« 川をきれいにしよう! | トップページ | ありがとう!アクセスランキング第1位 »

「奇跡」&「小川の辺」

百姓は辛いね・・・って先ずは愚痴。広い田んぼにひとり、午後は奥方からも手伝ってもらう。こうしていると、農家に嫁にやりたいとはやはり正直思わないね。足腰は痛むし、孤独な作業だし、それに難儀したって収入はどんどん減るし・・・馬鹿くさくてと田に田植え後は足を運ばない人も多い・・・それも分かるよ。

でも、俺は意地でも田んぼきれいにしている。あいつは、○○やったら田んぼが草だらけ、なんては言われたくないし、それのせいにはしたくないだ。だから、きょうも泥んこになっての作業、終わったら午後7時半・・・帰宅したら母はごはんを食べていた。

002 久々に映画のことを書こう

ひとつは「奇跡」。是枝裕和監督の作品である。俺、この監督の作品案外好きなんで・・・。内容はこうだ。九州新幹線全線開業の朝、博多から南下する”つばめ”と鹿児島から北上する”さくら”この一番列車がすれ違う瞬間に奇跡が起きて願いがかなう・・・それを耳にした離れて暮らす6年生の兄と、4年生の弟。二人は別居している両親のよりを戻させようと計画を立て、実行に入る・・・・・

子ども達の純真な行動に目頭が熱くなる作品であった。ファンの夏川結衣も出番は少ないが・・・ああ、いい!長澤まさみもちょっぴりだが出てて新鮮な感じであった。

さてもうひとつはおなじみの、鶴岡市の作家・藤沢周平の作品の映画化である。そして、藤沢作品の映画となると、主演は東山紀之だ。

武士ゆえに、藩命により妹の夫を討たなければならない朔之助、その妹を慕う若党・新蔵、過酷な運命に翻弄される3人。結末の朔之助が妹と心臓にかける言葉が泣かせる。おとなしい流れの映画であったが、佳作といえるかも知れない。これを山田洋次監督がメガホンとったらどんな映画になったんだろう、なんて考えた。

| |

« 川をきれいにしよう! | トップページ | ありがとう!アクセスランキング第1位 »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 「奇跡」&「小川の辺」:

« 川をきれいにしよう! | トップページ | ありがとう!アクセスランキング第1位 »