« 雪が来て、ハタハタが来て・・・ | トップページ | 宝石のような・・・ »

今夜はエベス様

今頃こんなことをやっているのは、我が家ぐらいだろう・・・集落の集まりがあっても、この話題は出なかったし・・・昨年も確かこの記事を書いた俺!

きょうは我が家には伝わっている「エベス様」なのだ。本来ならば「エビス様」なのだろうが、我が家では「エベス様」であった。そのいわれ等は勿論・・・知らない。妻は、例年行っていたものをそのまま引き継いだ・・・

004

特別なこともない。我が家では神前に「お供え」をするのみだ。新米にお汁、黒豆に尾頭付きの「ハタハタ」。本来は、エベス様だから鯛なのだろうが、庶民には高値だからこのようになったのだろう・・・

元来、エビスは七福神の一柱、漁業の神様でもある。そうであれば、我が家は農家だから何ら関係がないはずだ。ところが、妻とそのいわれ等を話し合うと、きょうエベス様は大黒様を招く、つまりは農業だけでも食は成立しないので、互いに豊漁・豊作を願ったのではないか・・・と???

(我が家には写真のように大黒様はあるが、恵比寿様はない)

003

お供えのハタハタは、大きな卵塊を抱えていてはみだしている。秋田県ではこの卵塊を「ぶりこ」と呼ぶ。今はこのぶりこを取ってはならない条例がある。このあと、藻に付着しなかったぶりこが、浜に打ち上げられる・・・

俺のこどものころは条例等なく、海近くの家々ではぶりこをいっぱい拾った。そして、酢などであやめて、そのぶりこを噛んだ。俺はこれが苦手であったが、大方の子どもや大人もプルプリと噛んだ、噛み終わるとポイっとはいた・・・

007

おやつなど稀な時代の事、このぶりこはどんなにか子どもの腹を満たしただろう・・・打ち上げられたぶりこは海にも返らない。そのまま腐敗するのみだ。だから、こうした時期になると浜辺は異様な匂いもしたりする。

わがやの今夜の食卓には、やはりハタハタがのった。接岸するハタハタ・・・網で取るのも漁師以外は条例違反、ただ釣るのは罰則がないので、この時期、港にはハタハタ釣りの竿がならぶ・・・

|

« 雪が来て、ハタハタが来て・・・ | トップページ | 宝石のような・・・ »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

何か意味深い恒例の大将家での行事のようですね。お膳が二つ用意されている所を見ると、昔から海が近いこともあってエベス様と大黒様に感謝されていたのでしょうか。
行事を継承することは大変なことなのに、それを今尚続けてい居られる大将家に乾杯ーです。

投稿: 京じじ | 2015年12月 6日 (日) 07時46分

古くから伝わる伝統行事でしょうか?
それを継承される姿勢に感銘しております。

ハタハタですか、秋田名物とは知っておりましたが初めて拝見しました。
我が地方では売りに出ていないので最初見た時にシシャモかな・・? 何て想像してしまいましたが、顔つきが違う事に気が付きました。 coldsweats01
「エベス様」もきっと喜んでいるでしょうね。

投稿: yasu | 2015年12月 6日 (日) 20時40分


京じじ 様

有難うございます。大したことではありませんが、ひとつの季節のけじめのようなものです。

投稿: でんでん大将 | 2015年12月 6日 (日) 22時44分


yasu 様

やはりハタハタは地域的な魚なんですね・・・でも、島根でもこの魚を獲っているようです。東京で両県合同でハタハタ祭りをしたような記事がありました。

投稿: でんでん大将 | 2015年12月 6日 (日) 22時47分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1268142/62830965

この記事へのトラックバック一覧です: 今夜はエベス様:

« 雪が来て、ハタハタが来て・・・ | トップページ | 宝石のような・・・ »