« 村の草刈普請 | トップページ | 夏日 »

「八日目の蝉」

なぜ、誘拐したの?なぜ、私だったの?・・・・・優しかったお母さんは、私を誘拐した人でした。

映画「八日目の蝉」は直木賞作家・角田光代のベストセラーが原作である。この本、もう130万部売れたというからすごい!買ってはあるが俺はまだ読んではいない。

001 蝉は7年土中にいて、地上に出ては7日間で死ぬという。このことがタイトルに繋がっている。7日で死ぬ蝉が8日目を迎えるのだから・・・

この作家は実にタイトルをつけるのがうまい。この八日目も良く効いていると思う。

主演は誘拐された子・恵理菜に井上真央、誘拐した女・希和子に永作博美。

場面は誘拐した女・希和子の裁判から始まる・・・なぜ、恵理菜を誘拐したのか、遠い過去と近い過去が交錯しながら展開してゆく。

002 希和子は男との不倫の果てに子を産めない体になっていた。折りしも男の家庭には子が産まれていた。その子をするつもりはなかったのだが、笑顔に魅せられて誘拐してしまう。

そして、その子をつれて転々と逃避行を続けるのだが・・・小豆島の伝統行事・虫追いに参加していたところを写真に撮られ、全国紙に掲載され、それが引き金になって逮捕される。

このシーンは涙が出る。こうした過去を誘拐されその後成長した恵理菜がたどるのだ・・・

これを監督した成島出氏はいう。「悲劇ですが、希望の光が感じられる作品。人間、それほど捨てたもんじゃないと思ってほしい」と。

彼は昨年「孤高のメス」を発表した。おれはその映画2度観た。この監督に今後、傾倒しそうである。

   写真は映画パンフレットから

| |

« 村の草刈普請 | トップページ | 夏日 »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

沢山読書されているのですね。
素晴らしい。

投稿: ぱんだ | 2011年6月 7日 (火) 21時06分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 「八日目の蝉」:

« 村の草刈普請 | トップページ | 夏日 »