« ”冬”を忘れた12月 | トップページ | 父の命日 »

金浦港にて・・・

きょうもまた温暖な天気。午後からは曇りがちになったものの、さして寒いとは感じない・・・

ところで、昨日の続きである・・・俺が夕方に金浦港に出かけたのは、夕日が見たかったからだ。いつもなら12月に赤い夕日をみることなど稀である。ところが昨日は、夕日の反照が巾山に見られたので、或いはとの思いから出かけたdash

夕方ゆえ、さすがに肌寒い状況だったが、海をジーと見ていたら・・・夕日だ。灯台を入れてシャッターを切った。赤というよりオレンジっぽい。そして、雲はまるで浮いているように見えた。あたたかな温もりを感じるような色彩だ・・・雲をみているとやさしい気持ちになるようだった・・・

002

しかし、そのショーも瞬く間に終った!俺などはカメラの技術もないから、単に構図を考えてシャッターを押している。テクニックがあれば、こんな写真ももっといいものになるだろう・・・

005

午前中に所用があって、きょうもまた金浦に行く。用を果たしてから、また金浦港に行った・・・港ではハタハタ釣りで賑わっているとのことを得ていたのだ。行ったら驚いた。この時期、旧町の平沢でも、象潟でも太公望が多いようだが、ここでも中に入れないほどの混雑だ。

008

ハタハタは、この時期産卵のために接岸する。しかし、秋田県では条例化していて、漁師以外は網で獲ることは出来ない。ただ、釣りは許されている。従って、こうして天気が良いと尚更に釣り人が多い。針には餌はない。海中に針を落として引っ掛けるのである。

以前、禁止場所で釣りをしていた人が平沢で亡くなった。県内の山間のまちから来ていた人だった。地元や海を知っている人は、危ないことを知っている禁止場所には近づかない。一昨日は金浦の親子の漁師が海に落ちたとか。幸い、ライフジャケットを着用していて、仲間の漁師から助けられたとのこと。

港では、水揚げされたハタハタが売られていた。買いに来られる人も多く、1箱2箱と見ている間に売れる。この時期、ハタハタのお陰で港は賑わう。12月いっぱいは漁が出来るだろうが、漁獲制限もあるからどうだろう?ただここ数年、漁獲は割り当てまでいってないとのことだ。

012

俺が金融関係の仕事をしていたころ、ハタハタが揚がると漁師は百万、二百万と札束を持って貯金に来られた。あの頃を思うと本当に活気に満ちていたと思う。今では漁師は、減船を強いられ、漁獲も制限される等、大変な時期にあるようだ。

加えて、食としての魚離れ、燃料高、後継者不足等々、農業と同様に大きな課題を抱えているようだ・・・

|

« ”冬”を忘れた12月 | トップページ | 父の命日 »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

夕日に落日は何時見ても感動です。その日1日の終わりを告げるハイライトシーンです。心のどこかで夕日を見ながら感謝の気持ちでいっぱいになるためではないでしょうか。

皆さん本当にハタハタが好きなんですね。平日にも関わらず、これだけ多くの人達で岸壁が埋め尽くされるとは驚きです。

投稿: 京じじ | 2015年12月11日 (金) 07時08分


京じじ様

秋田の夕日は海に沈みます。
その美しさに魅せられ、また、きょうの一日を送ることが出来たことに、深く感動します。
12月にはあまり見られないことなんですが、例年にない天気だからでしょう。

投稿: でんでん大将 | 2015年12月11日 (金) 08時11分

ハタハタ獲れすぎで漁船が転覆した話聞いてびっくりしましたが運よく近くに仲間の船がいて助かったそうですね。良かったよかった・・・

漁業も農業も第一線で働いている人たちが一番大変ですね。

私もハタハタ沢山頂いて処理しました。最初にハタハタ汁は美味しいですね。冷凍したり、漬けたり、煮たり、焼いたり一晩中・・・

投稿: ぱんだ | 2015年12月11日 (金) 08時39分


ぱんだ 様

ハタハタが揚がって、どこの家々も煮たり焼いたりして冬の味覚を味わっていることでしょうね・・・この時期、ハタハタが話題の中心ですね・・・
事故を新聞で知りましたが・・・無事でよかったです!

投稿: でんでん大将 | 2015年12月11日 (金) 23時53分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1268142/62906451

この記事へのトラックバック一覧です: 金浦港にて・・・:

« ”冬”を忘れた12月 | トップページ | 父の命日 »