« 熱燗や・・・ | トップページ | 悲しさを力に代えて・・・ »

雪の出前等

昨日、きょうと秋田県から都内等に出前されたものが、新聞で紹介された・・・

ひとつは「雪snow」である・・・

秋田県の横手市、ここでは小正月に雪で「かまくら」を作って、観光客をもてなす。このかまくらは、昨年、俺のブログでも紹介させて頂いた。このまちでは、PRのために、あちこちに雪を運んでいるが、一昨日もまた「雪」を横浜市に運送したという。運んだ雪で「かまくら」を作るのだ。

020 同市では、今後も5県7箇所に雪を運んで、横手の風物詩をPRするようだ。横浜市に運んだ雪はトラック3台の雪だ。

言わば「雪の出前」である。

この雪でかまくらを作るのだが、かまくらを作る、「かまくら職人」や市の職員も現地に向かうとか。かまくらの中には水神様を祀るのだが、出前かまくらでも同様に作るようだ。

004

今年はいづこも雪が少ない。横手市でも同様だが、今回は秋田ふるさと村の駐車場から運んだようだ。横浜市では、運んだ雪のかまくらを”八景島シーパラダイス”に作るようなので、市民の皆さん!どうぞ足を運んでください。

もうひとつは・・・「能代市の不夜城」だ・・・

005 日本各地の祭りや食を集めた「ふるさと祭り東京2016」。ここに能代市から参加したのが、七夕行事「天空の不夜城」という城郭灯籠。

高さは24.1m、日本一を誇る城郭だ。

東京ドームで行なわれていて、この雄姿は12日まで観られるとか。尚、13日からは、羽後町の西馬音内盆踊りが、さらに14日からは、秋田市の竿灯も出演する。

東京のみなさん、関東地方の皆さん、一足早い秋田の夏の夜を楽しんで下さい。

わが集落恒例の春祈祷が、久斯神社で行なわれた。厄年の方や家族の無病息災を願っての行事だ。今年は参加者も多く、午後1時半から行なわれ、俺も列席し村の発展、家族の息災を祈念した・・・

007

神主は同級生だ。彼は終りに何事も当たり前でない事が多い昨今だ、当たり前のことはそれを護っていかなければならない。だめなものはダメという姿勢で1年を過ごしてほしいと述べた。最後にお神酒を頂き散会した。

平穏な年であってほしいものである。

|

« 熱燗や・・・ | トップページ | 悲しさを力に代えて・・・ »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

カマクラ、子供のときから憧れでした。
関東で雪が降っても、けっしてつくれないカマクラ。
素敵な文化ですよね。
私も一度観光用のカマクラの中に入ったことがあるのですか、あの神様は水神様だったのですね。
勉強になりました。

投稿: しげまる | 2016年1月 9日 (土) 23時56分


しげまる 様

その地方ならではの風習がどこにもあると思います。秋田では、冬はどうしても雪と向き合うことになります。そんな時に、雪を楽しもう、それが「かまくら」の走りなのだと理解しています。
その中には「水神様」を祀っていますが、雪は水でもあります。農業には絶対必用な水、水の化身が雪ですので、それを祀っているのです。

投稿: でんでん大将 | 2016年1月10日 (日) 12時06分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1268142/63390298

この記事へのトラックバック一覧です: 雪の出前等:

« 熱燗や・・・ | トップページ | 悲しさを力に代えて・・・ »