« 白鳥の”潟”にて | トップページ | 干し柿・残り柿 »

ある映画館の閉館

ここにまた歴史がひとつ閉じられることとなった時代の流れと言えばそれまでであるし、かと言って今後が開ける要素が少ないとすれば、「閉じる」という行為も納得せざるを得ない。

Photo記事は秋田魁新報の25日版である。秋田市内にあった映画館「シアタープレイタウン」が閉館したという記事である。

かつてその地には映画館が並んでいた。邦画・洋画を問わず、ほとんどの作品はこの地での上映がスタートであった。

俺は若いころ、この界隈の映画館に何度も足を運んだものだ。洋画で記憶にあるのは「マイ・ウエイ」リバイバルの「カサブランカ」「タイタニック」・・・等が印象に残っている。

こうした作品は一度のみならず、二度三度足を運んだものもある。以来、イングリッド・バーグマンは俺のお気に入りの女優となった

特に若いころの俺はもっぱら洋画漬けであった。今、それらのタイトルの多くは忘れてしまったが、「ジョニーは戦場に行った」「カッコウの巣の上で」などを思うとき、今でも胸がドキドキする。

閉館したこの映画館は、国際映画祭で受賞した作品を上映し、映画を愛する玄人?に愛されていた。俺がここに最後の足を運んだのは2~3年前、それも邦画であった。

003 洋画が主の映画館であったが、県内ではこの映画を上映するところがなかったようで、特に女性の方からの要望があって、その映画を上映するということになったらしい。それに、俺もでかけたものであった。

人気作家の藤沢周平作品ということもあって、当時は結構な人手であったと記憶している。

こうした様々な映画をみた施設だけに、閉館を聞くと・・・青春時代のアルバムが欠落してしまうような思いになるのだ。

003_2 今、街中にかつてのような映画館はほとんどない。この界隈は映画館通りとの異名があって、それほどの賑わいがあった。

しかし現在、大きな映画館は市の郊外だ。シネコンと呼ばれ確かにきれいだし、椅子のすわり心地も雲泥の差だ、俺も昨今はほとんど、観るとなればそちらに行く。

俺も、時代の波に乗ってることになる。だから、かつての映画館の閉館を寂しがることはわがままというものだろう。ただ、自分の生きてきた思い出につながるものがなるなるという「寂しさ」が頭をもたげるのだ。それはノスタルジアといえるのかも知れない。(黄金を抱いて翔べは先月観ました・・・)

| |

« 白鳥の”潟”にて | トップページ | 干し柿・残り柿 »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

今はビデオの世界になってしまい、風情がなくなってしまいましたね。

映画館はわが町も無くなってしまい、今は人口が密集している大きな市にシアターがあります。
観たい映画があるとそこまでわざわざ観に行く事もあります。^^

タイタニックやマイ・ウエイも昔観ました。
懐かしい想い出ですね。 ^^

投稿: yasu | 2012年12月26日 (水) 19時18分

昔の楽しみと言えば映画を見ることでした。
小さな町にも一つくらい映画館がありましたね。

映画の前にニュースがありましたがそれを見るのも楽しみでした。懐かしく思い出されます。

世の中の移り変わり激しいですね。

投稿: ぱんだ | 2012年12月26日 (水) 20時28分

yasu様
どこでもそうですね・・・もう小さなまちには映画館などなくなりましたよね。娯楽の中心が「映画」だったころ、懐かしいですね。立ち見もあったことなど、現在では想像つかないことでしょう・・・

ただ、今のシネコンも嫌いではありません。夜や天気の悪い日は映画に結構俺は行ってます。

投稿: でんでん大将 | 2012年12月26日 (水) 22時46分

ぱんだ様
◎◎町には「銀映」と「港映」のふたつも映画館ありましたね。「銀」には「赤胴鈴之助」よく観に行きました、鬼面党や一本足の怪人との戦いに熱狂しました。「港」には父から連れてもらい、「天皇陛下と・・・」あとは大川橋蔵や中村錦之助の時代物観ました。一人で行くようになったとき、「サウンド・オブ・ミュジック」の冒頭のシーンはびっくりしました。中学になってからは、もう吉永小百合&浜田光夫コンビの映画に良く行きましたね~

そういえば、ニュースもありました。その後、2本立とか、きょうは3本立とか、ありました・・・

客の呼び込む前には、映画館から流行歌がながれたり・・そんな時代でしたね。

投稿: でんでん大将 | 2012年12月26日 (水) 22時58分

トロイも映画は大好き!です。「ジョニーは戦場に行った」・・・ベトナム戦争を題材にした作品でしたね。モールス信号と言うものを始めて知った映画であり人間にはどんな時でも光、新鮮な空気が必要であることを知らされた映画でした。「カッコウの巣・・・」、「戦場のピアニスト」いずれも本も含めて記憶に残っている作品です。映画の大好きなトロイも月に4~5本は鑑賞に行きます。(殆んど洋画ですが・・・)
  

投稿: トロイ・シュウマン | 2012年12月28日 (金) 21時39分

映画の好きなトロイ・シュウマン様、コメント有難う。
俺は最近は、邦画の方を良く観ます。今年、洋画だと「最強の2人」が良かったですね。今、公開された「レミゼラブル」は観に行きたいと思っています。

投稿: でんでん大将 | 2012年12月29日 (土) 17時22分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ある映画館の閉館:

« 白鳥の”潟”にて | トップページ | 干し柿・残り柿 »