« 「寄り添う」生き方 | トップページ | 「いのち」 »

閉校になる校舎の利活用のアイデアを・・・

きょうから2月、もう新年の気分もすっかり抜けた(はずだ、俺も・・・)。ただこうして1日が経過していくということは、わが母校の閉校の日に近づくことであり、どこかしら気持ちも塞いでしまう。

きょう、閉校にあたって作成された記念誌が届けられた。正直言って面白くもない記念誌だ。俺も19代目のPTA会長の経験から投稿はしたが、開くのもどこかしらためらいもあった。記念誌の名は・・・「けやきのように  大空に」

001 校庭にどっかと根を張っている「けやき」。学校のシンボルであり、地域にとっても見守ってくれる傘のような存在感のあるけやきだ。

この学校の児童は称して「けやきっこ」

隣りの小学校と統合案が出たときに、いの一番に俺は反対の意見を述べた。しかし、複式学級への不安などもあって、父兄は賛成に傾いた・・・

ただ、十分な意見や考え方を吸い上げることが、当局にはあったとは言えない。説明会では、ほとんど父兄から意見がでなかったという。

また、地域からも「やむを得ない」それだけであった。俺が反対したのは、十分に父兄や地域から理解を得悔いの残らないようにして、統合は行なうべきだとの考えで、”先ずは統合ありき”の考え方に賛成出来なかったのだ。

俺が心配していたように、統合が決まってから父兄や地域からブツブツ不安や意見が出たようだし、俺の耳にも届いたのだ。だったら何故意見を述べなかったのか!!

学校がなくなれば地域の衰退は目に見えている。実際、そうなった事例も多く見ている。統合が決まってからは、残された校舎をどう活用するか、その後はそのことに俺は動いた。閉校になってからどうしようというのでなく、それ以前に利活用を検討し、それを地域に示せれば地域も元気になれる!そう主張してきたが、まだ、当局では利用方法を打ちだしてはいない。

003 利用方法は地域からも提言を受けるべきだ。これがまた俺の意見で、当局に具申した。それを受けたのか、当局では地域にそれを投げかけた・・・地域の各自治会長が組織している会長会に。

ところが、肝心の地域からはほとんど案が出ない。実は、昨日もその地域の会合があり、この席でも利活用についての意見交換に入ったが、ほとんど意見や案は出ない・・・

俺の地域であり、俺は地域のコミニテイセンター、福祉施設、郵便局の移転、診療所の移転などを提案していた。しかし、地域からはほとんどなく、昨日逆に当局から案を示してもらおうとの意見も・・・

俺は唖然とした。俺たちの地域なのだ。もっと住んでいるこの地域を真剣に考え、そのために地域にあった提案をするべきなのに・・・少々、がっかりした。そのせいではなかったが、会場での懇親会の席を後にし、某氏から引っ張られて地域の某氏宅へ・・・

1月の酒呑みは自制していた。先週も立て続けての会議あったものの、懇親会は欠席していた。しかし、この学校の利活用を何とかして地域の元気に繋げたく、懇親会も出て酒も呑み、酒が入れば案も出るかも知れない、その思いから酒も呑んだのだが・・・

俺の地域はどうかしている、住んでいる地域をどう思っているんだろう・・・とうとう帰宅したら午後9時半・・・coldsweats02

地元の代議士に依頼して、全国的には廃校された校舎を利用した事例の資料も頂いてはいる。しかし、わが地域に密着したものでなければ意味もない。俺は決断した。このあとは、独自に「廃校後の学校の利活用を考える会」を組織して検討し、その中から再び当局に提案していこうと・・・・。

006_2

007_2

どうか皆さん、皆さんも是非知恵をお貸し下さい。どのような利用の仕方があるのか、皆さんのアイデアをお願いします。

   写真は記念誌から、S49年の鳥海山の噴煙など・・・

|

« 「寄り添う」生き方 | トップページ | 「いのち」 »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

大将が怒るかも知れませんが,ここは焦らずじっくりと行きましょう。自分だけ突き進んでも皆さんの賛同が得られなければ,それまでです。
先ず,廃校になった校舎を利用しなければならないその意義を説いて回りましょう。ブログにもありますように大きなケヤキは,地域を見守る傘のようなシンボルになっているようです。強いては地域の皆さんが通われた校舎はシンボルなんです。シンボルをなくせば,地域の連帯もなくなるに等しいのです。この思い地域の皆さんも同じだと思いますよ。じっくりと行って,いいものにしましょう。
大将が考えて居られる「廃校後の学校の利活用を考える会」を組織するいいですね。でも,この会に賛同する会員をどうして集めるのでしょう。やはり,シンボルをなくしてはならないという意義を説いて回る事ではないでしょうか。集まってくれれば,先ずは大成功。
会は座談会的雰囲気で,会合は対面式ではなく円卓で行えば,意見も出やすいのではないでしょうか。
大将はもう全国から廃校になった校舎の利用実態調査(代議士からの資料)を行われた結果,やはり地域密着型の利用を考えておられるようですから,その方向で意見を求められては,先ずは如何がでしょうか。
リーダーはぐいぐい引っ張るタイプと縁の下の力持ちタイプのリーダーがいると思うのです。
国民はぐいぐい派を求めますが,ソッポを向かれたらそれで自分の考えはお終いです。それに対し皆の意見をくみ上げまとめる縁の下タイプはソッポは向かれないと思います。
じじは大将には縁の下タイプになってほしいと思います。
大将の言う診療所の誘致はいいと思いますね。近くに診療所があれば安心ですし,皆さんの憩いの場にもなり,元気な人達は運動場でゲートボール,グランドゴルフなどをすれば,笑いが絶えないでしょう。

投稿: 京じじ | 2015年2月 2日 (月) 09時25分


京じじ様

早速のご意見、本当に有難うございます。きょう夕刻に、俺の前のPTA会長と意見交換することにしました。焦りたくはないのですが、ゆっくりともしてはいられません。市長からは解体も視野に入れている話も伺っていますから・・・
今後もアドバイスを宜しくお願いします。

投稿: でんでん大将 | 2015年2月 2日 (月) 10時11分

こんばんは。
ネットで調べるとたくさん事例があるようですね。
う~ん、
大将は、地域の活性化を中心にお考えのようですね。
もちろんそれこそが最優先されるべきことだとおもいます。
同時に、とても素晴らしい地域なので、
都会の若者を引き込む場というのも加えたらいかがでしょうか。
たとえば、芸術家の集うアトリエを提供するとか、
あっそうだ、
埼玉県秩父市の旧大滝小学校三峰分校は、埼玉県山岳連盟が秩父市から賃借して、「岳人の家」としてますよ!

投稿: とんぼ | 2015年2月 2日 (月) 22時41分


とんぼ様

貴重なアドバイスを有難うございます。
人口のどんどんと減る地域の現実、廃校を利用して、俺は地域の中核地、元気な源の発信地にしたいのです。衰退していく地域を見るのは耐えられません。
紹介頂いたところを少し調べてみます。
今後も良きアイデアがありましたら、ご紹介下さい。

投稿: でんでん大将 | 2015年2月 4日 (水) 11時54分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1268142/58783232

この記事へのトラックバック一覧です: 閉校になる校舎の利活用のアイデアを・・・:

« 「寄り添う」生き方 | トップページ | 「いのち」 »