« 「合同整備促進大会」 | トップページ | 初夏の味覚・・さやえんどう »

映画「花のあと」

映画「花のあと」の原作は藤沢周平である。

このタイトル・・・なかなか意味深でもある。映画は当然ながら、花の前を描いている。だから、「花のあと」は観衆自らが思い描くということになる。

たった一度の出会い、そして練習試合での出会いが、恋に走らせた。すでに許婚のいる女性、男にもいる許婚・・・果たして成就があるのか・・・

そして思ったのは男を作るのは顔でもないし、虚栄心でもないという事、如何にして信念を貫くか、映画を観て思ったのはそのことである。

| |

« 「合同整備促進大会」 | トップページ | 初夏の味覚・・さやえんどう »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 映画「花のあと」:

« 「合同整備促進大会」 | トップページ | 初夏の味覚・・さやえんどう »