« 俺にも届いたプレゼント | トップページ | 雪だ!!! »

I am Sam・・・メリークリスマス

俺の顔は相変わらずゲタ顔で、映画寅さんにそっくり!なりたくなったのでは勿論ない。術後三日目あたりが、一番脹れるだろうとの医師の推測にぴったり。時々咳が出るのは、喉に傷があるのか。それに手術した側の口中に口内炎が出来たのか、思うように口が開けれない。

昨日の打ち上げの反省会は、勿論断った。明日は、仲間で恒例の門松を作る。終れば当然、慰労会だがこれは断酒してかたらねばならない(参加しなければならない)。日曜日は集落サロンの忘年会やることを告げている。しかし、これもまた、毅然として酒はやめる。

抜糸は29日だ。だから、医師の診察を受けなければ、酒も断ちできるだけ安静にしなければとの気持ちを固めている。応援してくれた皆さんの真摯な忠告は、受けなければ「大将」は失格だ!

所用は果たしながらも、それを果たしては安静に過ごした。本を読み、午後からは珍しくで映画を観た・・・映画は「I am Sam」。2001年に公開されたアメリカ映画だ。当時、映画館で観た記憶はあるものの、すっかり内容は忘れている。

009

もう古い映画なのであらすじも紹介していいだろう・・・

スターバックスで働く知恵遅れのサム。知能は7歳ほどしかない中年男。彼が、ホームレスの女を妊娠させる。しかし、出産するや女は姿をくらました。サムは生れた女の子に「ルーシー」と名をつけて育児にいどむ。

ルーシーはすくすく育ち・・・7歳。場合によっては、父親より知能が高い。そんな折、児童福祉局より、サムには養育能力がないとされて、ルーシーは施設に預けられる。そこで、サムは娘ルーシーとくらしたいがために法廷で闘うこと決意し、有能な弁護士リタに弁護を依頼する。

002 本来ならば金にはならない弁護を引き受けたのは、奉仕活動をしていることもPRしたかったのだが、徐々にサムの人間性にひかれていく。

ルーシーは里親に預けられる。ところが、サムはその近所に引越しをする。すると、ルーシーは窓をつたって父・サムに会いに行く・・・・

親子の同居が遮断され、それでも父と娘の愛情は強く、周囲の人々は逆に深い愛情の大切さに気がついていく・・・

こうなれば、ラストーシーンはお分かりだろう・・・

安静な一日が、涙で顔を汚してしまった・・・

ある意味では、このようなストーリーの映画は他にもある。ただ、ここでは知的能力のない男が娘を育てることが出来るのか!ということであり、単なる親子の愛情物語ではないのだ。

涙を誘う原因には、娘役の子がとっても可愛いことも上げられるのかも知れない。ダコタ・ファニングという子役。さらには、主人公サムを演じるショーン・ペン。よくもなりきったと評価も高かったようだが、なるほどすごいものがあった。

尚、ショーン・ペンはアカデミー賞主演男優賞にノミネートされたようだし、ダコタ・ファニングも様々な賞を受賞したとある。特筆されるのは、この映画には、ビートルズの曲が様々に流れる事でも注目をされたようである。

006

車のエンジンをかけたら・・・「きょうは・・・メリークリスマス!」と呼びかけられた。今朝は、世界中の子どもがにっこりほほ笑んだことだろう・・・幸せなんて、気がつかないでいる。大きな幸せを求めてはきりがないし、小さなことに満足できる人間はむしろ幸福ではないか・・・

I am Sam・・・俺からも遅まきながら・・・「メリークリスマス」

| |

« 俺にも届いたプレゼント | トップページ | 雪だ!!! »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

色々と飲み会があるようですが、次の医師の診察までの辛抱です。

人生には人それぞれに色々な試練がありますね。
じじは今、知的障害と身体障害がある人達の送迎をしていますが、本人は元よりご家族の方の介護などを見ていると、つくづく大変だなあと思います。先天的な人、交通事故等後天的に障害を持たれた人、人それぞれ経過は違いますが、自由のきかない体で生きようとして居られる姿を見ていると、平々凡々を嘆いている自分など贅沢な悩みなのだと思いますね。
この歳になって、世に中には懸命に生きようとしている人たちが沢山居られる事を知りました。

投稿: 京じじ | 2015年12月26日 (土) 07時41分


京じじ 様

来週の診察までは・・・断酒です!!
様々な生き方、そうしなければ生きられない生き方・・・いろいろですね。映画で知ったり、本で知ったり・・・「一所懸命」という言葉が大好きです。

投稿: でんでん大将 | 2015年12月26日 (土) 23時50分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: I am Sam・・・メリークリスマス:

« 俺にも届いたプレゼント | トップページ | 雪だ!!! »