« まちの音楽会~心のうたコンサート | トップページ | かかしも応援、あしたは「トライアスロン」 »

「ビッグツリー」

002 今日も西日本では豪雨の被害をで観る。ここ連日豪雨の報道がされており、これも温暖化現象からくるものなのかと、いたましく思う。被害を受けられた皆様にはこころからお見舞い申し上げたい。

俺らのところでは一時にわか雨、しかしほんの少しでまた日が差した。日中は暑いものの、夜は結構しのぎやすい。そして、夕方から天候がやや変わったような感じさえする。遠方に男鹿半島が見え、夜はごらんの三日月が西空にくきやかに・・・・・

ところで今日は1冊の本を紹介しよう!俺が読んだのは今年はこれでまだ5冊目。年間読書目標の十分の一だ。それは新しい仕事が増えたことも一因あるし、あの時から読書のリズムが狂ってしまった。

001 きょう読み終えたのは「ビッグツリー」という1冊。以前、妻が著者の講演を聞いて求めてきたものだ。たまたま俺と一緒に○○になった彼女の関係者ということを聞いていたので数日前から読み始めていた。

確かにタイトルにもあるように・・・自閉症やうつ病などとの言葉があるので、すごい1冊なんだろうと広げたら、やはり凄い内容だった。長男が先ずは自閉症、従って学校に入るといろんなトラブルを起こす、またいじめにもあう。こうしているうちに今度は妻がうつ病、数度自殺未遂も起こす。

このような家族を抱えながらも、著者は仕事を人一倍こなしながらも、家庭では主婦の仕事、加えて妻の看護。しかしながら著者は泣き言をいわない。常に先をあしたのことを考える。こうした積極性がやがて、家族を救っていく。長男の自閉症は治癒しないが、妻は徐々に明るさを取り戻していく。

本著は家族のドキュメンタリー、ノンフィクションである。「ビッグツリー」とは家族の中での男の役割、それが大きな樹そのものであるということ。

感動の1冊。著者は秋田県生まれ、東レの取締役にもなられた方、俺たち新人○○はこの方が今秋、象潟に来られる予定なので、その後ささやかな集まりを計画している。

|

« まちの音楽会~心のうたコンサート | トップページ | かかしも応援、あしたは「トライアスロン」 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 「ビッグツリー」:

« まちの音楽会~心のうたコンサート | トップページ | かかしも応援、あしたは「トライアスロン」 »