« 恐ろしいこと! | トップページ | 遠い1点・・・もうひとつの甲子園 »

みたまをたたえて

恒例の「戦没者追悼式」が、市の勤労青少年ホームで開催された。当市のそれは「平和祈念」が入る「にかほ市平和祈念戦没者追悼式」であり、俺はこの名称に好感を持っている。それは、なぜ・・・sign02

002

市長の式辞、来賓の追悼の辞はどこででも述べられる。戦後70年の節目のとき、今後も戦争で犠牲になられた方々の元に平和があり、これを保持していかなければならない・・・と。安保関連法案についても述べるが、様々な考えがあるとに留めらる。

ここ3年ほど前からだが、当市での式典では、中学校の生徒が「平和への誓い」を述べるのだ。きょうの誓いも、はきはきした物言い、皆に分かるような声、具体的な例をあげての話方は参列者に感銘を与えるものだった・・・

004

秋田県内では、この頃各市町村で戦没された方々を追悼する式典がある。が、こうして若い方からの話はないのではないか。

年々参列する遺族の方は高齢によってか、少なくなっている。特に、ここ数年でめっきり少なくなり、会場はガランとしている感じであった。

俺は言った事があった。単なる(失礼だが・・)追悼であってはならないだろう。戦没された方々のご冥福を祈ると共に、その方々の意思を思い平和な国やまちにしていこうとすべきだ。それに若い方々が参列するやり方を考えるべきではないかと・・・

彼の話は・・・平和とは何だろうと話を始めた。今でも世界のどこかで紛争が勃発している。殺し合う戦争から生まれるものはなにもない。自分は思いやりのある気持ちを抱いて生きていく。それぞれがそのこころを持てば、世界から紛争は消えるのではないか!!

006 ジーンと来る、しかも堂々とした話であった。若い方々が、その思いで国を背負ってくれるならば、きっと平和な国を築いていくだろう・・・

頼もしくもあった。無関心な若者が多いと耳にしたこともあったが、ひとりでも多くその思いを持ってほしいものだ。

未来に関わりが多いのは、当然、若い方々だ。その未来に暗雲が漂っているような昨今、もっともっと意見を出してほしいと思う。

献花が行なわれた。参列者が一人ひとり壇上に上がって白菊を捧げた。しかし、壇上に上がれない高齢者が増えて、下で献花する方が多かった。

007 最後にコーラスのみなさんが、「みたまをたたえて」、そして「落葉松」を歌われ、戦没された方々の御霊を慰めた・・・

  還らざる 人を思えば

  青雲のうえより ただに来るがに 思う

|

« 恐ろしいこと! | トップページ | 遠い1点・・・もうひとつの甲子園 »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

戦争で多くの人がなくなりました。それは戦場で戦ったからだけではありません。空襲で死んだ人々、飢えで死んだ子どもたち、手当てを受けれなくて死んだ病人たち戦争反対と言って牢で死んだ人たち。みんな弔ってほしいですね。二度と過ちは犯しませんと誓う式典であってほしいですね。若者が平和について考えてくれているということは心強いです。これからの時代は若者が担うものなのですから、若者たちが平和について、経済について、社会について考えてくれたら一番いいです。主体的に考えれば「平和のために戦争する」というおかしな間違いに気づくでしょう。

投稿: はるか | 2015年8月27日 (木) 14時25分

若者が参加する戦没者追悼式典、未来が開けるようで頼もしい限りです。
二度と戦争はするなと皆が思いながら、今、戦争に加担するような法案が出来ようとしています。
戦争はダメだと言いながら、自分は部外者のような行動には腹立ちさえ覚えます。
積極的に戦争に加担することが世界の平和に繋がるとは、どう考えてもわかりません。
積極的平和主義とはなんなのでしょう。

投稿: 京じじ | 2015年8月27日 (木) 17時36分

なぜ 戦争するのか 分かりません ただ 靖国神社で たくさんの戦没者の方々の写真を見た時 涙が 止まりませんでした 私は何をしているんだろう

投稿: 真日瑠 | 2015年8月27日 (木) 20時54分


はるか様

どんなことでも、世の中の事を若い方が真剣になって考えてくれたらいいですね。特に、平和などもろい物だと感じます。誰も声を上げなければ、為政者のままになってしまいますから、安保関連法案に関心をもってほしいです。そして、声を大にして平和を守るための行動をとってほしいです。

投稿: でんでん大将 | 2015年8月28日 (金) 20時55分


京じじ様

今般の安全保障関連法案は、本当に分からないことだらけ、それの承認を求めようとする与党に、疑問ばかりです。
戦争を知る人は年々少なくなります。従って、そのことを若い方に受け継いで頂かねばなりません。だから、今回のわがまちの追悼式はよかったと思います。

投稿: でんでん大将 | 2015年8月28日 (金) 20時59分


真日瑠 様

戦争で亡くなられた方々は、日本国の犠牲者です。彼らの上に今の日本があるのだと思います。二度とそんな間違いを繰り返してはなりません。平和は守らねばなりません。

投稿: でんでん大将 | 2015年8月28日 (金) 21時02分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1268142/61339011

この記事へのトラックバック一覧です: みたまをたたえて:

« 恐ろしいこと! | トップページ | 遠い1点・・・もうひとつの甲子園 »