« 春近し | トップページ | 春!なのに・・・ »

さようなら!小出小学校

きょうは年度末の3月31日・・・NHKなどの番組では、アナウンサーなどが交代し、看板番組も代わっている。

市役所にいる友人も人事異動があったらしい・・・いろんな思いも交錯するのが、この年度末か。俺にもあった。俺などは毎年のように、異動を命じられて、32年間のうち17回ほどの辞令を受けたものだった・・・

ところできょうは、俺にとっては忘れられない日となった。

006 

きょうで母校である「小出小学校」が、創立140周年にして廃校となったのだ。俺達のころは木造であったが、それを改築するためにPTAでは、様々な学校に出向き研修した。そして、出来たのが現校舎・・・

教室からは、でーんと鳥海山が裾まで見えて迫る。こんな環境のいい学校は他にはないだろう。それが、一番のほこりであった。それに、グランドの隅に立つ「大けやき」。四季それぞれの変化を見せてくれ、子ども達の合言葉は・・・「けやきのようにたくましく・・・」

最大事は500人あまりの子ども達が学んだ。学年は「梅」と「桜」の2クラス。児童会では書記が俺の係りで、貯金部のときは県表彰を受賞した。その賞で、石膏の児童像を建立した思い出もある。

一時、友人の影響でノートに大和や武蔵などの戦艦、それにゼロ戦などの飛行機を細かく書くことが自慢であった。ただ、大方は貧乏人の子ども達、俺も勿論その一人・・・男はひとりの兄弟、よって、お下がりもできないから逆にいつもダブダブの衣服・・・

でも、みな今となっては懐かしい・・・

003 

いたたまれず、夕方、その学校に行ってみた。生徒の入り口には、けやきの絵が大きく貼られていた。さようなら、わが母校、さようなら、6年間の思い出・・・上空には月がかすんで見えた・・・

同級生には合わせる顔がない。大事なだいじな学校を守ることが出来なかった。いつの日か、白髪や皺ぶいた同級生とこの学校での再会を夢見ていたが、とうとう夢のままになってしまいそうだ・・・

001 

梅も咲いた、桜の蕾も膨らみがましたようだ。間もなく花いっぱいの時節、やりどころのない思いを花に話しかける俺であるweep・・・

|

« 春近し | トップページ | 春!なのに・・・ »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

この季節、別れもあれば出会いもある、日々交々の3・4月ですね。
前に向かって進むしかないでしょう。
今後の利活用がうまく進展すればいいですね。

投稿: 京じじ | 2015年4月 1日 (水) 07時17分

京じじ様

この日の来ることは理解していましたが、いざこの日が来たら、やはり正直寂しいものです。その為にも、利活用をしっかり考えたいです。
明日は、仲間でその学校に入り、具体的な利用方法を考えることにしています。

投稿: でんでん大将 | 2015年4月 1日 (水) 12時09分

さみしいですね。悔しいですね。悲しいですね。
時代の流れという人もいますが、地方が見捨てられていくようにしたのは政策の流れです。先々のことを考え将来像を持っている国は何とか国中に学校を建てようとしています。日本も国の将来を考えた時には、国中に学校を作っています。ところが今はどんどん学校がなくなっていきます。悲しいことです。

投稿: はるか | 2015年4月 1日 (水) 20時45分

もし、自分の母校が消えるとしたら・・・
想像しただけで悲しくなってしまいます。
大将のご心中をお察し申し上げます。

投稿: とんぼ | 2015年4月 1日 (水) 21時32分

はるか様

子どもがどんどん減っている現状、仕事が増えていると言いながらも、地方にはその波及もない現実・・・だから地方は疲弊し、学校もなくなっていることを、霞ヶ関では分かっているのでしょうか・・・地域に学校がなくなれば、その先ははっきりと見えます、地域の衰退が・・・残念です。福祉と教育、これに金をかけなければ、国とはいえないと思います。

投稿: でんでん大将 | 2015年4月 1日 (水) 22時13分


とんぼ様

俺は地域に残りながらも、学校を守れなかった不甲斐なさを感じています。大きな学校にすればいい、その考え方に頑固に反対してはきたのですが・・・残念です。
お心づかいに感謝致します。

投稿: でんでん大将 | 2015年4月 1日 (水) 22時17分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1268142/59477217

この記事へのトラックバック一覧です: さようなら!小出小学校:

« 春近し | トップページ | 春!なのに・・・ »