して昨年10周年を迎えた。ところが不祥事が相次いでいる。

市長選の報復と思われる2年前、市長が相手側を支援した代表の某組織に、例年出していた補助金を半減するということがあった。権力の乱用だ、立場を利用した報復だ・・・等とこれも大きい記事となり、このことでは全国に汚名を宣伝してしまった。

その他には、消防職員のやはり暴力事件も発生した。そして、今回もまたそのような事案だ。だから、わがまちは前近代的なまち、暴力のまちとして世は捉えることになるだろう。まったく恥ずかしい、まったく呆れたわがまちだ。

今回もまた、まちのトップにも責任があり、むしろその方に大きな責任があるとさえ思う。そのようなことがありながら、新聞に載るまで隠し続けてきた。これで開かれたまちなどとどうして言えるだろう・・・

市長の不祥事にあたっては、俺はある行動をした。今度もなんらかの行動をしないと、まちは物笑いのまちになってしまう。限られてはいるものの、黙っていてはわがまちは「暴力のまち・弾圧のまち・沈黙のまち」になりかねない。市民の一員として、沈黙してはいられない。

|

« 道の駅「ねむの丘」 | トップページ | もうひとつの「嵐」 »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

大将の所だけではなく、どこの町でもあります。
とりわけ、公職に身を置いているものには、常に市民の目があることを肝に銘じて行動しなければなりませんね。
今回の事案のタクシーの件ですが、今はドライブレコーダーが車載されていますから、暴力があったかはすぐ分かると思いますよ。
ただ、それを隠していたのが、問題ですね。

投稿: 京じじ | 2016年2月29日 (月) 07時10分

もし殴ったとしても運転手が殴られるような事を言ったり、腹の立つような態度をとったのかもしれません。真偽は謎ですが運転手にとっては自業自得でしかありません。
選挙というのは、そのような「我善し主義」をはらんでいるとしか思えません。いずれにせよ悪事は必ずばれるし、責任も必ずとらされることになります。
悪人の中で善人は光り輝く!、これです!、行動こそ第一です。わたしも何かしなければ!

投稿: どぶろく | 2016年2月29日 (月) 18時49分


京じじ 様

今はそのような装置のついたタクシーはありますが、代行ですから、本人の車を運転です、果たしてついてあったのかどうか・・・?
それにしても疑われること事態、問題でしょうね。

投稿: でんでん大将 | 2016年2月29日 (月) 23時24分


どぶろく 様

どのような情況であったのかは、今ですから「殴った」「殴っていない」の言い争いでしょう。でも、消防の団長は非常勤でも公務員です。疑われる行為、それ事態が問題だと思います。

投稿: でんでん大将 | 2016年2月29日 (月) 23時29分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1268142/64194176

この記事へのトラックバック一覧です: かなしいこと。:

« 道の駅「ねむの丘」 | トップページ | もうひとつの「嵐」 »