« ようやくタイヤ交換 | トップページ | 食2題 »

達観した人生「悩むことはない」

俺の趣味のひとつは短歌だ。才能のない作歌ゆえ、いい短歌はなかなか詠めないでいる。従って、歌が出ないと悩むことは贅沢であるが、しかし、俺にだって詠めない苦しみはある。

そんなとき、誰かの「句集」を見ることがる。短歌とは、土俵は違うのであるが、かえってそれがいい効果をもたらしてくれる。

最近読んだ句集は、藤沢周平のものだ。作家になる前に、彼は句に取り付かれた時期があったようだ。

Photo これは句集ではない。ひとつのエッセーだ。

金子兜太、91歳の俳人である。某新聞社の確か、俳句の選者であったと思う。

この本は誠に豪快だ。彼の性格そのままなのであろう。でも、本を見て彼の自由な生き方、人は人、われはわれ、性格というより生き様そのものだ。

それもこれもふるさとの秩父の地が、血が、己を育てたと述懐している。

そして、そのことが彼の俳句に大きく影響してるようだ。

    大頭の黒蟻西行の野糞

    元日や餅で押し出す去年糞

                        男根は落ち鮎のごと垂れにけり

彼は自分自身が俳句だという。そして、生々しく作る。これが彼の作句とか。その生き方は自由奔放そのものだ。ありのままに生きる。自然のままに死ぬ。この達観した生き方にまさしく共鳴した。

           よく眠る夢の枯野が青むまで

|

« ようやくタイヤ交換 | トップページ | 食2題 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 達観した人生「悩むことはない」:

« ようやくタイヤ交換 | トップページ | 食2題 »