« 祝う酒・怒る酒 | トップページ | 不思議な世界 »

報告②歴史と文化の隠岐

午後から、1万円会費の祝賀会に出席!本音ではあまり乗り気のない参加、言わば義理と言うものだ。元の町長が名誉市民章を受章した祝賀会だ。俺はこんな晴れがましい席は苦手であり、また政治手法を好まなかったから、躊躇したもののせっかくの案内だからと失礼ながら出席したものだ。

017ところが、彼の受章のあいさつには感銘を受けた・・・その話を要約すると・・・

私は17歳のとき、福島にて「少年航空兵」だった。間もなく飛行機に乗ることになったが、その時に日本の敗戦、涙して天皇の玉音放送を聞いた・・・

間もなく誰からともなく、白虎隊のように自決しようとの話が出て、それを実行すべく 集ったところ、上官が現れ、今後の日本を作っていくのは君たちだ。そのことを胸に刻んで故郷に帰れと諭された・・・

そんなことで私は故郷に帰り、やがて少しでもいい町を作りたいとの思いで、政治の世界に入った・・・

今回、「そのことで評価をされたのであれば、いささか重い章ではあるものの、嬉しく受章したい」との内容だった。この挨拶を聞いていたく感銘を受け、その方とは杯を交わし、いろんな話が出来た。

さてこの度の研修を2回目として報告したい。

        報告②感動・感島の隠岐

隠岐は一言で言えば、歴史と文化の島、そして国境の町でもある。俺たちがここを研修先に選んだのは、この島が世界ジオパークに認定されているので、今わがまちでも「飛島・鳥海山ジオパーク」として、来年度日本ジオパークに認定を受けるため、運動を行なっているので、その参考にしたいという思いがあったことからだ。

003

空港名もそのもの「隠岐世界ジオパーク空港」だ。役場に出向いて、担当からこれまでの認定までの歩みなどを直接伺う・・・翌日は午後2時頃のフライトのため、時間があったことから、島のジオガイドの案内で数箇所を見物した。

005

007

010

013 上の神社は、玉若酢命神社(たまわかすみことじんじゃ)。ここは隠岐の総社であり、隋神門などが国指定の重要文化財。ここの祭典は8頭の神馬が参道を一気に駆けがる勇壮なもので、時にテレビにも映るようだ。

また、ここの境内にある大木も有名で「八百杉やおすぎ」と言う。樹齢約2千年の古木であり、国指定の天然記念物だ。

中段の写真は、「岩倉の乳房杉(ちちすぎ)」、樹齢約8百年、樹高30m、幹周り10m、主幹が15本に分枝し、そこから大小24個の乳房状の根が垂れている。

白島展望台に行った・・・長い年月の風化や海食作用によっての奇岩、風景美を醸している。ただそこには・・・標識があって、1952年、当時の韓国大統領が日本海に一方的に線を引き、海洋主権を宣言した竹島、町の中にも不当に占拠されていることを示す、横断幕もあった。

その他、対馬、国後島、尖閣諸島の方向を指し、距離も書いていて、ああここは”国境の町”でもあることを実感した。

この隠岐の滞在は、研修の半日、観光は4  016_2 時間と言う短い時間だった。本当に見るべ
きところを見なかったような気もする。

パンフなどをみると、いいところがいっぱいあって、1日や2日だけで見られるものではないようだ。

この島は魅力に溢れている。一部では人口も増えているとの報道もあった。いつか、また行ってみたい、パンフにもある「感島かんどう」の隠岐の島である。

|

« 祝う酒・怒る酒 | トップページ | 不思議な世界 »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

世界ジオパークの認定に向けて、いい情報が得られ、大将の地域で生かせればいいですね。

隠岐の島は世界ジオパークに認定されて、地域の振興、活性化に繋がったのでしょうか。これを契機にそのような方向で動いていくといいですね。

投稿: 京じじ | 2015年11月30日 (月) 07時43分


京じじ 様

当方では「鳥海山・飛島ジオパーク」の認定を目指しています。今回の視察が、有効に活かせるよう頑張ります。

投稿: でんでん大将 | 2015年11月30日 (月) 21時04分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1268142/62738179

この記事へのトラックバック一覧です: 報告②歴史と文化の隠岐:

« 祝う酒・怒る酒 | トップページ | 不思議な世界 »