« 妻への詫びに・・・ | トップページ | 「ラビット・ホール」&「ALWAYS三丁目の夕日」 »

夢への挑戦・・・白瀬南極探検100年記念に参加して

日本の偉大な探検家のひとり「白瀬中尉」は、我が町で生まれた。その彼が南極の南緯80度5分、西経156度37分の地点に達して、そこを「大和雪原やまとゆきはら」と名づけたのは、ちょうど100年前のきょうである。

017 その白瀬中尉の偉業を讃え、彼の勇気に学ぼうということから、例年1月28日には、雪中行進が開催されている。きょうはそれが45回目であった。

これまでは雪のない中での行進も何回かあった。しかし、今年は昨年に続いて雪の中、南極はこんなものではないだろうが、それにふさわしいような天気

黙っていると、鼻水が垂れてくる・・・(´;ω;`)ウウ・・・

002 残念ながら、南極地点には到達できなかった。大和雪原と命名して帰った・・・しかしながら、あの装備でそこまで到達し、隊員の一人の犠牲者も出さなかったのは、奇跡に近い。

それほどまでに、卓越した彼のリーダーとしての判断力、決断力それを讃えるべきであろう。

彼がそこまで行き着くには相当の見識、体力があったればこそであり、夢の実現まで頓挫しなかったのは、やはり負けられないという強い精神力があったのだと思う。

013 お寺に生まれきかん坊の少年時代だったらしい。しかし、そのころから人の真似のできないことをやろう、極地に行こうとの夢があったらしい。そのためにはと、熱いお茶を飲まず、はだしで冬を過ごしたり、努力をしたようだ。

そんな彼は夢を果たしたものの、残ったのは借金。そのことでは晩年まで苦労したと聞いている。

現在の子ども達には夢がないという。否、俺たちだって大きな夢をもったことが果たしてあっただろうか・・・老いて初めてそのことを知った俺だ。だから、いろんなことに挑戦することで、今の俺を鼓舞しているところだ。今朝の新聞に俺の”声”が掲載された。俺は、今年こそ、5回目の富士登山それを夢見ているのだ。白瀬中尉の夢には程遠い目標であるが、せめて歳への挑戦でもあるのだ。

| |

« 妻への詫びに・・・ | トップページ | 「ラビット・ホール」&「ALWAYS三丁目の夕日」 »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 夢への挑戦・・・白瀬南極探検100年記念に参加して:

« 妻への詫びに・・・ | トップページ | 「ラビット・ホール」&「ALWAYS三丁目の夕日」 »