« 「幸せます」 | トップページ | 大寒の日本海 »

「とろろまま」

こんな寒い朝は、「とろろまま」がうまい!それに梅干を上げれば最高の朝食だ。ふうふう言いながらもこれだと2杯のごはんは平らげることが出来る。とろろとは、長いもをすりつぶしたものだ。所によっては、呼ぶ名称は違うかも知れないが、俺の地域では「とろろまま」と呼ぶ。

003

俺の隣りのまち「由利本荘市」では例年、この「とろろまま」の早食い大会がある。以前は何杯食べられるかの競争であったと記憶しているが、今は、10分間に何杯食べられるかに変わったようだ。

何杯食べられるのか?はっきりした記憶はないものの、確か最高たべた人は12~3杯だったと思う。否、15~6杯だったかも知れない。いづれたまげた(驚く)数字だったはずだ。そんなこともあって、準備していたご飯がなくなったという話もあった。

だからなのか、今度は時間性にしたようなのだ。でも、これに出るにはかなりの忍耐も努力?も必要のようだ。例えば、前の日から腹をすかせておくとか、また、たべると言うが、大会では「噛む」ことをしないで、「呑む」という技?を使うとも聞く。

さすがのこうした大会、いくら大食家の俺といえども対抗する気持ちはとてもない。これも愛嬌のある大会と思う。賞品は「米」と聞くと、なるほど「とろろまま」にすれば、黙っていても消費拡大に繋がろうというものだhappy01

きょうも夕方から、雪となった。まだまださほどの雪量ではないのだが、夜になってまた冷え込んできた。ニュースを聞くと、秋田発の北海道行きの飛行機は欠航を決めたとか。明日は大荒れの予報か!

001

こうした寒さの中でも・・・木々の芽は少しずつ春への準備を進行させているのだろう。我が家の白もくれんの芽もどこかしら膨らんできたように見えるのは気のせいだろうか・・・

昨年1年の我が「百生倶楽部」の写真集を、今年も仲間に配布した。当初は、撮影した折々に配ったりしていたが、それでは紛失してしまう方もいたので、むしろ年間写真集として大判の1枚の方が良かろうかと配布している。

いつか活動が出来なくなったら、毎年ファイルしているから、それを見ながら晩酌しよう、その思いもある。

004

昨年は「かかし祭り」の10回記念が最高の思い出だ。もう10年だから、今度は何をしていこうか、今年は「アンコール」とした方がいいのか・・・空っぽの頭には、これからの行動をどうしていくのか、考えてはいるのだが妙案がなかなか浮かばない・・・

|

« 「幸せます」 | トップページ | 大寒の日本海 »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

暖かいご飯にとろろ芋をかけて食べると美味いですね。噛む暇なく喉を通ってしまします。
それにしても丼飯を13杯程を食べるとは驚きです。
色々なイベントがあるものですね。

今年の大将達のイベント楽しみにしていますよ。

投稿: 京じじ | 2015年1月20日 (火) 16時09分


京じじ様

とろろなのでスルスル入ったのでしょうね・・・それにしても大食家はいるものですね・・・

投稿: でんでん大将 | 2015年1月21日 (水) 22時04分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1268142/58639150

この記事へのトラックバック一覧です: 「とろろまま」:

« 「幸せます」 | トップページ | 大寒の日本海 »