« 湯野浜温泉にて | トップページ | 食味値が「A」 »

いっぱいの餅の花

かつて小正月には、わが集落ではこんな予祝行事が各家々で行なわれた。それは、エノキの木に花形にした餅を枝にさして豊作を祈ったのだ。所によっては、柳の枝に餅を吊るして枝垂れさせた地域もあった。

しかし、昨今小正月は実際にはなくなり、行事もいつしか消えた。

我が仲間達は、それを復活させて彼これ5年になった。昨日も午後から、切って来たエノキに紅白の餅花を飾って、そのあと豊作祈願を行なった。

007 我が家でもそれを行なっていた。祖父がこうしたことが好きだったようで、雪が降る前に根張りのいいエノキを探しておいて、小正月近くになるとそれを切りに行った。

ところが、こうしたことが多くの家で行なっていたころは、折角目印つけておいても、誰かから先に切られていたこともあった。

いづれ欄間にこの木を飾ったので、枝振りがいいもの、根が大きいものなどで、花を咲かせるエノキは選ばれた。

色は白だけだと見栄えがしないから、赤い餅の花も作った。色は紅しょうがを入れて赤くした。搗いた餅はソーゼージのように長くのばし、それに縦に割り箸などで花のくびれをつけた。翌日、固まったそれを切った・・・そう、金太郎飴のように。

001

切った餅の花には枝に刺せるように中ほどに穴をあける。そして、枝枝に紅白を見栄えするようにつける。我が仲間達は、花を切る人、穴をあける人、枝にさす人・・・それぞれ分担し、三合ほどの餅花を飾った。

以前は、こうしたわれわれの餅花飾りが新聞で紹介された。いろんな小正月行事がある中で、この餅花飾りはどこかしら風流である。かつての村人は、この餅の花を飾って豊作を祈願したのだろう。それに、雪一面の世界に彩がほしかったのではないか。そんなことも想像される。

004我が集落にそれは残っていないが、雪で埋もれる村々では、2月に「花見」をするところもあった。実際には花などはまったくないこの時期のことだ。

こうした餅の花を飾っての花見、花を見ることを口実にして、実は呑む機会をもったんだろう・・・

今年の木は立派だ。下からも枝が出ていて、花がこんもりと咲いたように見える。株をみると、以前誰かが切った後だ。そこから再び萌芽して枝になったようだ。

スーパーへの買出しは俺の任務?ごぼうや油揚げ、缶ビール等など・・・

調理は代表で俺はその助手?

4時半からは懇親会。オードブルに雑煮餅、小豆餅としての餅も皆でいただいた。酒飲みのくせに、小豆餅??それはでも俺だけではなかったdelicious

009_2

今年もやった~出来は最高だ!皆々そう言い合って酒もはかどった。今年も豊作になってほしいものだ。

|

« 湯野浜温泉にて | トップページ | 食味値が「A」 »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

お見事、満開の桜のようですね。枝ぶりもいいです。
このような風習は残していきたい行事ですね。その後の懇親会も仲のいい仲間と酌み交わす、たまらないでしょう。

投稿: 京じじ | 2016年1月14日 (木) 07時52分

懐かしい餅花。
私も小さい頃祖父、父が木を切ってきて、餅花にしました。白い餅を細長く伸ばしてくるりと枝に巻き付けるだけでしたが、巻き付けると枝が垂れてきて、稲穂のようになり、豊作を祈る意味が分かりました。そしてしばらく飾っていて硬くなった頃、枝から外して炒ってもらって食べました。今は餅花をする家はないでしょうね。うちもしません。こちらでは何の木を取ってきていたのでしょうね。今となって聞く人もいません。

投稿: はるか | 2016年1月14日 (木) 11時54分


京じじ 様

こうした後での呑み会はたまりません。酒がはかどりましたよ・・・smile

投稿: でんでん大将 | 2016年1月14日 (木) 20時21分


はるか 様

そちらの方でもこのような行事が行なわれていたのですか・・・わが地域では、我が家のように「エノキ」の木に紅白の花に模した餅をつけました。また、柳の木にひょうたんみたいに餅をつけて、しだれさせるような家もありました。いづれも予祝行事を小正月におこなったものです。我がグループはこれを5~6年前から復活させて、集落に会館に飾っています。
かつてはやはり落ちてくる餅を揚げてもらって食べたものです。木は「エノキ」の木です。

投稿: でんでん大将 | 2016年1月14日 (木) 20時35分

素敵な文化ですね。あこがれます。
小正月については、私の家でもすでに昔話となってしまっております。
せめて私の子どもには伝えたいのですが・・・

投稿: しげまる | 2016年1月16日 (土) 21時33分


しげまる様

風習や文化の全てを継承することは出来ませんが、遺せるものは残して生きたいものです。

投稿: でんでん大将 | 2016年1月17日 (日) 09時21分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1268142/63456150

この記事へのトラックバック一覧です: いっぱいの餅の花:

« 湯野浜温泉にて | トップページ | 食味値が「A」 »