« 「赤鳥海」・・・冬師湿原より | トップページ | ふたりの女性 »

金浦港暮色

午後4時半、俺は金浦港で夕日を見ていた・・・燃えるような空と海。一日の終わりをまるで労わるように、そしてまた、生きてきた一日を称えるような色だ・・・暮れなずむ港に、海鳥を引き連れて漁船も入ってくる・・・

もう・・・言葉はいらない。

007

006

003

010

011

時間とともに、海面の色が変わっていく。午後4時45分、灯台に灯りがshine

      今夜もクリックして迫力ある画面でどうぞ!

|

« 「赤鳥海」・・・冬師湿原より | トップページ | ふたりの女性 »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

でんでん大将さん、こんばんは。

本当に美しい景色ですね。刻々と変化する風景に見とれてしまいます。

1日の仕事を終え帰る人々へのご褒美ですね。夕日を美しいと思える人間の感性に乾杯ですwine

投稿: omoromachi | 2015年11月 5日 (木) 22時47分

雲と太陽が織り成す、何とも言えない光景です。自然の豊かな表情にうっとりしますね。
夕日は何時見ても落ち着くなあー。

投稿: 京じじ | 2015年11月 6日 (金) 07時41分

京じじ 様

きれいな光景にしばらく見とれました。夕日を見るのは大好きです。

投稿: でんでん大将 | 2015年11月 6日 (金) 16時12分

omoromachi様

夕日を見ると落ち着きます!
しばらく見とれました。

投稿: でんでん大将 | 2015年11月 6日 (金) 16時14分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1268142/62380210

この記事へのトラックバック一覧です: 金浦港暮色:

« 「赤鳥海」・・・冬師湿原より | トップページ | ふたりの女性 »