« 「鬼は外」「福は内」 | トップページ | 春一歩、俺も一歩・・・ »

奇祭・掛魚祭り(鱈まつり)

きょうから「春」・・・朝方は白くなったものの、さすが「きょう」だ。時折の日差し、まぶしいほどのsun・・・春なのです。

10時から、わがまちで恒例の奇祭と言われる「掛魚まつり」、別名「たら祭り」が開催された。この祭りとなれば、わがまちでは「いよよ春!」ってな感じとなる。009

010

きょうも港から、荒縄で縛った大きな鱈、それを担いだ若衆が金浦山神社に奉納、きょうは49匹が奉納された・・・大きな鱈、大きなものは15~18kgもある鱈・・・寄ってみればどこかしらグロテスク?

鱈を奉納し、今年の大漁と事故の無い漁を祈願した。ただ、今は商業化して当市にある企業が奉納しているのだが、境内は塩の香がいっぱいだ。こうした祭りは珍しいようだ。ポロ・アマのカメラマンが居並び、参道と境内はすごい人混み。

また、鱈汁が振舞われる広場は、人の列・・・

006

007

001

003

きょうは「立春」、わがまちは、このあと日一日と「春」の顔となっていく。

|

« 「鬼は外」「福は内」 | トップページ | 春一歩、俺も一歩・・・ »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

自分の住む町で昔からタラ祭りが開催されているので特別に珍しいとも思っていなかったけど全国的に見れば珍しいのですね。婦人会の役職を持っていたころは毎年のようにタラ汁作りに出ていました。タラ汁を食べる人がちょっとの時間に一度に人が並ぶのでいかに手際よくやるか毎年反省しながら作っていたのが思い出されました。

投稿: ぱんだ | 2015年2月 5日 (木) 08時43分

どこにも色々なお祭りがあるものですね。神様は沢山のたらを奉納して貰い,豊漁と漁業の安全を授けられた事でしょう。

早く春が来るといいですね。じじは歳を重ねるに伴い寒さが堪えるようになりました。でも,冬がきて雪が山に降らないとスキーが出来ないし,微妙な心境です。


投稿: 京じじ | 2015年2月 5日 (木) 16時24分

素敵な伝統文化ですね。
うらやましいです。

投稿: とんぼ | 2015年2月 5日 (木) 18時47分


ぱんだ様

全国的に珍しい祭りのようですよ・・・俺はカメラを持って毎年出かけています。でも、タラ汁は頂いたことありません。市外の方から召し上がってほしい、そんな気もあります。今回は、1,000食準備されたようですね・・・この時期になれば、携わったひとりとして、思い出が脳裏に浮かばれるのでしょうね・・・

投稿: でんでん大将 | 2015年2月 5日 (木) 21時21分


京じじ様

春は海からくるのだと、この時期になれば思います。タラ49匹の奉納で、境内には潮の香があふれます・・・

投稿: でんでん大将 | 2015年2月 5日 (木) 21時23分


とんぼ様

300年以上に亘って行なわれている「祭り」です。活気のある、海のまちゆえの奇祭です。

投稿: でんでん大将 | 2015年2月 5日 (木) 21時26分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1268142/58818724

この記事へのトラックバック一覧です: 奇祭・掛魚祭り(鱈まつり):

« 「鬼は外」「福は内」 | トップページ | 春一歩、俺も一歩・・・ »